2009年12月07日

待ってぇな〜照枝ねえちゃん!






「さよならだけが人生だ」なんて言葉もありますが、
寅の人生も、やはりそうかも知れません。
それでも、仲間にだけは恵まれた人生だったかと、
ここまでを振り返れば思えるのですが…。


そんな中、こちらは、サヨナラだけのトピック。


磯野貴理、離婚



gnc0912070506001-n1.jpg



井上公三、久々に活躍の図。







以下、サンスポより。


タレント、磯野貴理(45)が6日、
漫才トリオ「かしまし娘」の正司照枝(75)の長男で
担当マネジャーだった夫
宏行さん(38)と離婚したことを発表した
レギュラー出演する日本テレビ系
行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)内で
理由は夫の浮気です
と告白した後、改めて会見。
夫の携帯メールを盗み見し浮気に気づいたといい、
「見たこともないロマンチックなメールでした」と瞳を潤ませた。

(中略)

夫に「メール、見たよ」と明かし、
10月に話し合いの場を設けた。
 
そしたら『別れよう』って言われてしまって
(夫のメール相手について)
一般人の30代女性とだけ説明を受けましたが、
『別れないで』とすがることはできず
(離婚は)しようがないなって…」と吐露。
紳助によると、女性は32歳。





…言いたいことは山ほどありますが…今回は2つだけ。


◯理由は夫の浮気

構図だけを見れば、確かに夫の浮気が発端になっていますが…
「話し合い」の場で、夫から離婚を言い出されてる辺り、
フラレたのは磯野さんの方なのでは?

理由を問われて「夫の…」と言うよりは
「お互いが違う方向を向いていることに気付いて…」
みたいな言い方にしておいた方が、後腐れがなかったかと。


ま、“お笑い”の方なので、
自虐的に離婚をネタにされていくのであれば
「いや〜夫に捨てられましてですね〜」
と強引に“笑い”へシフトするのも悪くはないと思いますが
(笑えるかどうかは、ともかく)
この、しょうもない“プライド”こそが離婚の原因なのでは




◯また紳ちゃん

磯野さんが「行列〜」の番組レギュラーなので、
タイミング的に、イジるならココしかなかったかも知れない
ただ…実際に番組を観ていないので何とも言えませんが、
番組で独占告白をしてほしいほど、
視聴者はこのトピックに興味があるのか?


むしろ「やっぱり…」って気持ちの方が…。


また、紳ちゃんお得意の「番組の私物化」ですよ。

「おおキリコ、おまえ〜離婚したらしいな? ほんまか?
 いやいや言わんでええ、言わんで。解んねん〜そんなん、俺。
 ウチはなんとか離婚せんとやってきたけど、
 周りのやつら、ホラさんまとか離婚したヤツ多いから解んねんて。
 大変やったな? 解るで〜、ほんま。
 
 (中略)

 ま〜クヨクヨしててもしゃあないし、番組で離婚企画やろか。
 オマエも“お笑い”やねんから、
 もう“笑い”に変えていかなしゃあないやろ?
 大丈夫やて! 俺に任しとき! 悪いようにはせえへんて。
 そや、会見しよ、会見! な?
 そこで全部吐き出して、スッキリしよや。な?
 俺、オマエのそんな顔が、めちゃめちゃ好きやねん…」


みたいな話を本人とつけて、制作サイドに投げつけたんでしょう
観る側の気持ちなど、関係なく

もっとも「法律事務所」という体の番組ですから、
慰謝料やその後の手続きなどの話へ言及したのであれば
まだ番組としての意味を持ったことになりますが…
無かったんじゃないかな?


そのうち磯野さん名義で、
離婚をネタにした演歌とか作ってCD出すんでしょう?
「すてられて」とか、悪ノリでタイトル付けて。
んで自分で、作詞して


若者の“無知”とかをネタにするのが好きな御仁ですが、
たまには、ご自分のアンダーグラウンドもネタにされては?

例えば、featuring東京03で『恫喝』とか、
featuring元吉本興業社員で『後ろから前から』とか
featuring元◯ンバメイコボルスミ11の◯◯で『消化器ぐらり』など…。


ガチで「法律事務所」に持ち込まれないようにね!


ほんま、この手の番組づくりこそ、辟易という意味で
「辟サゴン」というべきではないでしょうか?



