2010年02月24日

踊る刑事を、観る慶事







おい!ふざけんなよSeesaa!!


昨日の夜中には終わってるはずのサーバメンテ
何で今日の夕方までかかってんだよ!
出来ないなら出来ないって、ハッキリ言えってんだむかっ(怒り)


一方で、やると言ったらやってくれる映画のトピック。



『踊る3』でも『現場に血は流れます



以下、産経ニュースより。

織田裕二主演の人気シリーズ
「踊る大捜査線」の新作映画がこの夏、
7年ぶりに劇場公開される。
23日、東京・台場のフジテレビで
製作報告会見が開かれ、織田は
「映画のテーマは『仲間』と『生きる』。
 撮影ではスタッフもキャストも皆、熱い。
 見終わった後に幸せな気持ちになれる映画になる予定です」
と笑顔でアピール。作品の内容については
現場に血は流れます!
とだけ明かした。









前作から、もう7年も経ちましたか!
その時は、劇場で2回も観ました。
あの時の青島巡査部長のジレンマが、
まさに当時の自分の心境と重なるところがあったもので…

「“正しいこと”って何だ?」
「オレ、何でこの仕事やってんだ?」



…あれ? これ、未だに悩んでるぞ…。
7年間、何やってたんだろう…。

あれ〜っ、どうしたんだろう。
なんにもないのに、涙が止まらな〜い!
天八亭寅次郎、35歳!
なんか最近、イライラする!



それはさておき、今回は、青島くんも係長に昇進し、
正真正銘の中間管理職になられたようで
小栗旬にチビノリダー・伊藤淳史、そして内田有紀も加わり、
さらに人物相関図が広がった「踊る」に、
ファンとしては今から心も“踊る”ばかりです



それでは、また。
今夜は「ゴッドタン」観ながら、腹抱えて笑おう。
最近それぐらいしか楽しみがない寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 23:24| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。