2009年09月24日

悔しいけれど

個人的には、いちばんしたくない話。

読売、セリーグ優勝



以下、サンスポより。


(セ・リーグ、巨人5-3中日、21回戦、巨人15勝6敗、23日、東京ドーム)
おめでとう。そして、ありがとう−。
2009年9月23日、巨人・原辰徳監督(51)が
本拠地・東京ドームの宙に8度、舞った。
優勝マジックを『1』としていた巨人が中日に5−3で勝利。
2位に11ゲーム差をつける独走で、
3年連続33度目のセ・リーグ優勝(1リーグ時代に9度)を決めた。
セ・リーグ3連覇は川上巨人のV9(65−73年)以来、36年ぶりの偉業。
巨人は2年連続の日本シリーズ出場をかけ、
10月21日からのクライマックスシリーズ第2ステージに挑む。




アンチ読売の目から見ても、今年の優勝は文句ないですわ
生え抜きの若手がどんどん育ちチームの世代交代が着々と進んでるし、
組織としての枠組みもきっちりとできている。
どこぞのタイガースにも見習わせたいよ、まったく。


しかしさぁ、何で読売ファンの人は
すぐ「このままV10だ!」みたいなこと言うかな

それが実現したとしたら、たぶんプロ野球は終わっちゃうよ。
12球団が切磋琢磨してるからこそ、面白いんだ。

球界全体を見渡したら、やはり横浜や広島が強くないとつまんないし
(両方とも、タイガースにだけは強いよね)
四国や南九州にもチームが欲しい。

WBCで連覇したように、
世界でもトップクラスにある「日本の野球」
もっと強くする、もっと魅力的にするためにはどうしたらいいか?
とか考えないのかなぁ〜
パリーグファンの人のサイトとか見ると、絶対そういうこと考えてはるけど。
S◯APの中◯くんなんか、そんな発想ないんだろうね。


五輪から排除されたり、
少なからず「野球」というマイナー競技(世界から見て)は
存亡の危機に瀕する可能性が高いのですから。



「巨」だけが儲かるシステムは「虚」でっせ



とにかく、寅は「野球ファン」としてプロ野球を観ていきます
そして応援していきます。
依然、球界再編を企む読売とオリックス以外を


できればな〜15球団ぐらいあって、3リーグとかできたら
ポストシーズンも盛り上がるのになぁ〜。
それかMLBのチャンピオンとの「リアルワールドシリーズ」とか見たい。
そうすれば、多少MLBへの選手流出も止められるかも…。

なんて妄想は止まらない寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 13:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

ゼロゼロからのスタート

本日が、一応“会社員”最終日でございます。
日韓W杯に沸いた2002年に、
それまでのフリーの雑誌ライター生活と決別し、
広告屋としての第一歩を踏み出した寅ですが、
そこから幾つ会社を替わったことか…
確実に、お付き合いした女性の数よりは多いのです。

先輩や同僚に恵まれた会社、徹底的に干された会社、
改めて基礎を叩き込まれた会社…色々ありましたが、
最後(たぶん)に属した今の会社は

「会社になんか頼ってたらアカン」

という気持ちにさせていただきました。
その他は、たぶん何も得てません。

ともあれ、明日から新たな第一歩。
今夜は“みそレボ”の打合せがあるので弾けられないのですが、
心機一転、がんばります。



そんな今日の「お疲れさま」なトピック。



タイガース・田中秀太、引退



02346920.jpg



背番号「00」です。
亀山以来、小兵の番号。






以下、デイリースポーツより。


阪神・秀太内野手(32)が今季限りで現役を引退することが
14日、明らかになった。引退試合は、
23日に甲子園球場で行われる
ウェスタン最終戦(ソフトバンク戦・12時開始)になることも決定。
暗黒時代から黄金時代にわたり、阪神を支えたスーパーサブが、
15年間の選手生活に別れを告げる




熊本出身の秀太は新庄に可愛がられてたよね。
あの暗黒期、割と華々しくデビューを飾った秀太の存在は、
ある種「微かな希望」でした
守備と走塁に長けた秀太のプレイは、野村監督にも重宝されたし
近年もムードメーカーとして欠かせない選手でしたよ


ってか、まだ32歳!
タイガースで終わりたい気持ちもあるだろうけど、
もしかしたら内野手に不安を抱えるチームなら機能するかも。
ここ数年の秀太のネックは「出番がない」だったのだから、
それがあるチームなら…どうだろう…

どのチームも、意外と二遊間って埋まってるよなぁ
やっぱり打撃か…。


二軍戦とはいえ、引退試合も行われるのだとか。
これまで積み重ねてきた“シュータイセイ”を見せてやれ!


もしかしたら、長年の功労者だけに、
コーチとかの道もあるかも知れませんな。

ともかく第二の人生、頑張りましょう!

お疲れさまでした。






それでは、また。
この1年、
「野球選手なのに、ゴールキーパーをやらされてる」ような気分でした。
これからは、「野球」をやります。
寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 14:48| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

巨星と新星

イチロー、MLB新記録の9年連続200安打達成!



mla0909141006011-n1.jpg



左に転がしゃ、ほぼヒットってのがスゴい。
「ナムコスターズ」の“ぴの”みたいだ。







以下、サンスポより。

ダブルヘッダー第1試合で1安打し、
米大リーグ史上初の9年連続200安打まであと1本としていた
マリナーズのイチロー外野手(35)は13日(日本時間14日)、
敵地アーリントンでのレンジャーズとのダブルヘッダー第2試合に
「1番・右翼」で先発出場し、第2打席で遊撃内野安打を放ち、
米大リーグ史上初の9年連続200安打の大記録を達成した



もう賛辞の言葉が見当たりません

すごすぎる、イチロー。おめでとう!



