2008年10月01日

ついにXデーが…

と言っても、3日連続でYOSHIKIの話をする訳じゃないよ。



清原和博、本日有終




一プロ野球選手の枠を超越した、最後のスター・キヨハラ
今日、とうとうユニフォームを脱ぐ



高校1年から名門PL学園の4番打者として活躍
紆余曲折あって入団した西武ライオンズでは
黄金時代を支える主軸として花開いた


FA権を取得し、悩んだ末に地元・阪神ではなく
子供の頃から憧れ続けた読売へ入団


う〜ん、あの頃はバッシングされまくったね
ずっと怖い顔をしてたね
あの頃から「とんぼ」が代名詞になったね
もっとも
得意技は“ヤクザキック”ではなくヒップアタックだったけど


トレーニングの失敗か、また別の理由かは定かではないが
読売時代から怪我に苦しめられるようになり
オーナーには毛嫌いされ、だんだん居場所がなくなっていく。

そんな時、声をかけてくれたのが、
仰木彬オリックス元監督だったとか
その時には快諾できなかったオリックスへの移籍は、
仰木さんが亡くなった翌年に叶うことに。

でも、新天地でも怪我の悪夢は続き、
結局それが完治することはなかった…

とうとう、今日で見納め






ONを知らない、うちら世代にとって、
清原・桑田のKKコンビは、やはり大スターなのです
あの85年夏の甲子園決勝、
宇部商のピッチャーから放った特大のホームランとか
未だに脳裏に焼き付いてるんですよ。

プロに入ってからは、
やはりライオンズブルーのユニフォーム姿が一番好きだなぁ
日本一のチームの4番打者=日本一の打者ですやん。
打った瞬間、それと解るホームラン。
タイガースがどんどん低空飛行になっていく中、
清原がいたころのライオンズは、眩しく見えたっけ



後の世代の選手だって、確かにスゴい。
イチローなんか言うまでもないし、ゴジラ松井とか
松坂とかだってもちろんスゴいんだけど、
やはり“スター”と呼ぶのに相応しいのは清原のような気がする。
(イチローはアスリートであり、求道者だから)


そんなスターの最後、
イチローもやってくれば、長渕もやってくる。
相手ベンチには、因縁のあった王監督がいて、
弟分の金本も駆けつける。

すごい夜になりそうだ



今日は、仕事も早く切り上げて、野球中継を…


え!? 試合の中継ないの!!!???



はぁ…何でスカパーに入ってないんだむかっ(怒り)




仕方ない、野球が観られる居酒屋でも行くか…。

ラベル:清原和博
posted by 天八亭寅次郎 at 15:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。