それでは、また。
磯野さんの離婚ネタは
きっと、明石家さんま師匠の「ホンマでっか!?TV」でも、
散々イジるんでしょうけどね。
個人的には、島崎ワッコさんの方がリアルに好きな寅でした。
タグ:磯野貴理
posted by 天八亭寅次郎 at 09:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

厳しい組み合せ?









物事、やる前から諦めてちゃいけないって、寅は思います。
やってみて、失敗する分には反省もできる
だからって、やる前から諦めて
「あの時…こうしてれば…」
みたいなことを言ってても、前進はできないように思うのですよ




そんなトピック。

サッカーW杯、組み合せ決定!


以下、サンスポより。

サッカーの2010年W杯南アフリカ大会(6月11日〜7月11日)の
組み合わせ抽選会が4日(日本時間5日)に行われ、
最新FIFAランク43位の日本代表は1次リーグで
同3位のオランダ、11位のカメルーン、26位のデンマークと同じ
E組に決定した

(中略)

岡田武史・日本代表監督
これで明確な目標ができた
 われわれより相手の力はどこもちょっと上だが
 十分対応できる範囲。悪くないグループ。
 われわれはこの大会で4度目の出場。
 ベスト4を目指そうとやっているし、それを変えるつもりはない」




険しい道のりです。
少なくとも「全勝」なんて無理でしょう

でもね、選手たちは全部勝つつもりで臨むだろうし
応援する側も、やはりそのつもりで応援すべきなのでは
「厳しい戦い」を前提としてね

ただ、いつものように、
メディアで不必要に煽るのはやめてほしい!
「勝ちたい!」と言うのはいい。
でも最近の傾向として「絶対勝てる」みたいな演出をして
サッカーを知らない人達に、不必要に期待させて
結果失望感だけを高めてることが多いので、
もう、そういったことは止めていただきたい。
たぶん、もうみんな気付いてるし。


ただ、だからと言って、
諦め目線で観るのもツマラナイと思うんですよ
4年に1度の祭りですから、
寅なんかは、サッカーに関しては素人ですけど、
それはそれなりに楽しみたいので、
基本は日本代表が決勝トーナメントに進むことを期待して
試合を観ていきたいと思います。


あ、あと、サッカーを知らないタレントを
「応援団長」とか言って担ぐの、やめてね

以前、“勝ち点”システムも知らないヤツを「団長」にしてた
おバカな局もありましたので。
矢部っちでいいんですよ、矢部っちで。




それでは、また。
最近、イエローモンキーの「LOVE LOVE SHOW」を
奥田民生がカバーしてるのを頻繁に聴きますが
アレいいですね!
腕のあるミュージシャンが名曲をカバーするのは良いこと。

久々にカラオケとか行きたいなぁ。寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 12:41| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

学園テンゴク







時々、高校時代のことなんかを思い出します。
あの頃は…勉強はほとんどせず、
テニスとバイトと女の子のことばかり考えてました
あの頃、もう少し先のことを考えて勉強してりゃ、
少なくともコピーライターなんぞには…


それはさておき、寅の高校時代なんて、
そりゃあもう、穏やかでほのぼのしたものでしたよ。
今思えば。
友達もたくさんいて、ちょびっとカノジョもいて、
片思いはず〜っとしていたという、典型的な高校生。



そんな中、こちらは荒れた高校生のトピック。


AKB48、女子校学園ドラマに出演


gnj0912040506012-p1.jpg



なんか“ビンテージ感”が…。
「スケバン刑事」?





以下、サンスポより。


アイドルグループ、AKB48が3日、
来年1月8日スタートの
テレビ東京系新ドラマ「マジすか学園」(金曜深夜0・12)の
制作発表を都内で行った。
荒れた女子高の勢力争いを描く学園ドラマで、
AKB48、妹分のSKE48SDN48のメンバーが総出演する。




いや〜テレ東、攻めますな〜!

