2010年07月14日

何かが足りず「100」になれなかった、背番号99の末路

相撲界は「野球賭博問題」で揺れていますが、
ご近所の国では、逆に日本の元野球選手が捕まっています


元阪神・中込被告、起訴事実認める



以下、サンスポより。


台湾のプロ野球八百長事件で、賭博罪と詐欺罪で起訴され、
懲役1年6月を求刑されている元阪神投手の中込伸被告は13日、
台北県土城市の板橋地方法院(裁判所)で開かれた公判で、
起訴事実すべてを認めた。審理はこの日で終了し、
8月17日に判決が言い渡される。

(中略)

起訴状によると、
台湾プロ野球リーグの球団「兄弟」の監督だった中込被告は、
賭博グループの要求に応じ、
2008年から09年までの5試合で
八百長に協力する投手を登板させるなどし、
計150万台湾元(約412万円)を受け取った





中込氏と言えば、
マニアックなタイガースファンの中では伝説となっている
’92年の大躍進を支えたピッチャー
左腕の仲田幸司投手と共に、ローテーションを支え
その安定感のある投球で、シーズン終盤まで防御率王争いをしていたほど
実力のある投手でございました


…ただ、素行が悪かったの?


智弁和歌山高校を甲子園で優勝に導き、
鳴り物入りでタイガースに入団した中谷捕手(現楽天)の目に
携帯電話を当てて失明寸前まで追い込んだり
(ま、わざとじゃないだろうけど)
その他諸々、あまり良い話は聞かないまま、
92年以降は、大した成績も挙げられないまま消えていきました

台湾で活躍しているという話を聞いて、
ちょっとは嬉しく思ったのも束の間、
今度はホントに犯罪者として御用。“チョイ悪”が“大悪”に


現役時代は、真っ直ぐかと思ったら、ちょっとスライドするという
“真っスラ”なんてクセ球を得意としていただけに、
急にスルッと悪の道へ曲がってしまいましたな。


日本に戻って来たら、今度は直球勝負でいきなよ。






今日の映像は、同じく’92年に大活躍した
守護神・田村勤をご紹介。



※いつものように画面ごと貼付けるつもりが
 またサーバの都合でUPできず。
 ほんと、やる気あんのか? SeeSaaよ?
 Twitterが落ちたっていうんなら納得するけど。



今でこそタイガースの守護神と言えば藤川球児ですが、
寅の中では、
今でも、このニクい田村のピッチングこそが神の領域
だと思っております。
タグ:中込伸
posted by 天八亭寅次郎 at 00:40| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野球と言えば黙ってられません(^O^)
中込ね〜!生ゴミとか言われてましたもんね〜!
表には出ていない裏話も知ってますよ(^q^)
Posted by 野球の真ちゃん at 2010年07月14日 09:13
野球の真ちゃんさま。
野球カテゴリーでは「ご意見番」とお呼びしようかと(笑)
それでは大沢親分とかと同じになっちゃう…。

素行の悪さというか、人徳の無さというか、
そういう噂が絶えない人ですよね…。
実績も…だし、困ったもんです。
Posted by 寅 at 2010年07月14日 11:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156280565
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。