今年はWBC後遺症と思われる胃潰瘍による
初めての故障者リスト入りという戦線離脱からのスタート
しかし、すぐ復活したかと思うと、
結局“いつも通り”の大爆発で、
今年もだいぶ試合数を残した段階での200安打達成

「打撃の神様」という称号が、MLBでも与えられるでしょうな


きっとMLB最多安打とかの記録も見えてくるでしょう。
まだまだ衰える気配が見えないイチロー選手ですから、
そんな夢も平気で見てしまいます。

ただ…ワールドシリーズでイチローを観たいなぁ…。




一方、日本のプロ野球に目を向けると…


来ました! タイガース!
ここに来ての3位浮上!

CS出場が見えてきた!

燕がここまで失速するとは…。


そんな昨日、また新たなスター誕生の予感。

タイガース・野原、初スタメンで2安打


02343303.jpg


とぉ〜〜〜っ!
あだ名は“アンパンマン”だってよ。






以下、デイリースポーツより。

響きにも似た歓声で背中を押す聖地。
指揮官の起用に初回、さっそく応えてみせた
2-0から2球ボールを選び、2-2からの5球目。
外角低めの直球をセンターにはじき返した。
中堅金城がボールをこぼす間に、
50メートル5秒台の俊足で二塁へ。
ヘッドスライディングでベースに滑り込む二塁打で、
絶好の得点機をつくった。




赤星の負傷により、なんとスタメン抜擢
その初打席で強烈な打球を放った上、
外野手の隙をついて2塁を陥れる俊足も。

運も持ってるし、身体能力も高い!


思わず、SHINJOを思い出してしまいました



新庄だって、あの'92年、
オマリーの負傷で空いたサードに入り、
その年の初打席でいきなりホームラン。
そのままレギュラーを掴んだ訳ですから。


この野原選手、“持って”ますよ。
打席に入った時のシルエットもいい。
足も速い。
まだ守備はよく解らんけど…。

怪我の多い赤星の座を脅かすには充分な存在。
桜井も帰ってきた、林もいる、葛城もいる、桧山もまだいける…
この熾烈な外野争いを制するのは、意外な新星かも知れませんな

タイガースの順位ともども、こちらも気になるところ
チームはCS(クライマックス・シリーズ)への戦いですが、
野原選手は今、

C チャンス、S そこまで来てる!

ってな感じでしょうか。


とにかく、頑張れ! 野原!




それでは、また。
他人の心配してる場合じゃない、
代打でも、守備固めでも、
何でもするので“試合”に出たい寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:48| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

すぐに監督を変えたがるのは暗黒期の証

プロ野球もクライマックスシリーズ(CS)導入のおかげか
この時期はいろんな楽しみ方が出来る訳で。
タイガースファンとしては、3位スワローズを追い越せるか?
そこが焦点でありまして、ぜひとも頑張ってもらいたい。

一方のパ・リーグも、ノムさん率いるイーグルスが3位と健闘
このままいけば球団創設以来初のCS進出か!?と。
いかんせん、その座を争うのが去年の覇者・ライオンズ。
まだまだ意地見せるよ〜。頑張って、どちらも。



そんな中、もう来季が気になる球団のトピック。

オリックス、来季監督候補に岡田氏浮上


02321284.jpg



実は、隠れオリックスOB






以下、デイリースポーツより。


オリックスの来季監督候補として、
前阪神監督でデイリースポーツ客員評論家の
岡田彰布氏(51)の名前が浮上していることが、
7日明らかになった。
昨季途中から指揮を執り、
球団初のCS進出に導いた大石大二郎監督(50)だが、
今季は最下位に低迷し、続投は微妙な状況
そのため球団では、
05年に阪神をセ・リーグ優勝に導いた手腕を買って、
岡田氏をリストアップした。

(中略)

また、選手時代には
引退直前の93年オフにオリックスへ移籍
2年間在籍したOBであり、
引退後にはオリックスの2軍助監督兼打撃コーチとして、
指導者としての第一歩も踏み出した。
地元・大阪出身ということもあり、人気面でも期待ができ、
次期監督にはまさにうってつけの存在だ。




タイガースの言わば“黄金期”を築けたのは、
その前の段階から二軍監督やヘッドコーチなどを歴任し、
盤石の準備を整えてからの監督就任だったから
という点も忘れてはいけません。


ここの親会社は、すぐ
「大阪出身だから」「人気が期待できるから」とかいった
底の浅い発想で、人を連れてきたり、切ったりするでしょう

今季の低迷は、引用先の記事にもあるように
助っ人3人衆の怪我が重なったから。
言い換えれば、
助っ人頼みの大味な野球から脱却できなかったからでしょう

先日、京セラドームにvsロッテ戦を観に行ったのですが、
大引なんか、もう一皮剥ければ
いろんな意味でチームの牽引車になれるだろうし、
WBCにも行ってきた小松とか、金子とか若手投手も台頭してる。
(今季は調子悪かったみたいだけど)

何で、そこをもっと大きく育てようとしないのだろう

ま、岡田さんの野球はディフェンス重視のものだから、
監督就任が実現すれば、必然的にそこに目が向くだろうけど、
現監督の大石大二郎さんにだって、出来なくはなかろうに
元々、名内野手で盗塁の名手だったんだから
いわゆる“スモールベースボール”だって理解してるはず。

それに、

大ちゃん、一応生え抜きOBですよ!

