2010年01月27日

英夫語の時間です








とかく人生とは、「教科書」通りにはいかないもの
もう学校では教えてくれなかった問題ばかりに苦しみ
のたうち回る今日この頃でございますな。



そんな中、役に立たなさそうな教科書のトピック。


東国原知事、教科書に登場


sha1001270501002-n1.jpg



英語も、せんといかん。









以下、サンスポより。


宮崎県の東国原英夫知事(52)が
今春、全国約100の大学で採用予定の
時事英語の教科書に登場することになった
「宮崎県のセールスマン」ぶりなどを紹介しており、
知事本人は
教科書に載るのは非常に恐縮だが、ありがたい
とテレ笑い。

(中略)

お笑い芸人時代から選挙、知事就任後の活動まで
「選挙運動はいかなる政党にも属さないことを強調した」
などと3ページにわたって紹介している




一連の「教科書つくる会」をめぐる動向や、
大学時代、自著を生徒に買わせてた教授陣などを見てると
「教科書」とは言えども、一書籍でしかないのだなと
その中のひとつに、たまたま東さんが載るだけ。


しかし、やはり教育を司る「教科書」ですから
そこは真実を記していただきたいものです。


◆◆◆Lesson 1◆◆◆

Hideo is not thinking about it in Miyazaki.


リピート、アフターミー!

Hideo is not thinking about it in Miyazaki.
(英夫は宮崎のことなど、考えてもいない)

Good!


◆◆◆Lesson 2◆◆◆

Hideo is not interested at all in Miyazaki.


リピート、アフターミー!


Hideo is not interested at all in Miyazaki.
(英夫は宮崎には全く興味がない)



Yes!




◆◆◆Lesson 3◆◆◆

Hideo want to go back to Tokyo.


リピート、アフターミー!


Hideo want to go back to Tokyo.
(英夫は東京に帰りたがっている)



Excellent!




もっとも、東さんはやりたいことも言ってることもよく解ります
しかし、いま本当に解らないのは、
民主党政権が何をどうしたいのか、真相はどうなのかということ


出来ることなら英語の教科書よりも
あの“宇宙人”が話している言葉の教科書を出してもらいたい。

加えて、「真実の小沢」みたいな“歴史”の教科書を

もう国民に気付かせてやってくれ。
どだい無理だったんだ、この人達に政治は。。。






それでは、また。
本当に欲しいのは「恋の教科書」(嘘が書いてないもの)
でもマニュアルには縛られない寅でした。
良くも悪くも。
posted by 天八亭寅次郎 at 09:40| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アタクシ的には、寅様の凡人の枠に捉われない柔軟で自由発想と、マニュアル人間とは違う一面見られるとこが萌えポイントでハートの囚われどころですのに。
Posted by 443 at 2010年01月27日 17:31
443さま。
おおっ!ありがとうございます。
そんなん言うてくれるの、よしみんだけですわ(涙)
柔軟な発想も自信はないですが、
ただひたすらオモロいことをやっていたいっす。
Posted by 寅 at 2010年01月27日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。