2010年01月18日

Mr.アンダースロー







昨日は「R-1ぐらんぷり」に参加する
十一十三の親友・藤原タケシの手伝いとして、
同大会の1回戦にチャレンジ。

しかし、オペレーター・寅のミスなどもあり
惜しくも1回戦で散る結果となりました…。

スタッフの段取りの悪さ、アナウンスの無さなど
言いたい文句はいっぱいあるものの、負けは負け。
真摯に現実を受け止め、次に繋ぎたいと思います。

ご声援いただいた皆さま、ありがとうございました。



そんな「R-1」の帰り道で知った、ショッキングなトピック。


元阪神・小林繁氏、死去


bsr1001180505000-p1.jpg



頼れるエースはアンダースロー。







以下、サンスポより。

悲劇のエースが衝撃の突然死−。
巨人のエースから「江川事件」で阪神へトレードされ、
現在は日本ハム1軍投手コーチの小林繁氏が
17日午前11時ごろ、福井市内で心不全のため死去した。
57歳だった

(中略)

小林コーチは巨人のエースとして活躍していた78年に、
いわゆる“江川事件”で阪神に移籍
日本中を揺らす大騒動の犠牲者となったが、
「それはショックでした。
 でも12、13年しかユニホームを着ていられないのだから、
 自分を商品と思い、できるだけ高く売ることが得策だと考えた」
と気持ちを切り替え、翌年22勝をマーク。男を上げた。




残念ながら、この方のプレイは記憶にないんです。
しかし、子供ながらに、
この方が阪神の中心選手であることは解っていたし、
引退後もそういう目で見ていました。

一番印象に残っているのは、
TBSのスポーツニュースでキャスターをやっていた姿
端正な顔立ちだけに、
タレントと並べても遜色の無い存在感、
そして解りやすい語り口で、
多くの視聴者に支持されていました。
長く続いてましたしね。


そして近鉄バファローズの投手コーチとして。
梨田監督・真弓コーチ(現阪神監督)と共に
「男前三人衆」として話題になりました

そして昨季は日本ハムに。
そこでも若手への的確な指導で実績をあげており、
今季の活躍も期待されていた中での、突然の訃報…


当然のように、野球界の中にいる人。
これからも活躍していく人。
そういうイメージでした。


それだけに、残念なニュースです。
優秀な指導者を失ったということもそうですが、
やはり昭和の、ある時代を象徴するエースの死
時代の流れを感じずにはいられないです



合掌






それでは、また。
桑田真澄氏のお父様も亡くなられたとか。
昨日は野球界にとっては悲しい一日だったのですね。

それでも黙々と、やるべきことを今日もこなす寅でした。

ラベル:小林繁
posted by 天八亭寅次郎 at 09:20| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。