2010年04月03日

立ち上がれ!立ち直れ!







もうTBSの悪口とか書きたくないと思ってるんですよ。
キリがないから。
だけどね…これはイカン。


TBS、読売・木村コーチを『急死』と表示



以下、サンスポより。


TBSテレビは2日夕のニュース番組「Nスタ」で、
プロ野球・巨人の木村拓也コーチ(37)が
試合前の練習で倒れたニュースを報道した際、

誤って画面右上に
「巨人木村コーチ急死」
と書かれた字幕スーパーを表示した。

同局は午後8時54分からの
「フラッシュニュース」で訂正し謝罪した。
 
TBSテレビによると、字幕スーパーは
関東圏内に放映されたニュースの中で10数秒表示された
この間、アナウンサーは、
木村コーチが病院で治療中であるとのニュースを伝えていた。
「フラッシュニュース」ではアナウンサーが
「夕方のNスタで、関東圏内向けにこのニュースをお伝えした際、
 誤って急死と表記した字幕スーパーが流れてしまいました。
 訂正し、皆様にお詫びいたします」
と訂正・謝罪した。
 
同社広報部では
急に飛び込んだニュースで混乱していた
 事実関係を調査している」
と話している。





おいおいおいおい!
ニュースの現場って、基本的にいつも、
急に飛び込んできた話題を集めて伝えてるんじゃないの?

それが仕事でしょうよ。

急に飛び込んできて…

って言い訳になるかい!



読売のことは好きではありませんが、
何球団も渡り歩いてきた結果、
ユーティリティプレイヤーとして名を挙げ、
惜しまれつつも去年現役引退した木村コーチ。
こういう方が、後進に技術や精神を伝えていくことこそ
球界のためになると思うので、
何としても木村コーチには快復していただきたい。

がんばれ!キムタク!

寅は、こっちのキムタクは応援しています。



一方、こちらも快復が待たれるトピック。

阪神・金本、右肩腱板部分断裂



こちらはデイリースポーツより。


衝撃の事実が明らかになった。
右肩を痛めながら試合出場を続ける
阪神・金本知憲外野手(41)の診断結果が
右肩腱板の部分断裂(腱板損傷)」
であることが1日、判明した。
広島移動日の29日、検査を受けた病院で診断が下されていた。
右肩の棘上(きょくじょう)筋が部分断裂した状態で、
症状がひどいときには右肩を上げることさえ困難な重傷と言える




誤解の無いように断っておきますが、
金本という選手の技術、求心力、勝負強さなど
アスリートとしての全てにおいて尊敬しています
本当の意味で「鉄人」ですよ、ええ。

その上で…

もう休ませないとアカン!


確かに、先日の広島との試合では技ありのホームランを打ちました。
でもね、この開幕から好調なチーム(今日は負けたけど)を
もっと活気づけていくためには、
スタメンの全員が100%のパフォーマンスで戦っていかねばなるまい
その中で、客観的に見れば調子が上がっていない金本選手
四番として据えておくのは、相手にしてみりゃ楽ですよ

まして試合の半分は守備をしなきゃならない野球という競技の性質上、
利き腕の肩を痛めている外野手を起用するのは、明らかに不利
外野手が強い返球ができないということは、
それだけで何点分かのビハインドになるはず。

そろそろ、真弓監督の“決断”が必要なのでは。



思い起こせば、13ゲーム差をひっくり返された08年、
そして、あと一歩でCS出場を逃した09年と、
夏を過ぎた頃から精彩を欠いた金本選手の不調が
そのままチームを失速させたという意地悪な見方もできます

その経験を踏まえるならば、
今のうちに彼のケガを治療しておけば、
きっと秋前の大事な時期には頼もしいリーダーとして蘇ってくれるはず


“鉄”は早いうちに冷ませ!
ってことで。


それに、今タイガースの外野には
浅井、藤川俊、葛城、林、桧山と、まだまだ「駒」があります。
金本ほどの威圧感はないにせよ、
特に守備面では彼以上の動きができるはずですから。


金本兄貴に少しでも現役を続けてもらいたいのなら
今こそ休ませるタイミングだと思います
ファンとして、無理して試合に出て足を引っ張ってる兄貴より、
ホームランをかっ飛ばして
ダイヤモンドを悠々と回っている兄貴を見たいんだから






それでは、また。
ちょっとでも野球を見ようと思って
早く帰ってきた日に限って負けるって、どういうことだよ?
仕方がないのでオリックスの試合を見ている寅でした。

posted by 天八亭寅次郎 at 00:33| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。