いま、確実にモー娘。より勢いのあるAKB48ですが、
このドラマを起爆剤に国民的な人気を得られるか!?
テレ東だけに、厳しいかなぁ…。


しかし“妹分”の2組も、それぞれ48人ずついるのかしら?
…となると、学園ドラマには欠かせない
「エキストラ」が一切要らないよね!?
だって、メンバーだけで144人もいる


しかし、これだけいると、誰が誰だか解りません。
先日「さんまのまんま」に出ていた際
群を抜いてカワイかった篠田麻里子ちゃんだけ認識しましたが、
あとの人達は名前すら…。

頑張って演技したのに、
本編ではほとんどカットされて「マジすか!?」
なんてことにならぬよう
1軍半以下の子たちにも頑張ってもらいたいものです。



それでは、また。
「あ〜あ、俺も試合出たいわ〜」
と1日10回は言っている寅でした。
タグ:AKB48
posted by 天八亭寅次郎 at 09:49| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

おどろきビフォー・アフター








昨夜は「FNS歌謡祭」が放送されてましたね

かつては、音楽会の年末賞レースの口火を切る番組だったので
「ああ…いよいよ年末かぁ」なんて思わせる
風物詩みたいな役割もあったのですが…

何年か前から、何かしらの賞をあげるというのを止め、
“旬”の歌手を集めてワチャワチャやるという
「夜のヒットスタジオSUPER」みたいな番組に成り下がり、
あまり観なくなってしまったのです。


昨夜は、夜から「JTSギャングタウン」の収録があり、
その出発までの時間つぶしとして、
しばらく「FNS歌謡祭」を観ておりました。


いま、ゴールデンタイムの「チャンネル権」を握ってるのは
寅と同世代の主婦たちなのかも知れません。

思わず「お!懐かしい!」と言っちゃうような歌手たち
次から次へと出てくるのです。
しかも、当時の曲を歌うものですから、懐かしさもひとしお…

…と言いたいところなんですが、
この「久しぶりに登場」の歌手たちの
歌が酷いこと、酷いこと!

美貌はそのままに若干声量が落ちていた森高千里なんか良い方で、
かつてよりキーを下げているのに声が出ていないバンドの人
“元祖・ガールポップ”だった人に至っては、
顔はパンパンに太り、声も全く出ていない上、
ごまかしのフェイクを引っ張りすぎた為に肝心の歌をトチるという
もう当時のファンが観たらガッカリ以外の言葉が見当たらない程の
パフォーマンス(この言葉が相応しいかはともかく)でした。


でもね、これって出る方よりも、出す方が悪い!
ファンは、やっぱり当時と変わらず魅力を放っている姿を見たい
まして、老いて哀しい姿になってるのは観たくないものです

そんな「ファンの夢」を壊さないのも、
メディアの大切な役目なのではないでしょうか?

何でもかんでも視聴者の興味を惹けばいい、というだけの演出では
いずれ誰もテレビを観なくなってしまうと思いますよ。

少なくとも、昨夜みたいに、
かつてのカリスマが辱められている姿は、もうたくさん。

“どこで〜壊れ〜たの?”って、訊きたくもない。




途中で切り上げたので全部を観ていないのですが、
昨夜も、あの「黒木瞳オンステージ」はあったのでしょうか?
どなたか、教えてください。
あの、みんなが困っちゃってる会場の雰囲気
観ている分にはシュールで面白いですわーい(嬉しい顔)



それでは、また。
せっかくの「歌の祭典」に、
あの「“ヘキサなんとか”の芸人どもを」を紛れ込ませたの誰や!?

“自力”で歌を売って堂々と参加した、
往年のとんねるずとは意味合いが違うだろ!?

あざとさだけが目につく、今のテレビが大嫌いな寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:12| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

あ〜あ、やっちゃったぁ…速報

IMALU、歌手デビュー決定!


a350.jpg


生きてるだけで丸もうけ
なのになぁ…。






以下、音楽情報サイト「BARKS」より。


大物芸能人である両親のDNAを受け継ぎ
世間一般に“特別な存在”として扱われているIMALUは、
「普通じゃないかもしれないけど、
 私だってみんなと同じでいっぱい泣いたり悲しんだりもする。
 “本当の私”をちゃんと伝えたい!
という思いから、作詞やスタイリングにもチャレンジ
本音で自身の熱いメッセージを発信していく

気になるデビュー曲のタイトルは、
「Mashed potato」(マッシュド・ポテト)。
いろいろな物事がめまぐるしく、
ぐるぐる巡る自分のアタマの中身を食べ物に例え、
端的に表現したら、このタイトルが思い浮かんだという。




