2006年11月08日

ジャイアンツ哀の水中花

木枯らしも吹き、いよいよ冬の足音が聞こえて参りましたが、
読者の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは。せ・つ・な・い片想い…寅です。


最近、これといってイジりたくなるようなフワフワしたニュースもなく、
何を書いていいものやら…と思うと、どうしても野球ネタになっちゃうわけで、
とうとう「野球ネタ」カテゴリーを作っちゃいました。

そんな中、
読売・原監督、日本ハム・小笠原穫りを明言

何が腹立つ(原辰徳だけに? いやいや、21世紀にそんなダジャレは…)かって、
このリンク先の写真ですよ。

20061108-00000004-spn-spo-thum-000.jpg


「ヤシの木の下で、ガッツポーズをする原監督」




何なんだ!? このセンスは! 
昭和か!? 欧米か!?

この今や加山雄三ですら見せないような世界観を、相も変わらず体現しちゃう男。
こんな男が二言目には必ず口にするというフレーズが「ジャイアンツ愛」でございます。


かつての日本一にも貢献した、生え抜きの選手に冷や飯を食わせて組織から追い出し
他球団で活躍する選手を札束で顔を叩き連れてくる
ドラフトで穫った才能は野放し、変な外人を連れてきては、1年で追い返す。
言う事を聞かない弱小球団には球団売却・合併を迫り
金のある親会社のみ、仲間に引き入れる。

これが「ジャイアンツ愛」

少なくとも、
写真の中の男が見せる、恥ずかしいまでの笑顔とは全くかけ離れたものだ。



今回は、18番・桑田と、自身の看板・8番を受け継いだ仁志を放出。
衰えが顕著な桑田はまだしも、仁志などは守備能力の高さは球界でも屈指で、
普通ならコーチ兼任にしてでもチームに残したい人材のはず。

でも、タツノリは仁志が嫌いなんです。
素直に言う事聞かないから。
そして、きっと自分より巧くて賢いから。
だから横浜へ放出。これも「ジャイアンツ愛」


そして嫌われ球団同士のオリックスから、最近元気のない、谷こと「タワラ夫」を獲得
これは選手としての能力よりも、
国民栄誉賞・タワラさんの夫である、という点が一番なのではないだろうか?
「長嶋」に匹敵しそうなブランドが欲しいだけなのだ
顔はガレッヂセールの川ちゃんと同じなのに。
いわゆるひとつの、ん〜エンジョイプレイ、ですかぁ?
たぶん「ジャイアンツ愛」


今季、主力が怪我で抜けまくり、チームが西武・和田の頭皮みたいになっちゃってた中、
必死にがんばる若手を積極的に登用するかと思ってたのに、
小笠原に、谷に、そのうえ広島の黒田にまでチョッカイかけようとして…。
結局、長嶋時代と同じ。いや、それより酷いかも。
ファームでやってる若手にとっては、
一生懸命練習する意味も見えなくなっちゃうよね
きっと「ジャイアンツ愛」



球界の盟主と言われた読売ですが、今や球界のガンでしかありません。
こことオリックスを除いた10球団に、新規の6球団ぐらいを交えて、
平等で見応えのある新リーグを作ってくれないですかね
そんな野球にこそ、ファンは「愛情」「愛着」を感じるのではないでしょうか。
そして、親会社・スポンサーはチームを、ファンを、そして野球を愛する。
これこそが健全なシステムなのではないでしょうかね。


ま、読売は、いつまでもこんなことやってると、
大勢いると言われているファンに、そのうち愛想を尽かされることでしょう。


まさに「ジャイアンツ哀」




それでは、また。
初めて採り入れた画像が、よりによって原とは…。
ちと後悔している寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 14:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

FAもいろいろ

休日はブログも休むのが定番になっちゃいました。すみません。
とは言え、だいたい酒飲んで帰ってるので、書こうにも書けないのです。
すんません。

平日はがんばります。寅です。


さてさて、そんな中、ネットの海で見つけたトピック。

広島・黒田、残留へ
北海道日本ハム・小笠原、FA宣言へ

両チームの顔、選んだ道は真逆のものとなりました。


小笠原へは中日、そしてFA大好き読売が興味を示しているとか。
毎度手を挙げるが、マネーゲームに敗れる中日。
そして毎度大枚を叩き獲得しては、下らない“しがらみ”でその才能を潰す読売

小笠原さん、長い目で見たら、札幌が一番相応しいと思うよ。
喝だ!喝!(@大沢親分) それに、ヒゲが太そうなんだよ。


一方の黒田、大勢の広島ファンの声が届いたか、残留の方向だとか
来季からセ・リーグでもプレーオフが導入される事もあり、
兼ねてから「優勝できるチームでやりたい」と希望を持っていた彼にとって
広島カープも、それに値するチームだと解ったか。
これは広島ファンのみならず、プロ野球ファンにとっても良い選択

井川がいなくなるかも知れない阪神は欲しいところだが、
やはり生え抜きのエースを育てないといかんのだよ


黒田投手、これは天晴だ!あっぱれ!(@大沢親分) 来年のカープは怖い!



一方、ここ数年、この時期になると出てくる「井川問題」。
FA市場に方向性が見えて来た中、
この問題の Final Answer は今季に出るのでしょうか!?