そこを大切にしないと、ほんとに球界で孤立しちゃうよ。
ただでさえ、阪急OBにも、近鉄OBにも相手されないんだから。


監督の名前よりも、

そういった部分が“だいじろう”?







…それでは、また。
ブラゼル離脱が心配。
早く帰ってナイターが観たい寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:42| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

ドラ1、また一人去る

阪神・今岡、今季限りで引退へ



bb-090901-2-ns.jpg


真弓「俺の“7”返せよ」
今岡「…いや、あと少しだけ…」







以下、日刊スポーツより。

首位打者、打点王を各1度獲得した
阪神の今岡誠内野手(34)が今季限りで引退することが
8月31日、分かった。
真弓新体制の下で打撃復活を目指したが、
23試合出場で打率1割3分3厘と低迷から抜け出せなかった
6月4日に2軍に降格し、
その後は若手育成の方針のもと、実戦機会の場さえ失っていた。
03年に首位打者05年に打点王に輝き、
2度のリーグ優勝の功労者が、プロ生活13年でタテジマに別れを告げる




優勝の年“しか”活躍していない、という見方も出来るのですが、
その活躍具合が半端ではなく(03年の打率:.340 05年の打点:147)、
同様の活躍をしてくれれば優勝は確実…と、つい夢を見てしまいます。

野村監督に干されまくり、星野監督によって再生された男
意気に感じれば活躍するってことだったのか…
近年はライバルも多かったしねぇ。

ともあれ、バットを置いた後は、しばらくタレントでもされるのでしょう。
それとも、やり手の奥さんの事業を手伝うのでしょうか
コーチ就任は…ちょっと無いかな
だって、不振を克服できなかったし、
その、ある種“天才的”なバッティングは、なかなか真似できないでしょうし



いみじくも、PL学園の後輩・桜井が台頭してきた今年
引き際としては良いタイミングかも知れませんな
まずは芦屋の豪邸で、じっくり身体を休めてもらいたいものです。



お疲れさん! 今岡選手!




それでは、また。
なんかねぇ、同い年の選手なのに、
こう…シンパシィを感じないというか…不思議な人でした。

俺はFA宣言だぜ、寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 18:19| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

投げな、アカン!

のりピーではありませんが、
寅もいろいろ疲れが溜まってしまったようで、
今朝などは腰痛で動けず
今日は会社も休んで臥せております
疲れがピークに来ると、腰にきます。
ここ何年か、無事にやり過ごしてたんですがねぇ…。

不条理な日常との戦いに、かなり疲労が溜まってたようです。
酒に頼りすぎてたのかも知れません、発散した“つもり”だったのかも。
とにかく、寅も腹を括る時がきたようです。
秋から、頑張ります。今はプランニングの時期。



そんな中、新たに旅立つ人のトピック。

元メジャーリーガー・伊良部氏、四国・九州ILヘ




bsr0908101219000-n1.jpg



だいぶ、お痩せのようで…
それは、トレーニングのお陰ですよね?







以下、サンスポより。

プロ野球独立リーグ、
四国・九州アイランドリーグの高知に入団が決まった
伊良部秀輝投手(40)が10日、
高知市東部総合運動場野球場で入団会見を行い
やるからには日本のトップリーグ
(日本プロ野球組織=NPB)を目指してやりたい

と抱負を語った。23日の愛媛戦で初登板する予定。
 日本球界を代表した選手が
日本の独立リーグでプレーするのは初めて




伊良部さんも、いろいろありましたなぁ…
メジャーに渡った際には、
すっかりダーティなイメージが付いちゃいましたが、
その後、阪神で日本球界に復帰した際は、
全盛期の剛球押しではなく、配球で打者を翻弄する技巧派として
タイガースファンにも支持される活躍を見せました


引退後も…まぁ、いろいろありました。


しかし、再起を誓って、新たな一歩を踏み出そうとする人に、
寅はイヤゴトを言いません。
野球に対しては、ずっと真摯に取り組んで来た伊良部選手です。
きっと、何かしら成果を見せてくれるでしょう


がんばれ! 伊良部選手!

うどん屋失敗の借りは、ここで晴らせ!!





それでは、また。
寅もうどんのようなコシが欲しい…
ラベル:伊良部秀輝
posted by 天八亭寅次郎 at 14:58| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

♪伊東でいくなら 妥当や

どれだけ優れた人材が揃っていても、
リーダーが無能では組織は機能しないし、
逆にリーダーがどれだけ有能でも、
それを実行できる人材がいなくては…。
もっとも、リーダーも部下も無能では、救いようがないですが…


そんな中、リーダーになりたい方のトピック。


伊東前西武監督、タイガースへ売り込み!?