…そ、そうですか…。
ま、頑張っていただけたら良いと思います。はい。



ここで、父上の名場面を見つけましたので、
それだけ、貼付けておきます。








posted by 天八亭寅次郎 at 11:01| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電撃結婚2連発







昨日は「映画の日」でございましたので、
かの話題作「沈まぬ太陽」を鑑賞してきました
3時間以上の長編とは聞いていましたが、
途中で休憩が入る映画は初めてでした。

内容は…「会社って、やぁね」って感想ぐらいしか持てなかったのですが
細かいところで言えば、
我が愛しの木村多江さまが、
今度は飛行機事故で夫を亡くしたという未亡人役

主役の渡辺謙にも負けない(逆の)存在感!

もう“薄幸・不幸”を演じさせりゃ、日本一でしょう
今回は、そこに関西弁も加わり
リアリティに拍車がかかっておりましたね


そんな中、こちらは幸せなトピック。


清水宏保、モデルと結婚


gnb0912020507001-p5.jpg



キレイすぎっだろ!
おい!







以下、サンスポより。


1998年の長野五輪スピードスケート男子500メートル
金メダリスト清水宏保(35)が来春、
美人カリスマモデルと結婚することが1日、分かった。
お相手はファッション誌
「AneCan」の専属モデル、高垣麗子(30)で、
3年前に知り合い、密かに愛を育んできた。




あの長野五輪から、もう11年が経つんですねぇ
清水の強さに驚き、里谷の美技に驚き、
ジャンプの「日の丸飛行隊」に酔いしれた
あのNAGANOから…

そんな清水選手が、カリスマモデルを捕まえてご結婚
いいのではないでしょうか。
アスリートとしては小柄な体躯を
トレーニングで磨きあげて超人的な筋力を身につけた苦労の人

ただ、“アツアツ”ぶりを披露しすぎて、
試合前に氷を溶かしちゃわないようにね!




一方、結婚と言えば、こんなトピックも。

柳楽優弥、もう結婚


14歳でカンヌを獲ってしまった彼が、
19歳でもう結婚という驚きの展開。

マコーレー・カルキンかよ!

まぁ人生いろいろなんで、別にそのことをどうとも思わないですが、
気になるのは、彼がかつて発言していたように
尊敬する人は、押尾学さんです
という、センスがかなりヘンテコな部分

ま、伴侶を得たことで、
役者として、人間として真っ当な道を歩んでいただきたい

“マナブ”べきは、他にたくさんあるのですから。




それでは、また。
意外と「東京DOGS」にハマっております。
吉高由里子目当てなんですけどね。
三浦友和って、重い芝居もできるんだな〜と
「沈まぬ太陽」と併せて感心した寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 09:46| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

“寅の失恋漫談”第2話

先日お届けしました「失恋漫談」が
一部で好評だったので

すかさず第2弾を創ってみました。



題して

うそ

でございます。


お楽しみください。




posted by 天八亭寅次郎 at 18:42| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 寅の小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイケル・ムーアじゃねえよ。







今日から12月。師走でございますな。
まったく忙しくない寅は、日々ボーッとしております。

そんな中、ボーッとしていたかも知れない人のトピック。


マイケル・ムーア、荷物無くす



gnj0912010505007-n1.jpg



…確かに似てるわな。






以下、サンスポより。


最新作「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」が5日に公開される
米映画監督、マイケル・ムーア監督(55)が30日、
東京・中央区の東京証券取引所で初来日会見を行った
飛行機でロストバゲージに遭い、着る服がなくなったので、
 相撲レスラーが訪れる店でこれを買いました」
とダブダブのトレーナー姿で登場し笑わせた。



賢明な読者の方なら、もうお気づきかと思いますが、
何故このトピックを選んだかというと…

これが言いたかっただけです。


jiwcwxpvwtaxsjm.jpg


マイケル・ムーア
じゃねえよっ。








今や本人よりマイケル・ムーアっぽい春菜さんですが、

まさに「真似ぇ〜は踊る」状態ですな。




安直なオチで、ごめりんこ。



それでは、また。
上原さくらの今後が気になる寅でした。

posted by 天八亭寅次郎 at 09:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。