2009年12月25日

Go! East!

ちと今日は朝早くから外出しておりまして、
こんな時間からの更新でございます。

しかも、これ書いてすぐに「JTSギャングタウン」の収録があり、
帰ってきて即編集→UPという突貫工事のため、
こちらは手短に参ります。


そんな今日の慌てた感たっぷりのトピック。


宮根アナ『おは朝』卒業、東京進出へ



gnj0912251030018-n1.jpg



いや、だから、
ちゃいますねんて!わーい(嬉しい顔)
(↑上り調子の関西人が、
 ウハウハ感を隠す時に使う言葉)






以下、サンスポより。


ABCテレビおはよう朝日です」(月〜金曜前6・45)で
司会を務めるフリーアナウンサー、宮根誠司(46)が
来年3月いっぱいで同番組を降板することが
24日、分かった。
東京への本格進出を目指し、局アナ時代から
“朝の顔”として15年間慣れ親しんだ番組を卒業する
 
大阪を拠点に活動する宮根は「おは朝」と、
読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)の
2つのレギュラーを抱えている。
そのかたわら、
今年はキー局のバラエティー番組にも積極的に出演
売れっ子フリーアナとして大躍進の1年になった。
 
ただ、早朝の帯番組の「おは朝」を続けている限り
東京への本格的な進出は難しいことから、宮根が卒業を希望
局側も同番組1本のギャラが推定30万円で、
年間約7500万円かかることから、
経費節減の面でもやむなしと判断したようだ。





「おは朝」1本のギャラが30万円というのが高いのか安いのか…。
寅が毎日死ぬ程頑張ってコピーを書いて1ヶ月かかるギャラ
宮根さんは文字通り「朝飯前」で稼いでいたのね


…ちょっと泣いてもいいかしら。もうイヤになってきた。



一方で東京のテレビ界は、慢性的な人材不足

アクの強さで言えば
みのもんたよりは弱いが、中山禿よりは充分に強い宮根さん

ソフト過ぎず、クド過ぎないところは、
「おは朝」を15年もやっていたことでも解るように
朝の主婦層でも違和感無く受け入れられることでしょう。


でも…東京に染まりすぎると、
逆に大阪の人達は
「裏切られた!」と思って、冷ややかになりがち



すぐお金にくらんで…ミヤ〜ネ〜

なんて言われないようにね!

…て、俺は木久翁師匠か。





それでは、また。
日曜日は有馬記念。
去年取り損ねた19万円の恨み、今年はリベンジ!
寅でした。
ラベル:宮根誠司
posted by 天八亭寅次郎 at 20:12| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寅様
 一応本人は東京進出を否定しているので東京で売れるかどうかの話は尚早かと。とはいえ、テレ朝出身でありながら比較的中庸な意見を持ち合わせている稀有な存在であり、そういった持ち味が東京へ行くことで潰されたら嫌やな〜とは思います。

 ところでTwitter見ました。来年早々季節はずれの伊勢湾台風がやってくるのかと私もどきどきして来ました(勘違いならごめんなさい)。なにはともあれよいお年を(^^)。
Posted by gojiramasuo at 2009年12月26日 01:22
gojiramasuoさま。
まぁ〜東京の番組で楽しそうに喋ってる
宮根さんを見てると、
やっぱ東京の方が魅力なんだろうな…とも思ったりも。
確かに「朝日」の臭いがしないのは貴重ですね。


twitterの件…さすがですな! ビンゴです!
逆に「伊勢湾台風」を起こせるように、
来年へ向けてイメージトレーニングをしておきます!

Posted by 寅 at 2009年12月26日 01:37
おは朝一本、30万円なんて本当かしら。

それこそ、普通の人の月収。

一本10万円くらいだと思うし、思いたい。
Posted by 吉田ジョージ at 2009年12月26日 02:46
宮根はテレ朝でなく朝日放送(ABC)ですね。
宮根のおはよう朝日卒業のネタをしているサイトを回ったら
とくダネが入っているとかナントカって・・・
それすると、ミヤネ屋も終了フラグになりますよと感じました。
勿論、噂の域ですので、真実は不明ですが。

上岡龍太郎師匠のようになるんじゃないでしょうか?
ただ、今は放送局もお金がない。
Posted by Hiro-chang at 2009年12月26日 13:01
吉田ジョージ社長。
1本10万だとしても、月に200万…。
ABCにとってもキツい出費でしょうね。
逆に考えれば、宮根さんが出てるというだけで、
それだけの価値があるということなんでしょうけれども。


Hiro-changさま。
「とくダネ!」にはおヅラさんがいらっしゃるので、
それはさすがに無いかと思われますが…。

高騰したおした有名司会者たちのギャラは
やはり放送局の経営にも差し支えるでしょう。
その点、実力があり、
かつ彼らと比べてギャラも安いであろう
宮根さんが重宝されるのは解る気がしますね。
Posted by 寅 at 2009年12月27日 11:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。