2007年08月09日

プロのこだわり=もてなしの心

かつては「カンサイ◯週間」で
グルメ原稿を書いてた事もある天八亭寅次郎が、気まぐれで送るグルメ記事。

今回は、以前にも紹介した地鶏と焼酎のお店「とり花菜」さんです。


なぜ、再び取り上げるのか?
それはマスターの一言。
「いや〜こないだね〜ホームページ作ったのよ〜」


「それなら、リンクがてら何か書きますよ〜」って話です。





寅はほとんどランチでお世話になっておりますので、
今回もランチのご紹介。



本日の日替りランチは

えびのかき揚げ丼



200708091315000.jpg



携帯のカメラだから、キレイに映らない。
ごめんね〜マスター。






念のため、書いておきますが…、

ココ、地鶏のお店なんです!


でもね、ブリプリのエビの食感と甘み
そして野菜のみずみずしさをそのままに、
サクサクに揚げられた“かき揚げ”は、ホントに逸品。
これがまた、ご飯と相性ピッタリ!

(彦麻呂風に言うと「天ぷらとご飯の結婚式や〜」みたいな)


しかし、このランチの素晴らしさは、そこだけではないのです。
とかく素人はメインディッシュのみ注目しがちですが、
メインを引き立てるのは、やはり脇役なのです

「定食」の形になっているので、
メインの他に、サラダ・小鉢・ご飯・吸物・漬物とセットになっております。
(今日は丼だったのだけれども)
そして、これらひとつひとつに“こだわり”があるのですな。

中でもサラダは大根の千切りに鶏のササミを和えたもの。
このサラダだけでもメシが食えそうなほどですが、
地鶏の風味と大根のシャキシャキした食感に、「食事」の楽しさを感じます。

素材のこだわりについては、同店のHPをご覧いただきたいのですが、
メインの料理だけではなく、サブとも言える突出しにまで丹精を込める
“もてなし”の心を感じずにはいられません。



いや〜これぞプロだ。


そんな日替りランチは¥680なり。安い!


んで、やはり夜の方がおススメです!


会社のほぼ向かいのお店なのに、なかなか寅が夜に行かないのは
そんな時間に誘える相手がいないからです。

…ちょっと泣いてもいいですか。



とにかく、お近くの方は、足を運んでみてくださいな。
「寅のブログを見た!」と言っても「は?」と言われるだけですが、
店のHPを見た!」と言えば、何かイイことがありそうです。

ラベル:とり花菜
posted by 天八亭寅次郎 at 14:14| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何このお店。

めっちゃおいしそうですやん。
コスパもめっちゃ高そうですし。

せっかく大阪帰ってきてんねんから、食べに
行きたいなあ。。。
Posted by べちー at 2007年08月09日 15:46
べちー姉さん。
大阪帰ってるの!? 言うてくれれば…何もできないんだけど(涙)
でも、こちらのお店、やはり夜がおすすめ。
何故なら、焼酎の充実度がすばらしい!
いや〜姉さんと飲んでみたいですわ。
Posted by 寅ちゃん at 2007年08月09日 16:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。