2010年01月08日

これテッパンですよ!







なんかこう、愚痴り出したら止まらない状況。
…ですので、サッサとネタに入ります。



NHK秋の朝ドラは『てっぱん』





以下、サンスポより。


NHKは7日、今年9月にスタートする
連続テレビ小説の題名が「てっぱん」に決定したと発表。
大阪市と広島県尾道市を舞台にした、
お好み焼き屋を開業することになった
18歳のヒロイン
の笑いと涙の奮闘記。





なんかこう…朝の連ドラって、
半分子どもみたいなヒロインが、
事業をやる話じゃないといけないの?

ここんとこ、有り得ないような設定の話、多くないですか?

逆に言えば、
そのフォーマットにはめれば、いくらでも話作れるじゃない。
「ちりとてちん」なんか、よく出来ていたとは思うけども。


んで、必ず地方都市が舞台となりますが、
その構図は、まるで“国体”のようですな
その地方に、ちょっとした“バブル”をもたらす点も酷似


好視聴率番組には欠かせないB級グルメのお好み焼き。
特に広島ではソウルフード的なものだと思われますが、
果たして朝ドラの視聴率向上に繋がるか!?



文字通り“テッパン”のネタになりゃいいが。

※芸人用語で「必ずウケるネタ」のこと。




それでは、また。
今日は打ち合わせが2件。
いずれも金にはならん布石みたいなもので、
また愚痴りたく…。

あ〜あ、売れたい。寅でした。
タグ:てっぱん
posted by 天八亭寅次郎 at 09:51| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鉄板少女アカネを思い出しました。ヘタレの奮闘記は正直お腹いっぱいです。朝ドラなんていくら公共犯罪組織が高尚ぶっても、歴史浅いし実質アイドル発掘オーディションなんだから。制作サイドに視聴者は自分以下の能力(立場)か似通った生活環境じゃ無いと共感して貰えないなんておもいこんでるんですかねー?共感して貰えたことと面白いと思うことはまた別の話なのに。視聴者としては単純に面白いもの作って欲しいですけど。小説と銘打つているんだから、そこは拡大解釈で、アクションコメディでもサスペンスでも。


Posted by 443 at 2010年01月08日 23:36
連日の更新ありがとうございます。寅様の綴る文は干物女である私の渇いた心にナノ化粧水のように染み渡ります。目で摂る美容液です。今宵も女性ホルモン分泌させて眠りに就きます。眠れる森の痴女より
Posted by 443 at 2010年01月09日 00:09
443さま。
まぁ放っておいても視聴率獲れる枠だけに、
全盛期から数字が下がったとは言え
あまり危機感はないんでしょうね。
それが好きな人もいるんだろうし。

しかし、そんなに褒められると照れちゃう♪
実は行間にコラーゲンを染み込ませています(笑)
Posted by 寅 at 2010年01月09日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137719813
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。