02149128.jpg



やとってね。おねがい揺れるハート






以下、デイリースポーツより。


WBC世界一の原ジャパン総合コーチで
前西武監督の伊東勤氏(46)サイドから、
阪神球団に対してコーチ入閣の売り込みがあったことが
21日、分かった。
同氏に近い関係者が阪神電鉄本社幹部と接触した。
5位と低迷の続く真弓阪神だが、
後半戦も現体制で臨むことは既に決定済み。
伊東氏側の動きは、来季の入閣を見据えたものだ。

(中略)

現役時代は捕手として活躍
ベストナイン10回、ゴールデングラブ賞11回の実績も輝かしいが、
何より西武の13度のリーグ優勝、7度の日本一を支えた
黄金時代の立役者といっても過言ではない存在だ

卓越した野球理論と経験に基づいたリードは名捕手とうたわれた。
指導者として捕手として、
過去の実績が示すのは“勝ち方を知っている”人物だ





ってか、西武球団も放ってはおかないような…
今はナベQさんが検討してるのでアレですけど…派閥が違うのか。


ノムさんの“遺産”と、星野さんの“腹芸”と、岡田さんの“愚直”
昨シーズン途中までの黄金時代を築いたタイガースですが、

ベテラン頼みの代わり映えしないオーダー
一向に解消されない決定力不足
若手の台頭の無さ
絶対的エース(先発)の育成不足

が、ココ数年ずっと続いております。

ほんと
なんとかならんのかね!?



現状の真弓監督、就任1年目でガミガミ言うのは気が引けますが、
不可解な継投や選手起用が多いのも事実
他のコーチは何も言わんのか?と疑問も覚えます。

それならば、
知識も経験も実績も充分な伊東さんのような参謀がいれば
山積する問題も、多少は片付くかも知れない。
特に若手の育成なんかは、
今のライオンズを支える中島や細川、涌井なんかを育てたことでも
その力量は推して知るべし。


これは、来てもらいましょうよ!


ただ、伊東さん。
また次に西武監督の座が空くまでの“つなぎ”じゃないでしょね?

とりあえず、現場に戻れて“シシシシ”なんてこと言わない?
ライオンズ(獅子)だけに。


うわ! ボケの説明入れちゃった。がっくし。




それでは、また。
最近は他人のミスを詫びる仕事ばかり。
コピー書きたいよぅ。寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 18:09| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

シンジることが、大切

昨夜は、会社帰りに、
疲れた身体を引きずりつつ梅田の映画館へ
そう!観に行ってきましたよ!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

でございます。

まぁ、前作もすごかったものですから、
今回も…と期待を込めて行ってみたところ…


すごすぎる!


語りたいのは山々なのですが、
いかんせん物語の核心に触れるところばかりなので、
書いちゃうとネタバレになっちゃう。


鑑賞中の寅のココロの叫びを幾つか列記しますと…

CG、リアルすぎる! 怖っ!

ええ〜っ、何でこの人に“死亡フラグ”が!?

綾波、こんなカワイイ少女やっけ!?

…って、オマエ誰だよ!?


などなど。
その具体的なシーンは、劇場でお確かめください





そんな中、真意を確かめたくなるトピック。


プロ野球・オールスター戦、阪神から選出なし




以下、サンスポより。


屈辱の現実が突きつけられた。
暗黒時代の2001年以来、8年ぶりにファン投票選出「0」
金本が選手間投票で選ばれたが、
日本一の観客動員数を誇る人気球団としては異例の事態だ。
虎党がそっぽを向いた理由。
それは、低迷するチームへの無言のゲキに他ならない




低迷したら、そっぽ?
…それは、真のタイガースファンの態度ではないな


2001年頃、つまりはノムさんが監督をやってた頃。
当時はリードオフマンの和田選手ぐらいしか“スター”がいなかった
今とは状況が違う。
何故、金本や赤星に対する票が伸びないのか、理解に苦しむ

真弓監督のもと、苦戦が続くタイガース。
関西マスコミは早くも監督の無策ぶりや采配ミスを追求し、
「監督解任か!?」みたいなメッセージを臭わせ始めた
確かに、首を傾げたくなる采配はあるし、
選手起用もしっくりしないのも事実だが…。


でも、よく考えてほしい。
前監督が5年に渡り同じ選手たちを起用し続け、
世代交代をほぼ行わなかった
が故に、
主力の怪我が相次いだ今年は、
去年でいえば1軍半のメンツでの戦いを強いられている状況
必ずしも、監督の力量だけで低迷している訳ではないのだ


そこを解らずして
「もう今年はダメだ」
監督、替えてしまえ
今岡は来年から嫁のネイルサロンを手伝え
秀太、来年どうするの?
などと心ないことを言っている奴は、
もうプロ野球を観るな、と言いたいね。

それこそ8年前ぐらいは、5位でも嬉しかったのだ

ファンはやはり選手を、監督を信じて付いていくもの

そんな“ハンシン半疑”では、いけません。



…。




それでは、また。
エヴァの次回作、今度は何年後だろう…。
今回でさえ2年ぶり? あ〜あ、また待たされるのか…。

待ちぼうけ人生34年、寅でした。


posted by 天八亭寅次郎 at 15:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

太陽の苦節

一生懸命頑張ってるのに、なかなか日の目を見ず
環境の変化がきっかけで大ブレイクする、なんてことありますが…


そんなトピック


西武・赤田、阪神・藤田、トレード合意




以下、スポニチより。


西武の赤田将吾外野手(28)と阪神の藤田太陽投手(29)の
交換トレードが両球団の間で合意に達したことが16日、明らかになった。
早ければ、17日にも発表される。

(中略)

阪神も今季は赤星が不振
金本、桧山ら外野陣の高齢化も進んでおり、
走攻守3拍子そろった外野手は補強ポイントでもあった。
阪神側は藤田に金銭をプラスするか、
もう1人交換要員を増やす可能性もある。





いいんですか? ライオンズさん!?

