2011年04月10日

ひとつ

最近、面白いなと思って読んでいるコラムニストの小田嶋隆氏が
「ひとつになろう」キャンペーンの“気持ち悪さ”を語っていた。

日本人共通の目的である
「復興」に対してのアプローチは様々な形態があって良い訳で、
極端な自粛ブームのような形で“ひとつ”になるのは、いかがなものか?
というような内容。

そして、原発推進派のような
特殊な「利権」に群がっていた人達(政官民)は、
反対意見を排斥してでも目的を達成するために
ある意味“ひとつ”になっていたじゃないか
、という言及もあった。


思わず、膝を打った。



東日本大震災から1ヶ月。
フジテレビでは「ひとつになろう、日本」のフレーズを
アナウンサーからサザエさんにまで言わせて、
その浸透を図っている。
日テレは「つながろう、日本」のフレーズを
同じく、朝から晩まで、発言者を変えて発信している。


そんな事は言われなくても解ってるし、
出来ることなら何でも協力したい気持ちは
心ある日本人なら皆抱いている事だろう。


日本中を感動の渦に巻き込んだ
サッカー選手がそれを言うのは言葉以上の説得力があるが、
人がやらないような下品な番組ばかり作ってたTVプロデューサー氏が
しおらしい顔して「買いだめはやめましょう」なんて言ったところで
それすらギャグなんじゃないのかと勘ぐってしまうぐらい説得力がない

彼が一番言うべきセリフは
「買いだめをやめよう」とか「被災者の気持ちになろう」なんて言葉じゃなく
「くだらない番組見てないで、テレビを消そう」
ということなのでは?



ま、それはともかく、
今いちばん“ひとつ”にならなきゃいけないのは
芸能人でも国民でもなく「政府・行政」なのだが

それを当事者たちが一番解ってないのが哀しい。
石原慎太郎が今回の大災厄を「天罰」と言ったが、
それは政治家たちに対してのセリフだったのなら
多少は頷ける部分もあるかも知れない。
(言い回しとタイミングはサイテーだったが)


「ひとつになること」が目的になってはいけない
日本人が「ひとつ」になって、何をやるのか、何を目指すのかが重要
「ひとつ」になることだけを目的に盲進して
破綻してしまった民主党政権のように、
そこに意思が無ければ、その行動も空虚なものになり兼ねないのだ。


そんな中、東京都知事選挙は石原氏が勝利、
大阪では橋下府知事が立ち上げた「大阪維新の会」が躍進している。
これらの現象にも、「ひとつ」になった或る意思が影響しているのだろうが
本当に一般市民の幸せに寄与する結果なのだろうか…。


我々の幸せも、為政者の“こころひとつ”なのだろうか
ほんと“不幸な民主国家”に成り下がったものだ。



あ〜あ、俺も“ひとつ”になりたい。
…もっとも、この場合の“ひとつ”は下ネタなのだが。
俺も余計な文章書いてずに、PCを消すかな。
posted by 天八亭寅次郎 at 23:08| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

めぐたそ!

いやいやいやいや、ようやく年度末!

長かった〜っ!

もう、ブログの更新どころか、twitterまで滞らんばかりの疲弊ぶりで
どえらいことになっておりましたが、ようやく区切りが…ついたかな?

ともあれ、時節としては一区切り。
少しはホッとしておるところです。



そんな中、いつものように自転車を漕ぎながら
毎週楽しみにしている関西テレビ・山本浩之アナのポッドキャスト
ヤマヒロのアナPodcafe」を聴いておりましたところ、
同局一押しの新人アナ(もうすぐしたら次の新人が入るのだけれど)

中島めぐみアナが登場しておりました。

cs2ir60000006utw.jpg


ストライ〜ク!






それを知った瞬間、思わずニヤリ。

と言うのも、だいぶ前になるのですが、
同番組に
「中島アナをゲストに呼んで!」
というメールを出していたのです、わたし。



テレビで観る中島さん、
アナウンサーなのに“エアあやや”までやっちゃう
瞬発力と行動力の持ち主。


ましてルックスが、学生時代の元カノ系!

惚れないはずがない!


1280127593_164.jpg


あれ?
去年はワタシに萌え、って言ってたよね?
(写真は、同局1年先輩の高橋真理恵アナ)






んで番組は、彼女のプロフィールをイジる展開で進みます。
今日初めて気づいたのですが、
声もすっごくカワイイんですなぁ、中島さん。
いや〜よろしいやんかいさぁ。


そうして番組が進むうち、
「リスナーから、こんな投稿が…」
というヤマヒロさんのフリ。


お、お〜っ!

ハンドルネーム 天八亭寅次郎さん…
 あれ、この方、前もくれてはったよね〜?


来た来た来た〜っ! 3回投稿して、3回目の採用!

投稿した内容は、彼女の新人らしからぬ仕事ぶりを
ちょいとプロレス的なイジリ方をしたものだったのですが
ヤマヒロさんをはじめ出演者の方々にイイ感じに膨らましていただき
番組中に何度も
「おいテンパッテー!」「この寅次郎は〜」という感じで
名前まで連呼していただいた次第。
リスナーが2万人居るという番組で、なんと有難い…。

さらに、中島さんからも
寅次郎さんには、好意的に見ていただいてるんですねぇ
とのコメント。

当ったり前じゃないですか〜!

