2010年07月24日

正しいことだけやってても

昨日はプロ野球のオールスターだったようですな
って言うことは、観てないんですが。
新聞等で、何となく観た気分にだけなっております



そんな中、オールスターには程遠かった選手のトピック。


雄星、デーブに暴行されてた!?



bsg1007240504000-n1.jpg



…ちょ、やめてよ。よしてよ。
マスコミに言っちゃうよ。









以下、サンスポより。


西武・前田康介球団本部長(65)は23日、
大久保博元2軍打撃コーチ(43)が
電撃解任された問題
について、
埼玉・所沢の球団寮で
2軍スタッフへの聞き取り調査を開始した。
ドラフト1位の雄星投手(19)=岩手・花巻東出=らに対する
暴力行為があったとされ
、同コーチは前日22日にコーチを解任、
球団本部長付となり自宅謹慎している。




「素行」という点で、評判はお世辞にも良くないデーブ氏
ただ、コーチとしては、それなりに手腕も評価されており
以前も女性に対する暴行事件を起こしクビになったものの
今季から再び2軍の打撃コーチに就任していた訳です


素朴な疑問なのですが、
何故、打撃コーチであるデーブ氏が、
雄星くんを殴らにゃならんかったのか?
2軍では打撃だけでなく、総合的な指導をしてたのかしら。
早朝練習に参加しなかったら罰金とか、
変なルールを設けてたみたいだし、選手からは評判下がるわな。


ただ、昔ながらの「体育会系」ノリの中では、
そんなことって多々あるのではないかと

プロ野球に限らず。
それがイヤなら、必死に練習して1軍に上がれと
そういう意味合いもあるように思え。

だって西武は、ここ数年でも
野手なら中島、中村、片岡…こないだも坂田ってのがデビューしたし
投手でも涌井に岸なんて、一人前の選手が育ってます。
「才能」っていうより、
やはりプロに入ってからの努力の賜物だろうし
それを支える環境があるということ

たった一人のコーチの方針で、それが揺らぐとはとても…。


なんか選手の方も、
立場をわきまえずグダグダ言ってるようなイメージ
を抱きました。
デーブ氏じゃなくても

「なんか文句あんのか? You say?

って言いたくなるような、ね。




もちろん、暴力はいけませんよ。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157278641
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。