走攻守3拍子揃い、前回のライオンズ優勝に大きく貢献した選手。
赤田ほどの選手がベンチを温めてるだなんて、
どんだけ潤沢なんだ、選手層!

一方の藤田太陽投手。
逆指名(自由枠だったかな)で入団した時は
読売からのオファーを蹴ってきたアツい男。

ただ、その後ケガに泣かされたり
体調がいい時は出番に恵まれなかったり…
要は、浮上のきっかけが見いだせないまま今に至った訳だ


案外、パリーグの野球の中では、持ち味が発揮できるかも知れない
まして中継ぎであれば、その球速は武器になるし…
あとはメンタルかなぁ…。


何にせよ、新天地での活躍、期待してます。

がんばれ、藤田太陽!




しかし、タイガース。

若い外野手、おらんのか?

金本、赤星、檜山、葛城あたりは、すっかりベテランやし、
若手と言われる林、桜井なんかでも主軸になってなアカン年齢、
そろそろ柴田とか、高橋とか、高濱とか出てきてもいいんだよ!


パンチ力もあってスイッチヒッター、守備力も高い赤田のプレイを見て
若い選手のレベルが底上げされることを期待しております。

がんばれ、赤田将吾!

そして若手!




それでは、また。

あ〜あ、ブレイクしたいよう

ここまで、オチを用意できなかった寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ほかに、いナカッタ?

大阪・吹田に新球団誕生


bsr0906081716001-n1.jpg


やったぁ〜!
就任しちゃったぁ〜♪






以下、サンスポより。

野球の関西独立リーグへの参加も視野に入れた
新球団「大阪エキスポセブンティーズが8日、
大阪府吹田市内で球団設立の発表記者会見を行った。
監督にはプロ野球阪神、ロッテでプレーした
仲田幸司氏が就任予定で、
今秋にも入団テストを実施するという。




エキスポランドの閉鎖以降、
あんまり楽しい話題がなかったmy hometown吹田ですが、
これはちょっと期待ですねぇ〜。
グラウンドはあるし、交通の便もいいし、
吹田の経済も活性化するような
巧いアイデアを結集してもらいたいものです



ところで、監督ですが…
最近では関西ローカルのビミョーなタレントとして活躍中
マイク仲田氏なのですが…

う〜む。


…指導、できるのかなぁ?



あの、寅の中では“伝説”の、
'92年の大躍進は、まさに仲田が牽引していたようなものですが…
…あの年だけなんだもん、まともに働いてたの…。


ま、広報マンとしては、ちょうどいいのかも知れないが
あのゴールデン・ゴールズの欽ちゃんみたいにさ

これがホントの“マイク・パフォーマンス”みたいな?



……。



それでは、また。
正式に関西リーグに加盟したら、
あの、えりちゃんのチームとも対戦するんだろうな
楽しみだ。
…あ、でもそれって、監督が「中田ー仲田」対決になっちゃう

できれば、投手コーチは田村勤氏にお願いしたい寅でした


posted by 天八亭寅次郎 at 18:53| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

おだいじに。

昨日からプロ野球も開幕。
我がタイガースも開幕戦勝利を飾りましたね
それもエースと4番が活躍し、守護神で締めるという理想的な展開
この調子でいってもらいたい。
けが人ばかりの状況だけど、逆に言えば新旧交代のチャンスなのだ


そんな中、心配なトピック。

イチロー、胃潰瘍で故障者リスト入り



以下、サンスポより。

米大リーグ・マリナーズは3日、
イチロー外野手を15日間の故障者リストに入れたと発表した。
開幕からの出場が不可能になった。
 
球団ホームページによると、
イチロー外野手は胃潰瘍と診断された
出血は止まったが、大事をとって休養させる。




WBCでのプレッシャーは、やはり尋常なものではなかった。
あれだけ数々の偉業を成し遂げてきた
イチローでさえ、かなり追い込まれていたんだねと
改めて実感…。

だって、“胃にくる”って、ストレスの典型ですやん


…でも、イチローもやっぱり人間だったんだねと、
ちょっとホッとしたような気も



開幕からの出場は無理となりましたが、
まずは病気を治して、万全の状態で復帰してもらいたい。
そして、今季の目標は「通算最多安打日本記録更新」!