もう年明けからの疲れも吹っ飛ぶカンゲキ♪



今年は、この“めぐたん”推しでいきます。


cs2ir60000006utw.jpg

でもな〜、わしが女子アナ好きになると、
すぐに結婚しちゃうんよなぁ〜。
それだけが心配。





と、まぁ、エエ年ぶっこいたオッサンでも
ラジオで名前呼ばれたり、ネタが採用されたりすると
やっぱりテンションが上がるものです


そりゃそうだよ、ラジオ育ちのラジオ世代だもの。
こういった世界で人を楽しませるもの、やっぱり創りたいよね
思えば、この半年ぐらい、まともなネタも創ってなかったもんね。
仕事でも、クリエイティブやってないわ〜。


季節も春、そろそろ腰を上げなきゃいかんな

“めぐたん”の優しい声に癒されて、やっとそんな気になってきました。
posted by 天八亭寅次郎 at 23:15| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

Love Way

わてら世代で、“ロック”を語る上では欠く事のできない
「尾崎豊」の生涯を語るドラマを、テレビ東京でやっていた
恐らくは、尾崎が着ていたというTシャツの切れ端を
商売の道具として売っているオジさん
が企画したものだろう。

途中から、何となく見ていた。

ドラマ中の“尾崎”は、売れた瞬間、訳も解らず死んでいた。




何なんだ。このドラマは。

確かに、尾崎豊というミュージシャンは、
あの時代の若者たちのハートを鷲掴みにして
その才能を結実させる前に命を落とした“カリスマ”である


でも、彼の才能を“カリスマ”たらしめたのがオトナの所行であれば、
彼に、死に至るほどの苦悩を抱えたのも、
またオトナが彼に与えた“負荷”だった訳である。

それが悪いとは言わない。
いつの時代でも、
“カリスマ”は少なからず同情の枠を超えた不幸を背負っているものだ


しかし、このドラマに出てくる“尾崎豊”は、
彼に関わったオトナたちにとって、余りにも都合が良すぎる。
彼が如何に「行き場を無くした少年たち」の代弁者に位置づけられ
その「十字架」による負荷を不必要に大きくされ、
そして、最後はそれに殉じる道を選ばざるを得なくなったを
まったく描かずして、“カリスマ”が勝手に死んだ様だけを紹介している。


そして、そんな彼の死に様を理解することなく、
オトナたちは、今なお“尾崎豊”でメシを喰っているのだ


そのうち「パチンコ・尾崎豊」が出るぞ!!!!




自分は、それこそ“オトナ”になるまで、尾崎豊の楽曲が好きではなかった。
何故なら、自分は思春期の頃に、年相応の歓びを謳歌していたし
その年頃に感じる不都合にも矛盾を感じていなかったからだ

義務教育のうちは、教科書に書かれたことを知るべきだ。
扶養家族のうちは、これに甘んじていても、損をすることはない。


※この時点で“ロッカー”にはなれないけれど。




ただ、上で述べた世間に対する矛盾は、
思春期の頃より、むしろ社会人になった後の方が重くのしかかってくる。
大学時代の合コンで飲むより、
勤め人となってから、場末の飲み屋で飲むビールに癒しを感じるのは、
世間に対する苦みを除去したい想いが強くなるからだ。

それはさておき、尾崎豊というミュージシャンを「伝説」たらしめたのは
活動初期に制作した楽曲のクオリティはもちろんのこと、
「何故、生命を殉じたのか」という1点が余りにも大きい
「十七歳の地図」や「卒業」、さらに「I Love You」は
彼を語る上では、言葉足らずにも程があるのだ。




上でも述べたように、
同時代を生きた自分は、彼を好きではなかった。

「何をひねくれているんだ」とさえ、思っていた。

そんな彼に対する評価が変わったのは、
彼が覚醒剤所持で逮捕され、
そこから復活した後に出されたシングル「Love Way」を聴いてからだ


歌詞



たぶん、オールナイト・ニッポンか何かで聴いたはず。
「十七歳の地図」も「卒業」も「I love you」も絵空事に聴こえた自分でさえ、
このサウンド、そして歌詞は耳を貫いた。

「これは、メッセージだ」そう思った。

そりゃそうだ。時代を創った“カリスマ”がムショ上がりで創った楽曲なのだ。

こんな歌詞がある。

Loveway 何ひとつ確かなものなどないと叫ぶ
Loveway 足りないものがある それが俺の心



「世代の代弁者」であることを強いられた彼の“叫び”が
この曲に集約されている気がした。

尾崎豊は、ホントにすごいミュージシャンなのかも知れない

そう思い始めた瞬間、彼は時代を飛び越えていってしまった。









今回のドラマを、全て見届けた訳ではないけれども
「尾崎豊」というミュージシャンの生き様はおろか、
その断片さえも描けていなかったと思う。
描いているのは、レコード会社を、そしてプロデューサーを潤すに値した
ひとりの若いミュージシャンの顛末を描いただけに過ぎない。


確かに日本のポップミュージック史を語る上で、
外す事ができないピースではあるけれども、
逆に、彼ほど、その生涯を安いビジネスに転嫁されたミュージシャンもいない。
それを強調づけたドラマだったように思える。




ちなみに、自分が一番好きな尾崎豊の楽曲は、これです。





俺の「Love way」は、まだまだ五里霧中だ〜。
posted by 天八亭寅次郎 at 23:45| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。