2010年04月18日

そのままの中国でいて?

金曜の晩、深夜まで飲んだくれて帰宅。
しかし翌朝は早く起きて、
朝の9:30から美容院で、今年初めての散髪。
実にスッキリした気分で、
午後は神戸で某雑誌編集者の方の講演を聞き、
ぼんやり思ってたことを言語化してもらったような感じに。
そして夜は実家に帰り、風呂にゆったり浸かる。
その後、ギャンタンのコントを書いて寝るつもりが
いつの間にか睡魔にやられておりました。
そりゃ昨夜3時間ぐらいしか寝てなかったからね。


そんな中、なんか眠たいトピック。

上海万博、テーマソングに“盗作”疑惑



以下、サンスポより。


5月1日開幕の上海万博のPRソングが、
日本のシンガー・ソングライター、岡本真夜さん(36)の1997年にリリースした 
ヒット曲「そのままの君でいて」の盗作ではないかとされる疑惑で、
中国上海市の上海万博事務局は17日、
PRソングの使用を暫定的に停止することを決定した
と公式ウェブサイトで明らかにした。

事務局は
「著作権上の争いがあることに関心を寄せている」
としており、著作権侵害がなかったか調査しているとみられる。

盗作疑惑は中国のネット上で浮上。
万博ソングのイメージビデオと
「そのままの君でいて」を歌う岡本さんの映像を並べたサイトも登場。
掲示板には「99%同じで、間違いなく盗作だ。恥ずかしい」
「これではメンツが台無しだ」といった非難のほか
中国では盗作は珍しいことではない」との書き込みもあった。

万博ソングの作曲家、繆森氏は4月初旬、中国メディアの取材に
「部屋を歩き回り、
 足でリズムを取りながらインスピレーションを得た」
と作曲の経緯を語っていた。





wikipediaによると「万国博覧会」の定義として

国際博覧会条約によれば、国際博覧会とは
「複数の国が参加した、公衆の教育を主たる目的とする催しであり、
文明の必要とするものに応ずるために
人類が利用することのできる手段
又は人類の活動の一若しくは複数の部門において達成された
進歩若しくはそれらの部門における将来の展望を示すものをいう。」
とされている。


とされております。
「人類が利用できる手段」としての“盗作”
“中国のお家芸”として「公衆の教育」に活かし
それが「将来の展望」なのであれば、
それはそれで真実なのかな、なんて思ったり。


その「元ネタ」とされる岡本さんの歌詞でも

もっと自由に もっと素直に
強がらないで そのままの君でいいんじゃない


って言ってるぐらいですから。




ただ、著作権料は払いましょう。
JASRACからのお知らせでした








それでは、また。
今日は、似合う服を買いに行こう。
寅でした。
ラベル:岡本真夜
posted by 天八亭寅次郎 at 11:10| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。