それを果たした日にゃ、
改めて「天晴!」と声を大にして言わせていただきます

たとえ、現・記録保持者がゴチャゴチャと言っててもね





それでは、また。
中途半端な天気に、喝!
これから、サッカー観戦の予定、寅でした。
ラベル:イチロー
posted by 天八亭寅次郎 at 08:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

野球の神、降臨。

日本代表、WBC2連覇


f-bb-090324-3301-ns.jpg




真・打撃の神様。








以下、日刊スポーツより。


決勝タイムリーを放ったイチロー外野手(35=マリナーズ)の試合後のコメント。

「やあ、もう苦しいところから始まって、
 苦しいがつらいになって、心が痛んで、最終的に笑顔になった。
 日本のファンの人たちに笑顔が届けられて最高です」。

試合後ドジャースタジアムを大きな日の丸を持って1周。

「気持ち良かったですねえ。
 ほぼ、いきかけました。日本のすべての方に感謝したい」。

10回の決勝タイムリーについて。

僕は持ってますね。神が降りてきたという感じ
 日本中のみんなが注目しているだろうと思って、
 自分の中で実況して、普段は結果が出ないんだけど、
 それで結果が出て、壁を越えたと思います」。





延長に入った10回表、1死2・3塁で打席にはイチロー

寅は、
この局面でイチローに回った時点で、勝利を確信していました。

最後は決めるべき人間が決める

これ、名勝負の鉄則です。


残念ながら仕事中のため、映像を観ることはできませんでしたが、
先輩から「イチロー、2点タイムリー」という速報メールが入った瞬間、
これでもう勝負は決まったと、改めて確信。
前の回にダルビッシュが韓国打線に捕まり1点を失ったのも
ある意味、そうあるべきだったのかも知れません

何故なら、
イチローが決めなきゃ、
この永きに渡った死闘に決着がつかないから





思えば、第1ラウンドから続いていたイチローの不振も、
野球の神様の「演出」だったのではないかとさえ思う

この最後の打席に至るまでの、壮大な“フリ”

そして、その「神の演出」に見事に応えたイチロー


この瞬間、イチローは「打撃の神様」になった



キューバを敗り、アメリカを退け、
そして今日、宿敵(とは呼びたくないけど)の韓国を倒した日本。
イチローの予言通り、再びチャンピオンの座を奪った。


おめでとう、日本代表!




…ただ、疲れたよ。観てるだけでも。
ラベル:WBC イチロー
posted by 天八亭寅次郎 at 16:45| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決戦は火曜日!

WBC、いよいよ本日決勝戦



今大会5度目の日韓戦



絶対、勝て!



わしは今から出勤…休んで観てぇ…もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 天八亭寅次郎 at 08:42| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

バットを置く日が…

WBC・日本代表、準決勝進出!



当たり前だっつの!

ディフェンディング・チャンピオンだよ!
こっちは!


だから、特に語りません。
敢えて言うなら、イチローと岩村にヒットが出て良かった…。





そんな中、当たり前じゃないトピック。


あぶさん、引退

alb0903191324007-f1.jpg



ホークスの
背番号90は“準永久欠番”です




以下、サンスポより。


小学館発行の成年コミック誌
「ビッグコミックオリジナル」で連載中の
漫画「あぶさん」の主人公、
福岡ソフトバンクホークスに所属する現役最年長選手
景浦安武外野手(かげうら・やすたけ、62)が
今季限りの引退を19日発売の4月5日号の誌面で発表した




死ぬまでホークスでプレイするもんだと思ってましたが…

…ってか、「野球狂の詩」の岩田鉄五郎なんて
70歳過ぎても現役だし
きっと、「やっぱ、引退やーめた!」みたいな感じになるんやない?



同じ作者の野球マンガと言えば、やはり「ドカベン」
こちらも、週刊少年チャンピオンで未だに連載やってます。
今、社会人としても妙齢となった登場人物たちが、
なんか思いついたように、こぞって恋愛してますが、

作者の水島センセイ、

まったくリアルな恋愛が描けません。

…って言うか、美女も描けません


思い切って、あだち充センセイとコラボってみては?

山田と恋愛する、浅倉南

ほんと、太郎ちゃんって何にも解ってないんだから!
 カンカラコーン!」



…絵にならない。(苦笑)





ともあれ、WBCで日本の野球界が盛り上がる中、
水島センセイにも頑張ってもらいたいところ。


センセイこそ、生涯現役でお願いしますよ!




それでは、また。
実は、今さら「ROOKIES」にハマっている寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 16:27| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

サムライ・ニッポン?

○「この中に一人…」シリーズ


この中に一人、“侍”じゃない奴がおる

お前か?

いや、俺は昨日もヒットを打った


お前か?

いや、俺は3つも三振を獲った



じゃ、お前か?

いや、1点は取られたが、粘りの投球をした



それなら、お前か?

1死1塁に走者・イチローで、打者は好調の中島やけど、送りバント





お前じゃ〜〜〜〜っ!!!むかっ(怒り)








WBC日本代表、韓国に惜敗




以下、サンスポより。

WBC第1ラウンド・A組1位決定戦
(日本0−1韓国、9日、東京ドーム)
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)A組の
第1ラウンド・1位決定戦が9日、東京ドームで行われ、
日本代表は韓国代表に0ー1の零封負けを喫した
これで第2ラウンドへの2位通過が決定した






スポーツに“たら・れば”はないです
あくまで、それを承知の上で…



何だ!? あの腰の退けた采配は!?

