2009年08月14日

チョメチョメな話。

昨夜、懐かしい人と、遅くまでメールで会話。
かつて愛した女性。
そして現在も…かどうかは解らないのだけれど。
夜中の1時に、酔ってメールをしてくるのは、
あの頃の僕と同じ寂しさを、今キミも味わっているからなのかい?

裸でベッドに横たわっているというキミの傍に、いま誰もいないの?
あの頃は、朝までずっと傍にいて
互いが1人じゃないこと、確かめ合っていたよね。




…そんなメールの後の浅い眠りのせいで、
今朝は会社に遅刻
もう、いいんです。なにもかも。
理由はとりあえず、チョメチョメですが
とりあえず、久々に朝ブログを書いてます。


そんな今朝のチョメチョメなトピック。


山城新伍、逝く


gnj0908140732015-n1.jpg



そら〜キミ、チョメチョメやけれども。







以下、サンスポより。

やくざ映画で活躍し
テレビのバラエティー番組でも人気を集めた俳優の
山城新伍(やましろ・しんご、本名渡辺安治=わたなべ・やすじ)さんが
12日午後3時16分、
誤嚥(ごえん)性肺炎のため
東京都町田市の特別養護老人ホームで死去したことが、
14日分かった。70歳。京都市出身。

(中略)

75年には深夜バラエティー番組
「独占!男の時間」の司会者として新境地を開き、
「新伍のお待ちどおさま」などの軽妙で辛口なトーク
お茶の間の人気を集めた。
「アイ・アイゲーム」で使った
「チョメチョメ」という表現は流行語にもなった。





あかん、時間なくなった。
続きは後で書きます。


…と、朝、ここまで書いて出かけたのだが…。
思えば、あんまり、この人の思い出がなかったことに気づいた
役者としてのイメージは、うちら世代には余りないはず。
となると、“新伍ちゃん初期体験”は「どん兵衛」のCMってことになるな。
あれは、長かったし。
川谷拓三さんと「年越しどん兵衛」のCMをやられたら、
いよいよ年の瀬だなぁと子供心に感じたものである。

関西のローカル番組でも、よく見かけた。
品は良いが、よう喋るおっさんだ
嫁を褒めまくって、娘を溺愛しまくってて、
あほなおっさん(悪口ではなくてよ)」やなぁと。

テレビに出てるのが、フツーな人。それがスターということか
あまりに気さくやから、子供にはスゴさが解らんかったんかもね。



そして、こちらも衝撃。

レス・ポール氏、死去

いわば、近代ロックの生みの親だ。

不勉強でお恥ずかしいですが、
レス・ポールさん、ギタリストだったんですね。
その後、多くのロックスターに愛用されたギターは
これからもギブソン社の看板として、受け継がれて行くことでしょう



ふたりに、合掌。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125675153
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。