2010年02月12日

みにくいスノボの子

昨日が祝日だったこともあり、
ダラダラと実家で過ごしてしまいました。
今日も1件原稿チェックがあるだけ(の予定)なので
昼過ぎに自宅に帰って作業をしようかなと。

来週からは確実に忙しくなるので、
“最後”のゆとりを楽しんでいる寅です。


そんな中、“ゆとり”がもたらした恥ずかしいトピック。


服装乱れで、スノボ選手に抗議殺到


不愉快なので写真は載せずにサンスポから記事引用。


バンクーバー冬季五輪は12日(日本時間13日未明)開幕。
日本選手団の入村式が10日、バンクーバーの選手村で行われ、
選手として冬、夏合わせて
7度五輪に出場した橋本聖子団長(45)や
スノーボード・ハーフパイプ(HP)の選手ら
30人が出席した。
この入村式では、
HP男子代表の国母和宏(21)=東海大=に対し、
服装の乱れがあったとして、
全日本スキー連盟の判断で出席を自粛させる異例の措置も取られた。




ま、学校のセンセイなんかがよく言う
服装の乱れは、心の乱れだ!
ってセリフがありますけども、
これ、まさにその通りだと思います。

まして「日本代表」であるということ、
国を代表して国際社会に出ていくという“責任”感の無さ
見事に服装に表れている訳です。



しかし、どうしてこう毎回スノーボード、
それもハーフパイプの選手は“奇行”が目立つのでしょう?
前の時も「ビッグマウス」の兄と、「ラッパー」の妹が
共に本大会で文字通り“大コケ”して
世界中の笑い物になったことがありましたが…。


金メダルを獲っても、
その振る舞い次第でバッシングされる立場にある「日本代表」
いくら現地・バンクーバーは暖冬でも、
言動次第で周りの目は冷ややかになるってこと、お忘れなく


せめて、競技ではイイとこ見せてください


それでは、また。
スノボの世界って“紳士”がいないのかしら?
朝青龍もスノーボーダーだったら良かったのにと思った寅でした。
ちなみに自分は“スベる”のは嫌いです。
posted by 天八亭寅次郎 at 09:24| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。