1点ビハインドで迎えた終盤8回裏、
1死からイチローが相手エースのリュ・ヒョンジンからクリーンヒット!
相手のエースから、こちらの主軸が攻略の糸口を作った!
またとないチャンス到来

イチローといえば、バッティングだけじゃない。
相手の隙を突いた盗塁でも、抜群の実力を持っている
そんな走者が1塁にいるということは、相手守備陣には大きなストレス


そして次打者の中島は、今大会絶好調!
先の韓国戦でだって、初回出塁したイチローに続き
中島がヒットを放ったことで、あの先制攻撃を実現したのだ。
しかも、そこまでの打率は5割。
相手投手は左投げで、
右打者の中島にとっては球が見やすいというメリットもある


これは、同点どころか、逆転の可能性も充分…。





…だのに、監督のサインは、送りバント

上記の状況だから、
イチローを単独で走らせても良いし、ラン&ヒットで
さらに相手を追い詰めることだってできる。

なんせ3番の青木もまた、好調だったのだ。

…だのに、監督のサインは、
タダで相手に1アウトをくれてやる、送りバント



これ、逆に8回で1点リードなら解るんです。
2アウトでもランナーを確実に2塁へ進めて、
ジワジワと相手にプレッシャーをかける。

しかし、昨日の局面は、1点ビハインド。
そこまで、ことごとくチャンスをつぶしてきた中、
その前の守備で、
ダルビッシュが3三振を奪い、勢いをつけた後での展開…



読売で、ホームラン頼みの、大味な野球しか観てこなかったから、
そういう試合展開の機微とか解らないんでしょうかね。

あの、中島の1球失敗の後の送りバントを観たとき、
もう負けを確信しました。
負けてるチームが、あんな腰の退けた野球をやってたら、
勝てる試合も勝てない…。





監督がこれでは、WBC2連覇は神頼みしかないかな


あ〜、あ〜、なむさんだ〜


bsh0903090501000-p1.jpg



だから言ったんや。
ワシにやらせとけば…。








それでは、また。
一晩明けてもなお、まだ怒りが収まらない寅でした。
負けたことを責めてるんじゃない、
ビビったことを責めてるんだ

posted by 天八亭寅次郎 at 09:41| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

入団するも、しないも

すわ! しばらく更新サボってたら、めっさランキング下がってる!
ま、そんなことは全く気にしていないのだが…。


なかなか仕事以外でPCの前に座れる機会がなく
(あっても、それ以外の作業がね…)
久々の更新となってしまいました。
全国14人の寅ファンの皆さま、ホントに申し訳。



プロ野球も終わり、書くネタが少なくなってきた昨今、
これだけは書かねばと思っていた野球ネタ…




史上初の女性プロ野球選手・吉田えりが入団会見



bsr0811161254001-p8.jpg



…ごめんなさい。
最初に“もえた”のは、
プレイではなく、スカートの丈でした。





以下、サンスポより。

史上初の女性プロ野球選手となる
神奈川県立川崎北高校2年の吉田えり投手(16)が
2日、関西独立リーグの神戸9クルーズと正式に契約し、
入団会見を行った。
 
吉田投手は先月開かれた
プロ野球関西独立リーグのドラフト会議で神戸から7位で指名された。
右サイドハンドからのナックルが武器。会見でも
ナックルを武器に活躍したい
とやや緊張気味に抱負を語った。




ナックルとは、ボールを無回転状態で放ることで
不規則な変化を伴い向かってくるボール

その変化は投げた本人でも解らないという。

マンガの世界ではあった話ですが、
独立リーグとは言え、女子プロ選手がホントに誕生するなんて

これ、ホントにスゴいことですよ!


恐らくはリリーフ投手として起用されるであろう、吉田選手。
つまり、多くの試合で観られる可能性があるということ

…観に行こうかしら、独立リーグ。


スケベ心はともかく、集客のためのネタがあるというのは大事です。
野球文化発展のためにも、ぜひとも成功して欲しい独立リーグ
その起爆剤として…


寅は、吉田えり選手を応援します!





一方、応援できない方も…。


ロッテ指名の長野、また入団拒否



以下、同じくサンスポより。


プロ野球ロッテからドラフト2位指名された
ホンダの長野久義外野手(23)が
入団を拒否する意向を既に球団に伝えていたことが
3日、分かった。4日に正式発表する。

(中略)

長野は日大時代の2年前に
大学生・社会人ドラフト4巡目で日本ハムに指名された
だが、巨人入りを熱望して入団を断り、ホンダに入社した




まぁ…気持ちは解らなくもないが…

また1年浪人して、読売に指名されるとは限らないし、
それどころか、
来年になったら、もう何処も指名してくれないかも知れない


ずっと想いを伝え続けてるのに、袖にされっ放し…
まぁ寅も女性相手に、10何年そんな感じですから、
気持ちは痛いほど解りますよ、ええ。

でもね、男たるもの、
ダメなものはダメとスパッと諦めて
次のステップに進むことだって大事な時だってあるのですよ

いつまでも、昔の恋に縛られてちゃダメダメ!
(お! 寅ちゃん、良いこと言う!と自讃)


だから、もうマリーンズに決めロッテ!






