2009年10月26日

ストライク!監督アウト!








テレビやネットを観ていて
思わず「ストライク!」と呟いてしまうような
好みの女の子が多い寅なのではありますが、
久々に、ど真ん中入りました!


gnj0910260503000-p2.jpg



♪明治〜十勝〜
 のCMやってます。





日向千歩ちゃん(18)。
このたび初写真集を発売するのだそうな。


この子、いいですね〜。
勉強はできるんだけど、よく忘れ物します
みたいな感じ。

これからドラマとかにも出てくるみたいなので、
また主役はさておき、画面の端の方をチェックしていきたいなと。




そんな中、こちらは「ストライク」も取れない方のトピック。


野村監督、楽天名誉監督就任へ



bsh0910250504006-p2.jpg



♪もう…終わり〜だね〜






以下、サンスポより。


今季限りで退任する楽天の野村克也監督は25日、
球団から要請されている名誉監督の就任について
断る理由はない」と話し、前向きな姿勢を示した。
 
楽天は24日に日本ハムに敗れ、
パ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージで敗退した。
野村監督は最後の指揮から一夜明けたこの日、
新千歳空港で取材に応じた。ユニホームを脱いだ心境については
だいぶ前に通告されていたから、心の整理はできている
と話した。
 
楽天の三木谷浩史会長からは
「何をやってもいいと言われた」そうで

名誉監督になっても解説や評論などの活動に支障はないという。
「年は取っているけど、体は元気。
 おれから野球を取ったら、何も残らないよ
と、変わらない野球への愛情を語った。





…受けるんか〜い!


あれだけ啖呵きっておいて
素直に名誉監督に収まるとは…少しガッカリ。


他にも解説とか、テレビ出演とか、講演とか行けるんだから
ここは野球人としてプライド通して欲しかったなぁ



しかし、どうも、楽天という会社は、
スポーツビジネスに真摯に取り組んでいるとは思えません
サッカーのヴィッセル神戸にしたって、
日和見な監督人事に、ウケ狙いかと思うような選手招聘など…。

んでゴールデンイーグルスを見ても、
初年度、明らかに他所に劣る戦力での戦いを強いられ
予想通り最下位に沈んだ際の指揮官・田尾氏に1年でクビを通告。
今回のノムさんについては、
今年で契約満了という基本路線はあったにせよ
CS進出に至り士気も盛り上がる時期に、
再度、来季の契約の話をマスコミにリークするなど、
現場の人間と応援するファンをバカにしているとしか思えない所行。



元・銀行員の会長は、
お金の計算を軸にしたビジネスは得意なのでしょう
しかし、そこから多くの人々のココロに訴えなければならない
スポーツビジネスの根幹
をお解りでないように思えます。




…んで、次の監督が、前広島カープ監督のブラウン氏
言っちゃ悪いですけど、この方、広島で結果残せなかった人ですよ
どの選手を育てた、ってのも言えないしね。

どうせなら、東北から近い
北海道出身である元ヤクルトの若松氏とか、
(実際、ヤクルト時代もノムさんの後を受け継いだし)
人気が欲しいなら元読売の江川氏とかでもいいじゃない。
(絶対ナ◯ハタとは言わない)

緻密な戦力を4年かけて浸透させて、やっとCSまで出たチーム
指揮を執るのに相応しい人材は他にいるかと思いますが…



この人事も、いろんな意味で“楽天的”ってことね




繰り返しのオチ、すまぬ。





それでは、また。
花巻東高校の菊地くん、国内チームに決めたみたい
顔だけ見たら、絶対阪神だよね(笑)

他人の進路、心配してる場合じゃねえなと
今さらながら思った寅でした。






posted by 天八亭寅次郎 at 10:44| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日向千歩ちゃん、四代目のおけいはんに決まりましたですよ。
Posted by としせんせい at 2009年10月26日 16:40
としせんせいさま。
え〜〜っ! マジですか!
それって、としせんせいのブログでも書いていた話ですよね…。
不覚!

これからは、おけいはん一筋で京都競馬場に行きます!
Posted by 寅 at 2009年10月26日 17:57
でも阪神びいきなルーキーズ最終回みたいなオチと思えなくもないかも。
Posted by 443 at 2009年10月26日 22:17
443さま。
結局、監督は帰って来た…みたいな(笑)
もっとも、ノムさん側にも問題はある訳で…
せめて夫の仕事に、すぐ口出しをしてくる
あの嫁の面倒ぐらいは、しっかり見てもらいたい…。

あれだけの実績を残しながら、
何かと哀しい結末へ至らしめるのは、
少なからず、あの嫁に原因がある訳ですからねぇ…。
Posted by 寅 at 2009年10月26日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。