2008年04月18日

せえへんか?

「笑い」というカテゴリーにおいて、
多くの場合に「空気を読む」という感覚は重視されますな
例えば、自分のネタがウケている・いないとか、
そのネタが時代に合ってる・合ってないとか。

その感覚に長けている方ほど、
「一流」と呼ばれるポジションにいらっしゃいますな。
それは、「笑い」に限らず、
ショービジネス全般に言えることかも知れません。


昨日、ニュースを見ていて、こんなトピックがありました。


作家・藤本義一、『ワッハ上方』の存続署名提出


lcl0804171144001-n1.jpg


君ら、漫才せえへんか?






以下、産經新聞より。

大阪府の財政再建プログラム試案で移転の方向性が示された
「府立上方演芸資料館(ワッハ上方)」(大阪市中央区)について、
作家の藤本義一さんらが17日、
存続を求める約2万人分の署名を府に提出した。
藤本さんは
今の場所から移転したら文化そのものが消える。
 やってはいけない」
と話した。




「ワッハ上方」の是非には、あえて触れませんが
寅が気になったのは、この義一つぁんのテンション

この記者会見の模様を夕方のニュースでやっていたので、
それを何の気なく見ていたのですが、
しきりに
橋下さんに言いたい! 橋下さんに会いたい!
それが無理だと悟ると
いや、ボクは橋下さんに会いたかったなぁ〜」と連発。


忙しいっちゅうねん、知事は!

※その頃、橋下知事は市町村長たちとの集会で
 半ベソをかかされていたのです。



“文化人”として知事に会いたかったのなら、
アポイントを取れば、短時間でも確保してくれるでしょうよ
それが何週間後になるかはともかくとして。

それもなく(たぶん)押し掛けておいて
目当ての知事がいないとなると、
「何で会われへんねん」とゴネるとは
昨今話題のモンスターペアレンツと変わりませんよ

アンタ、いったい何様なんだ!?


ま、wikipediaなんかで見てもらえば解りますが、
この方、大御所の割には結構、空気が読めな…。

まぁ、いいや。




こんにちは。
「11PM」も火曜と木曜は全く興味がなかった寅です。
…あ、火曜日の“うさぎちゃん”だけは見てたかな。
ま、それも古い話だ。





そんな今日の、古い話2連発。


ジャッキー・チェン×ジェット・リーのコラボ


080418gt20080418081_MDE00257G080417T.jpg


カンフー好きには夢のコラボ。




以下、サンスポより。

中国が誇る2大アクションスター、
ジャッキー・チェン(54)=写真右=と
ジェット・リー(44)=同左=が初共演した映画
「ドラゴン・キングダム」(ロブ・ミンコフ監督、7月26日公開)の
ワールドプレミアが16日、中国・北京市内の朝陽公園で行われ、
2人がインタビューに応じた。

チェンは、劇中でリーと繰り広げた大バトルに
芝居で格好だけやると思っていたら、
 リーが本気で向かってきたので、僕も力を入れた

 でも、アクションに対するお互いの感覚はすごく合っていた」
と、嘘偽りのない熱闘を強調。リーも
「まるで卓球をやっているような感じで、
 相手のスピードが速くなれば自分も速くなった
と撮影を楽しんだ様子だ。




これは観たい!


ただ、20年前に観たかったな〜これ


ジェット・リー(リー・リン・チェイ)さんを初めて見たのは
確か小学校の3〜4年生の頃、映画「少林寺」だったかと。
寅も少林寺拳法をやってたので、
彼のアクションの数々に目を奪われたものです。
既にスターだったジャッキーよりもリスペクト度は高かったような…。

リーのアクションと、ジャッキーの演出
この“掛け算”に期待いっぱいです




一方、こちらも久しぶり。


CCB、18年ぶりの再結成



…でもさぁ、
「あの人は今」的な番組で結構ちょくちょく“再結成”してたよね?

X-JAPANをはじめ、往年の名バンドがこぞって復活してる今、
「あの栄華をもう一度!」ってな心境だったのでしょうかね?

一度スポットを浴びるとクセになるとは言いますが、
無計画な“Romantic”は止めておいた方が良いのでは?



upcy6163.180.jpg



フー! 止まらない。








それでは、また。
妄想という“ロマンティック”が止まらない寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 12:04| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
藤本義一といえば、お笑い番組の審査員として、わけのわからんことを偉そうに言ってるオッサンというイメージですね。
テレビで観るたびに、「このオッサンは何でこんなに偉そうなんだ。何様なんだ。」と憤りを感じてました。

奇遇にも、僕も小学校1〜6年生まで少林寺拳法を習ってました。
映画「少林寺」も観ましたよ〜

道場自体があまり活発ではなかったので、一級までしか昇級できませんでしたが、いまだに、聖句、礼拝詞、道訓を暗誦することができます。

生年月日も全く一緒だし、偶然にも程があるかと。
Posted by みんち at 2008年04月18日 18:04
>フー! 止まらない。

フーて愚者って意味ありますしね。
Posted by 443 at 2008年04月19日 00:54
みんちさま。

え!? みんちさんも少林寺やってたんですか!?
うわ〜ドッペルゲンガー度が、ますます…。
寅もだいぶ忘れかけてますが、
聖句、誓願、礼拝詞、道訓、信条、出てきますよ!

こないだ、十三アニキ開催のコンパで出会った女性陣が
かつて少林寺をやってた(2段)という方々で
「“天地拳第4系”の飛び蹴りがしんどい」とか
「得意技は襟十字でした」とか
およそコンパに相応しくない話題で盛り上がりました。
ちなみに寅は中1までやっていたので、初段です。


この偶然、絶対藤本義一には描けませんよ!
すっごいなぁ…(笑)




443さま。
CCBも昔のブームにすがるのではなく、
新曲でも引っさげて出てくるのなら
また評価も変わるんですがね…。

文字通り「Lucky Chanceをもう一度」状態。
Posted by 寅ちゃん at 2008年04月19日 02:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93784126
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。