それでは、また。
スピリッツの野球マンガ「ザワさん」にハマりかけの寅でした。

main.jpg


これこれ!
すっごい“フェチ”なマンガなのだ。
posted by 天八亭寅次郎 at 22:54| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

泣き虫監督の3ヶ月戦争…速報

読売・原監督にWBC監督要請




以下、サンスポより。

WBCの代表監督をめぐっては
15日に1回目の体制検討会議を開き、
北京五輪日本代表監督の星野仙一氏を推す声が大勢を占めたが、
その後、星野氏が就任を固辞。
混迷を深める中、13ゲーム差を大逆転して
2年連続で巨人をセ・リーグ優勝に導いた
原監督の手腕が評価された



「手腕」ねぇ…

バックにいる人たちの思惑をビンビン感じるのは
寅だけでしょうか…。




「手腕」というのは、
前年、5位に低迷したチームを1年で優勝チームに育て上げた
西武・渡辺監督の能力みたいなものを言うと思うのですがね…。


負けが混んだら涙目になって
采配を失敗する度、
テレビ画面でも解るぐらいの「しまった!」顔を見せてくれる監督

イチローや松坂がついてくるかなー。
あー、しんぱい、しんぱい。

posted by 天八亭寅次郎 at 15:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

正直、しんどい

確かに30年弱、タイガースファンをやってたら、
「負ける」ということ自体には免疫がある
年間の勝率がイチローの打率より低い、みたいな時期を観てるから
勝ち試合を観られただけで幸せ…根底には未だそんな思いがある。

ただ、一つを除いては…





読売“だけ”には負けたくない!


順位はどうでもいい、
ただ、あのオレンジ色の兎ども(古い?)を前にした時だけは

死に物狂いで戦え! 

その想いこそがタイガースファンの証でもあるのだ。

暗黒期と言われる’90年代をして、そう思っていた。




ところが、どうだい。

ついにタイガース、首位陥落


もう、終わってしまたことに
今さら言うこともないのだけれど…
何だろね、この脱力感、虚無感、もうアカン…


いやいや、まだ残り3試合。
「クラシリで勝てばいい」という意見もあるが、
今のチーム状態では中日にさえ勝てんぞ
ただでさえ、ここ数年、短期決戦では結果を残せていない。


確かにケガ人も多いし、みんな疲れているだろうし、
五輪の影響を引きずってる人もいるだろう。

だけど、ここで頑張らなくてどうするよ!?
頼むよ!!


もうオチをつける余裕もない…

とにかく、あと3つ


全部勝て、タイガース!!!!

posted by 天八亭寅次郎 at 13:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

決戦は水曜日

まさか、こんな展開になるとは夢にも思わなかった。

…が、しかし、これが宿命というやつか
ならば、この機会に、引導を渡してやれ!


阪神・読売、優勝賭け激突


五輪によって、不振だった主力が蘇ったチーム対、
五輪によって、チームに大きなダメージを負ったチームの対決。

しかし、そのダメージは忘れよう。

とにかく、この1勝だ!


東京ドームの「風」に負けず、頑張れ投手陣!
相手投手の術中にはまらず、爆発しろ打撃陣!
守備もしっかりやれ、今岡!





今日こそは、早く帰って野球観るぞ!
(または、居酒屋で観戦)
posted by 天八亭寅次郎 at 11:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ついにXデーが…

と言っても、3日連続でYOSHIKIの話をする訳じゃないよ。



清原和博、本日有終




一プロ野球選手の枠を超越した、最後のスター・キヨハラ
今日、とうとうユニフォームを脱ぐ



高校1年から名門PL学園の4番打者として活躍
紆余曲折あって入団した西武ライオンズでは
黄金時代を支える主軸として花開いた


FA権を取得し、悩んだ末に地元・阪神ではなく
子供の頃から憧れ続けた読売へ入団


う〜ん、あの頃はバッシングされまくったね
ずっと怖い顔をしてたね
あの頃から「とんぼ」が代名詞になったね
もっとも
得意技は“ヤクザキック”ではなくヒップアタックだったけど


トレーニングの失敗か、また別の理由かは定かではないが
読売時代から怪我に苦しめられるようになり
オーナーには毛嫌いされ、だんだん居場所がなくなっていく。

そんな時、声をかけてくれたのが、
仰木彬オリックス元監督だったとか
その時には快諾できなかったオリックスへの移籍は、
仰木さんが亡くなった翌年に叶うことに。

でも、新天地でも怪我の悪夢は続き、
結局それが完治することはなかった…

とうとう、今日で見納め






ONを知らない、うちら世代にとって、
清原・桑田のKKコンビは、やはり大スターなのです
あの85年夏の甲子園決勝、
宇部商のピッチャーから放った特大のホームランとか
未だに脳裏に焼き付いてるんですよ。

プロに入ってからは、
やはりライオンズブルーのユニフォーム姿が一番好きだなぁ
日本一のチームの4番打者=日本一の打者ですやん。
打った瞬間、それと解るホームラン。
タイガースがどんどん低空飛行になっていく中、
清原がいたころのライオンズは、眩しく見えたっけ



後の世代の選手だって、確かにスゴい。
イチローなんか言うまでもないし、ゴジラ松井とか
松坂とかだってもちろんスゴいんだけど、
やはり“スター”と呼ぶのに相応しいのは清原のような気がする。
(イチローはアスリートであり、求道者だから)


そんなスターの最後、
イチローもやってくれば、長渕もやってくる。
相手ベンチには、因縁のあった王監督がいて、
弟分の金本も駆けつける。

すごい夜になりそうだ



今日は、仕事も早く切り上げて、野球中継を…


え!? 試合の中継ないの!!!???



はぁ…何でスカパーに入ってないんだむかっ(怒り)




仕方ない、野球が観られる居酒屋でも行くか…。

ラベル:清原和博
posted by 天八亭寅次郎 at 15:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。