2011年04月28日

「THE CHIKUZAI(蓄財)」

震災以降、「不謹慎」という言葉が横行した瞬間があった
何をするにも、やれ不謹慎だ、やれ自粛だと。
そんな事言ってても経済は回らないし、
とにかく元気が出ないってな事に皆が気づき始めて、
少なくとも関西では少しその気風が薄れてきた気がする。
これは別に悪い事ではないのでは。


そんな中、正直今年一番の“不謹慎”なトピック

島田紳助審査委員長で『THE MANZAI』復活



以下、サンスポより。


復活のきっかけは、
漫才ブームを平成の世に再来させた「M−1グランプリ」の終了だった。
紳助の企画によってテレビ朝日系で放送されたが、
10年の節目を迎えた昨年終了。
今年に入り、フジテレビでは
「このまま漫才ブームの灯を消していいのか」(神原孝プロデューサー)
紳助サイドに熱烈アプローチし、
伝説の番組名を復活させることで快諾を得た
 
「M−1」は結成10年未満のコンビであればプロ、アマを問わず出場できたが、
「THE MANZAI」はプロの漫才師に限定し、
年齢、芸歴の制限をなくして真の漫才日本一を決める。




これって、ホント不謹慎!


理由1:「本家」の喪は明けたのか?

本家「THE MANZAI」のプロデューサーだった
敏腕テレビマンの横澤彪氏が亡くなったのは今年の1月
そのバラエティへの想いを継承し、
新たな歴史を築きたいとでも言うのかと思ったら、
なんてことはない「漫才ブームの灯」と来たもんだ

「本家」のお陰で今の自分がある、ぐらいの事を宣うのなら
せめて横澤さんについて少しでも語るべきなのでは?

恩…感じてないんだろな。




理由2:“漫才師”でもないのに「審査委員長」?

コンビ歴の縛りを取っ払うということは、
理屈で考えれば、芸歴ウン十年の大御所が出てきても良いわけだ。
そんなベテランの「芸」を
それこそ「THE MANZAI」をやってた期間で小銭稼いで
その後ケツ割って漫才を辞めた人が先頭に立ってジャッジするってか?

失礼な話じゃない?
少なくとも、オール巨人師匠は黙ってないんじゃない?(←妄想)



理由3:テーマ曲

引用した記事には続きがある。


紳助はテーマソングも考案中という。


ほら出た! お得意のビジネスモデル!

あの“恥ずかしい3人組”を筆頭とした、印税ビジネスをここでも展開。
伝説の番組を持ち出すばかりか、自分の商売にしちゃうなんて!

これが一番、不謹慎だと思う。





確かNON STYLEがM-1獲ったあたりで、決勝の審査コメントで
「もう、このレベルまで来たら、(優劣は)好き嫌いでしかない」
と紳ちゃん自身が言ってた通り、
「話術」の優劣はあれど、
「話芸」の優劣って、究極は好き嫌いでしか決められないもの

だから中堅・ベテランの芸を並べて優劣を決めるというのは
非常にナンセンスだし、誰も得をしないと思う。


※そもそも、そんな“危険”な大会に
 若手以外がエントリーするとは思えない。
 特に、名のあるベテランが。
 でも、本当にテレビで観たいのは、そういうベテランの芸だ。



いや、得をする人間がいた。“主催者”だ。
注目を浴び、金を集め、手柄を独り占め。


マンザイよりチクザイに心血を注ぐ司会者

いいんじゃない。

人柄がよく現れているし。






もっとも、ダウンタウンに、久々に新ネタ漫才やらせます、とか言うなら
それは観てみたい気がするが。
まぁ、しないだろう。
M-1チャンピオン経験者集めての「プロレス・コンテスト」は12月に開催
季節柄、さむ〜い内容にならないことを願うばかりである。
担ぎ出される漫才師たちのために。

posted by 天八亭寅次郎 at 01:00| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。