2009年12月17日

審査もせんといかん

今朝は午前中から打ち合わせが入ってるので、
手短にいきます。



東国原知事に『M-1』審査員オファー


gnf0912170511000-n1.jpg



M-1もどげんかせんといかん。






以下、サンスポより。


宮崎県の東国原英夫知事(52)が、
テレビ朝日系で20日放送の若手漫才日本一決定戦
「M−1グランプリ2009」で審査員を務めることが
16日、分かった。
大会委員長のタレント、
島田紳助(53)から直接“出馬要請”を受け、
M−1審査員に初挑戦。お笑い界の巨匠、
ビートたけし(62)の一番弟子であり、
かつて漫才コンビを結成していた東国原知事は
ドッキリだと警戒しています
と“芸人冥利”の出来事に驚いている。





今や年末の風物詩として、
多くのお笑い好きの耳目を集めるM-1
そして全ての若手芸人が目指す金字塔ともなったM-1ですが、
不動産ビジネスを生業とされる紳ちゃんにとっては
金儲けの一環でしかないということが、
この審査員選びひとつとっても伺えますな。

だって、東さんは“ビートたけしの弟子”として認知されました
「漫才師」としては“成功できなかった人”ですよ。

他の審査員は、なんだかんだ言っても漫才の成功者ばかり
中田カウスボタン、海原千里万里、B&B、オール阪神巨人、
コント赤信号、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン…
それぞれの時代に、それぞれの芸をもって、
スターダムに登った人ばかりです

もちろん紳助・竜介もそう。


でも、「ツーツーレロレロ」を、どれだけの人が知ってる?

漫才では「お笑いスタ誕」で勝ち抜いたぐらいですよ。
(ま、それもスゴいと言えばスゴいけど)
1年間、M-1での評価のために汗をかいてきた芸人たちは
このブッキングを、どう思いますかね



結局、場を賑やかしたいだけじゃないの?って話。
それだったら、衣装部の保沢さんも入れてくれよ!って話です。



もっとも、他の番組でも、
若手芸人に無謀なチャレンジを強要し、
若いタレントを馬車馬のようにコキ使って、
巨万の富を儲ける紳ちゃんです。

これだけ皆が注目しているM-1のことも
「M(儲け)ー1番」ぐらいにしか思っていないかもよ



それでは、また。
フジテレビの三宅Dとかが審査員に居た方が
よっぽど信憑性が出るのになぁと思った寅でした。
「手短かに」と言いながら、結構書いちゃった。
あ〜急がなきゃ。
posted by 天八亭寅次郎 at 09:05| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。