2008年04月28日

スイカの季節

この週末も、世間ではいろいろありましたね〜。
荒れた聖火リレーに、キム兄の離婚など、
予想通りのような予定外のようなことばっか…

このような、今が旬のオイシイ話題を取り上げていかねば!


おはようございます。
週明けの教室で話題になりたい寅です。


そんな今日の、旬じゃないトピック。


古瀬絵理、雑誌でセミヌードに


080428gt20080428111_MDE00319G080427T.jpg




“スイカ”は健在ですが…






以下、サンスポより。


“スイカップ”の異名を持つ
フリーアナウンサー、古瀬絵理(30)が
28日発売の「週刊現代」(講談社)でセミヌードに挑戦した
 
推定95センチともいわれる巨乳を惜しげなく披露。
2月8日の自身の誕生日を前に奄美大島で撮影され、
20代最後の記念として“手ブラ”などの大胆ショットを掲載した
5月9日発売の同誌にも再び登場するほか、
今夏には写真集出版を予定しており、準備が進められている。





もはや“スイカップ”という異名さえ聞かなくなりましたが、
地道に頑張ってはったんですねぇ〜。

この方、山形在住だった頃に、
とあるスキャンダルが発端で有名になり、
NHK山形局との契約を解除して上京。
その頃にはグラビアなどのオファーが殺到したようですが、
あくまでキャスターとして売っていきたいと固辞。
それが5年前の話です。


そして今、とうとうセミヌードですか…。
今となっては「あの“スイカップ”が、ついに…」というキャッチにも
何のインパクトもありません。
脱ぐ脱ぐと言われ続けて、
最後まで乳首を出さなかった柏原芳恵並みの“いさぎ悪さ”




旬の短いスイカだけに、売り時を読み違えたようですな





ま、女性としての旬はこれからでしょうから、
無理せず頑張ってもらいたいものです。





それでは、また。
俺の旬はまだか、それとも終わったか…。
めげずに売っていきたい寅でした。
ラベル:古瀬絵理
posted by 天八亭寅次郎 at 10:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。