2009年12月08日

平井理央よりイイ!?…速報

こっちのニュースの方が、びっくり。


元モー娘。・紺野あさ美、テレ東アナ内々定


w_asami01.JPG.jpeg




…ていうか、
もう辞めてたことすら知らなかった。










以下、中日スポーツより。

元モーニング娘。の紺野あさ美(22)が、
テレビ東京のアナウンサーに内々定したことが7日、
関係者の話で分かった。
紺野は、慶応義塾大学環境情報学部に在学中
2011年4月から
あこがれの女子アナ人生がスタートする見込みだ。
 
紺野は01年8月、モーニング娘。に第5期メンバーとして加入し、
06年7月に大学進学を目指すために同グループを卒業。
同年12月にAO入試で現在の学部に合格し、休業を発表した。





やるな〜テレ東!


これは、掘り出しもんでしょう。



いま、テレビ界の潮流を作っているのはテレ東
だと言っても過言ではないでしょう。
旅番組、グルメ番組、バラエティ、ドキュメント、歌番組…
どのジャンルを見ても、突出したアイデアがあり、
他局の追随を許さないインパクトがあります



そして、何と言っても、女子アナがイイ感じだ!!!


1129a.jpg


…人妻でもイイ!
大橋未歩アナ。








ooe_tegata.jpg

知性と癒し。
大江麻理子アナ。






matsumaru_big.jpg


「エンジェル」
松丸友紀アナ。







…などなど、
決してフジテレビに負けず劣らずの布陣


そこに紺野さんが加われば…。




でもねぇ、寅にとっては

女子アナ=OLの日本代表

なんですよねぇ。
だから、あんまりカワイすぎる、美人すぎる人がアナになっちゃうのは
実は複雑な気分なのです

W杯直前に、外国人選手を帰化させちゃう、みたいな感じで。



だから仮に紺野さんがテレ東に入ったとしても、
寅の「ココロのベストテン第1位」は
松丸アナで変わりません



…なんじゃ? この文章。


posted by 天八亭寅次郎 at 11:13| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初の寅さんブログへの書き込みです。緊張します。テレビ東京は東京12チャンネル時代から好きなテレビ局です。アナーキーというか、節操ないというか、姑息に面白い番組を制作・放送してますね。
今度のM‐1、メンバーのヒドいこと。東高西低というか、ナイツシフトというか、見る気が失せました。敗者復活で儲ける気かもしれません。
敗者復活からギャロップかアジアンが出てくれりゃと思うのですが、アジアンは明らかにハリセンボンより面白いけど決め手に欠けるし、ギャロップは結構行けそうな感じやけど、と思っておりますが。
これはいっそのことギャンタンファミリーで予想しましょう。吉田ジョージ氏予想はなかなか鋭いですし。では。
Posted by 川島だいしん at 2009年12月08日 12:18
だいしんさん。いらっしゃいまし!
噂のブログウォッチャーに、やっとカキコいただいて
感無量でございます!


さて、M-1ですが、
元々あたし「M-1=プロレス」論者なので、
いろいろナナメから見ておるのですが、
昨日、mixiのギャンタンコミュで
M-1予想を書いておりました。


そこからの引用…

◎ E枠 ハライチ(競馬と違って、大穴狙います)
◯ @枠 ナイツ(「言い間違いネタ」プラスαが出せれば有利か)
▲ G枠 パンクブーブー(NON STYLEが今ひとつ東京でブレイクできず。
             東京系の(福岡出身だけど)芸人が欲しい)
× F枠 モンスターエンジン(去年は緊張で持ち味出せず。ハマればデカい?)
× C枠 ハリセンボン(春菜の成長著しい。初の“女性王者”もアリか!?)



となっております。


ちなみに昨夜行われた
「ギャンタン寝間着党」の会合では
銀シャリがオモロいのに…という話になりましたよ。
Posted by 寅 at 2009年12月08日 12:37
あー、銀シャリは僕は昨年まででしたね。パンクブーブーはボケはいいけど、ツッコミが勝敗の鍵かなと。
ハライチは寅さんに申し訳ないのですが、僕にとってはオードリーと一緒で複数回は見たいと思わないスタイルですね。
東京ダイナマイトの吉本入りはビックリでした。
ところで南海キャンディーズは今回何が決勝の評価だったのか? 謎過ぎます。
M‐1今までで面白かったのはアンタッチャブルの敗者復活出場の合格発表ネタと、サンドウイッチマン、ダイアンの初出場のネタですね。
Posted by 川島だいしん at 2009年12月08日 15:37
だいしんさん。
そうなんですよ、川崎さん。違った、だいしんさん。
南海キャンディーズが、
何故決勝まで残れたのか?という点に引っかかってます。
従来と違う切り口のネタが出てきたのなら、
もしかしたら、もしかするかも…という…。

なぜハライチにしたかと言うと、
昨年のオードリー的なインパクトと、
「吉本以外」から優勝者を出すのでは、という
あくまで“ブック”的な視点によるものです。
複数回、続けてネタを見たら、飽きるでしょうね。


Posted by 寅 at 2009年12月08日 17:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。