2009年10月10日

誰のせい、とか言わず

本日、これから上京致しますので、手短に。


タイガース、4位でペナントレース終了



bsb0910100505012-n1.jpg



「ここしかない」という好機に
金本アニキ、痛恨の凡打。






以下、サンスポより。


神宮の夜空に、力ない白球がフラリと舞い上がった。
七回。1点を返し、なお二死満塁。
石川の初球103キロを振り抜いた4番・金本の打球は
虎党の悲鳴と燕ファンの祈りが交錯する中、
すっぽりとキャッチャーミットにおさまった
コブシを握る捕手・川本と、顔をしかめて立ち尽くす主砲…。
無情のコントラストが、CSをかけた最終決戦の明暗を、分けた。




ともあれ、タイガースの今シーズンは終了。

思えば、次期エース・岩田のケガによる出遅れから始まり、
鳥谷・新井の不振台頭すべき若手の停滞
シーズン終盤には赤星の大ケガ、そして最後は金本の不振

負けるべくして負けたのかも知れない。


何かと「戦犯」を作りたがるマスコミ
真弓監督はもちろん、金本や新井に怒りの矛先を向けるだろう
でも、それは違うと思う。

本当の問題は、やはり世代交代

今季、捕手・矢野の代役としてスタートし、
きっちりシーズンを全うした狩野のように、
レギュラーを脅かす若手が出てこなきゃいけない
林・桜井なんて、もうレギュラーになってなきゃいけないのに、
結局1軍半みたいな状況でシーズンを終えてしまったし、
あえて書かないけど、もっともっと若手が出てこなきゃ。

オールスター明けから鳥谷が急速に復調したのは、
自分の座を脅かす大和って存在があったからで、
投手陣なんかでも能見の台頭に焦って
岩田が持ち味を取り戻したところもあったと思うし…。


なんしか、来季に向けて「建設的な改革」をしてもらいたい
誰かのせいではなく、組織全体のせいなのだ




思えば、星野監督の初年度も4位、岡田監督の初年度も4位

逆に縁起が良いではないか!

つまり、両監督の流れに倣えば

来季は優勝ですよ!



それを信じて、寅はこれから東京へ行きます。


明日の毎日王冠を観戦に。


posted by 天八亭寅次郎 at 09:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129943729
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。