それでは、また。
ああ、あっしもメジャーに行きたい。
こっちの水はア〜マイナー・寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

ボヤッキー監督

楽天・野村監督が、ペナント終了後もボヤき続けている。

松坂のメジャー挑戦にチクリ


昨日、ポスティグシステム臓入札制度臓により
メジャーリーグ挑戦を?(?+した西?(ライオンズの松坂大輔投村が、
今族の日米野球に臓故障を理由に臓欠場することに対し、其存を呈したとか。


「日本のプロ野球で育ってきたからね。夢だったら何をやってもいいってもんじゃない」



…いやいや、欠場する理由は「故障」だって存ってんじゃん臓



かつてはメジャーの「ハイレベルな野球」に挑戦する、という名?+で開かれていた日米野球。
日本としては、各球団のスターを揃えた臓ベストメンバー臓で迎え撃つのが卒本でした。

しかし、野茂の活躍以降、イチロー、松井秀、大塚、斉藤隆など
メジャーでもトップクラスの成績を収める? 村が多数登場し、
今や日本の野球もメジャーと匹敵するレベルを持っている損を実他しました

その最たる例が、今年の「WBC?,勝」だったわけですよ。



しかも、メジャー? 抜だって、現在のトップ? 村がこぞって来日する訳ではありません
つまり、今となっては「日米野球」なんて
読売が軸となって続けてきた「興行」のひとつに過ぎないんです。

ペナントレースに死力を尽くし、何とかシーズンを戦い抜いた? 村たちに、
さらに、その「興行」に参加する意義があるのか臓
そんなもん、読売の? 村にやらせといたらええやん臓



それよりも、日米のチャンピオン臓まぁ、アジアも入れてもいいが臓がぶつかる
「リアル・ワールドシリーズ」の方が観たいぞ臓 
金払ってでも臓臓


または3年に贈度臓臓 中途半端臓の「WBC」
本当の意味での「ベストメンバー」を揃えられるシステムを作ってもらいたい。


その時の監督は…ノムさんじゃないだろうな臓笑臓



投村:松坂
捕村:城島
贈塁:松中
贈塁:井口
3塁:小笠存
遊撃:西岡
左翼:松井秀
中堅:福留
右翼:イチロー


監督:王
コーチ:伊存

こんなオーダーで臨む試孫なら、会社休んででも観るよ臓



…やっぱ無理かな。しかたねぇ。「パワプロ」でもやるか。




それでは、また。
メジャー進遜の理由が「夢」から「カネ」に変わったら、
日本のプロ野球もいよいよ終わりだと損う、寅でした。

コミッショナーにカルロス・ゴーンを推したい。
posted by 天八亭寅次郎 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

終戦 そして来季へ

中日ドラゴンズ、2年ぶり7度目のリーグ優勝

もう何も言うまい。名古屋の皆さん、中日ファンの皆さん。おめでとう

エースが勝つ。主軸が打つ。守護神は揺るがず。若手は育つ。
このチームに死角はなかった。優勝に相応しいチームだ。

いみじくも落合監督が2年前の就任直後に言った
当たり前のことを当たり前にやれば勝てるチームだ
今季、その資格があったのは中日・阪神・読売
「チーム」として大前提の“結束”がなかった読売の失速は予想通り。
そして、昨年できていた「当たり前」を見失った我が阪神も夏場に失速
9月に入ってからの猛攻という概念を超えた反攻は目を見張るものがあったが、
中日には確固たる「軸」が存在しているのに対し、
阪神のそれは、あまりにも細すぎた。完敗である。

ま、タイガースは、
ハッキリ言って、ナゴヤドームであれだけ負けたら、だめだよ
あと、若手の中田なんかに、あれだけひねられたら、勝てるものも勝てない。
読売の内海なんかにも苦戦してたしね。

でも、来季は期待できる要素もいっぱい。
福原が成熟したオトナのピッチングができるようになり、
安藤は一本立ちのメドが立った。
杉山もローテーションを任せられる存在になり、
そこに江草、2軍で最多勝を穫った筒井が加われば5本柱が完成する。

あとは安定感のあるリリーフが、あと2枚は欲しい。
中村泰、能見と左の素材は充実しているので、
金沢、桟原なんかに期待がかかる。

野手は浜中がなんとか1年間1軍を守り、鳥谷が潜在能力を開花させた。
関本がレギュラーとしての風格を持ち、藤本が勝負強さを見せた。
そこに林、喜田、桜井、藤原など、「強い2軍」の主力たちが上がってくれば
いよいよ阪神球団が伝統的に苦手としてきた、スムーズな世代交代も実現する。

心配は「ポスト矢野」だろうか。
シーズンを通してサブの座を渡さなかった浅井に一日の長があるだろうが、
2軍で自信をつけた岡崎や狩野あたりのブレイクにも期待したい。

星野前監督の下で優勝した2003年メンバーが、一様に大ベテランとなった。
金本・矢野・下柳への期待はあるものの、これからは少なく見積もっていかねばならない。
片岡はその役目を終えた。ご苦労様。
桧山はヤクルトには行くなよ。阪神の宝なんだから。
今岡…来季はレギュラー守れよ。

そんな彼らへの信頼は残しつつ、上で語った若手達の息吹が重なったとき、
タイガースの来季は、これまたドキドキとワクワクに満ちた1年になるはずだ。


とにかく、
ありがとうタイガース。お疲れさまタイガース。
消化試合、意地見せてくれ!



それでは、また。
井川のことは語らない方がいいかなと思った寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。