2009年12月03日

おどろきビフォー・アフター








昨夜は「FNS歌謡祭」が放送されてましたね

かつては、音楽会の年末賞レースの口火を切る番組だったので
「ああ…いよいよ年末かぁ」なんて思わせる
風物詩みたいな役割もあったのですが…

何年か前から、何かしらの賞をあげるというのを止め、
“旬”の歌手を集めてワチャワチャやるという
「夜のヒットスタジオSUPER」みたいな番組に成り下がり、
あまり観なくなってしまったのです。


昨夜は、夜から「JTSギャングタウン」の収録があり、
その出発までの時間つぶしとして、
しばらく「FNS歌謡祭」を観ておりました。


いま、ゴールデンタイムの「チャンネル権」を握ってるのは
寅と同世代の主婦たちなのかも知れません。

思わず「お!懐かしい!」と言っちゃうような歌手たち
次から次へと出てくるのです。
しかも、当時の曲を歌うものですから、懐かしさもひとしお…

…と言いたいところなんですが、
この「久しぶりに登場」の歌手たちの
歌が酷いこと、酷いこと!

美貌はそのままに若干声量が落ちていた森高千里なんか良い方で、
かつてよりキーを下げているのに声が出ていないバンドの人
“元祖・ガールポップ”だった人に至っては、
顔はパンパンに太り、声も全く出ていない上、
ごまかしのフェイクを引っ張りすぎた為に肝心の歌をトチるという
もう当時のファンが観たらガッカリ以外の言葉が見当たらない程の
パフォーマンス(この言葉が相応しいかはともかく)でした。


でもね、これって出る方よりも、出す方が悪い!
ファンは、やっぱり当時と変わらず魅力を放っている姿を見たい
まして、老いて哀しい姿になってるのは観たくないものです

そんな「ファンの夢」を壊さないのも、
メディアの大切な役目なのではないでしょうか?

何でもかんでも視聴者の興味を惹けばいい、というだけの演出では
いずれ誰もテレビを観なくなってしまうと思いますよ。

少なくとも、昨夜みたいに、
かつてのカリスマが辱められている姿は、もうたくさん。

“どこで〜壊れ〜たの?”って、訊きたくもない。




途中で切り上げたので全部を観ていないのですが、
昨夜も、あの「黒木瞳オンステージ」はあったのでしょうか?
どなたか、教えてください。
あの、みんなが困っちゃってる会場の雰囲気
観ている分にはシュールで面白いですわーい(嬉しい顔)



それでは、また。
せっかくの「歌の祭典」に、
あの「“ヘキサなんとか”の芸人どもを」を紛れ込ませたの誰や!?

“自力”で歌を売って堂々と参加した、
往年のとんねるずとは意味合いが違うだろ!?

あざとさだけが目につく、今のテレビが大嫌いな寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:12| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。