2008年04月22日

「正義」…速報

光市母子殺害、元少年に死刑判決



以下、サンスポより。


山口県光市の母子殺害事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われ、
最高裁が無期懲役の2審・広島高裁判決を破棄した
元会社員の男性被告(27)=事件当時(18)=の
差し戻し控訴審判決公判が22日、広島高裁で開かれた。
楢崎康英裁判長は無期懲役(求刑・死刑)とした
1審・山口地裁判決を破棄、被告に死刑を言い渡した

事件発生から9年を経て4度目となる判決。
戦後、最高裁が量刑不当を理由に
無期懲役の2審判決を破棄した3件目の事例で、
犯行時18歳だった被告に対する極刑の是非が争点だった。




犯した罪の残忍さ、卑劣さはもちろん
被告自らによる遺族を愚弄するような言動の数々
加えて、「死刑廃止」のイデオロギー論に持ち込み
量刑に作用させようとした新弁護団の姑息な目論見など、
「この世に正義はあるのか?」
虚しささえ覚えることが多かった事件。

殺害した女性に対し、
「母親のように甘えたかった」
殺害した赤ちゃんを押し入れに入れ
「ドラえもんが何とかしてくれると思った」
など、司法の場をバカにしているとしか思えない弁護
結局世論の反感を買った上、裁判長にも通用しませんでした



とは言え、あの弁護団は、
きっと最高裁に上告することでしょう。
まだ遺族の“戦い”は終わらないと思われます。

しかし、無期刑を差し戻した最高裁が、
今回の判決をひっくり返すとも考えにくいところ。
ひとつの結論が、これで示されたのではないでしょうか





善悪という価値観が希薄になり、
平気で他人の気持ちを踏みにじることが多く見られる現代。

罪を犯せば、それに見合う償いをする

この“当たり前の思考”が、“常識”として成立する世の中であってほしい。








posted by 天八亭寅次郎 at 12:43| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
逮捕直後の手記の犬呼ばわり発言とか、畜生以下でしたよね。強盗自慢したあびる優と一緒。DQNて、基本誰もが出来るわけじゃないことと、誰もがやらない悪いことを混同しているので、こんなすごいワルやっちゃえる俺様カコイイ!くらいにしか思ってないでしょう。この下衆ともども、少年法もあぼーんしてくれたらいいのに。

安田達、ドラえもんとドラゴンボールをよく知らない世代が一生懸命考えた小芝居が、一審二審の供述と違うところから反省が見られないと今回の判決に繋がったとのことなので、この皮肉な結末に、いかに死刑廃止論者が馬鹿かと改めて痛感しました。

今まで法治国家であることと、判決が若干方向性違うように感じてましたが、コレを機に法が下衆に相応しい罰を与えてくれる社会になってもらいたいです。

追伸:とらりんちょの面白さは罪作りだと思います。
Posted by 443 at 2008年04月22日 23:26
443さま。
政治にも経済にも“良心”がなくなった時代、
司法にはギリギリそれが残っていたかとホッとした次第。
自身のイデオロギーを主張したいがために
ドラえもんまで引っ張り出してくるあたり、
その思想そのものに対する風当たりも増えたのでは。

死刑廃止論者が“墓穴を掘る”とは、これいかに。
Posted by 寅ちゃん at 2008年04月23日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。