2009年10月29日

ドラフト雑感






プロ野球のドラフト会議もつつがなく終了したようで

注目の菊地くんは西武ライオンズに決まったそうで、
涌井、岸など好投手が揃う布陣に
また強力な新星が加わったとなると、
来季はまた大暴れしそうですな!


一方、我がタイガースはと言うと、
法政大の二神投手を獲得したとのこと。
2位でも立命館大の藤原投手を獲得したとのことで、
外れた場合の戦略として予定通りの内容
ここ数年、ルーキーがすぐ1軍定着して活躍した例が少ないので
ぜひとも頑張ってもらいたいですな。
なんつっても手薄ですよ、タイガースの先発投手陣
しかも、来季からは元メジャーの城島が捕手です。



そんな中、寅がやられた!と思ったのは
横浜が1位指名した横浜高の筒香くん
地元出身というのは理想的ではありますが、
近い将来、彼は日本を代表する左のスラッガーになりますよ。
松井秀の高校時代を彷彿とさせるバットスイングの速さ。
あれは、1年生の時から目を見張るものがありましたから。



しかし、ドラフトってのは、幾つになってもワクワクしますな。
(「逆指名」など悪しき制度で、形骸化した時期もあったが)
指名された選手には、誇りを持って精進してもらいたいものです。



え? わたし?
どこの球団からも、どこの女の子からも指名されませんとも
飲んでやる、ああ飲んでやるもうやだ〜(悲しい顔)
posted by 天八亭寅次郎 at 22:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

麻酔針も効かないほど気になる。










いよいよ明日はプロ野球のドラフト会議。
野球小僧は幾つになっても、この日はワクワクするもの
すっげえキセキが起こって、
もしかしたら自分も指名されたりなんかして…
って、誰でも1度は思ったこと、あるんじゃないかな!


目玉は花巻東の菊地くん。10球団ぐらいが競合してるとか。
そのリスクを冒してでも獲りにいくか、
それとも穴を狙って、他の素材を手堅くもらうか。
この辺の駆け引きが見物ですな。

明日の夕刊が楽しみです♪




そんな中、こちらは、もう指名された方のトピック。


『名探偵コナン』毛利小五郎役の新声優、決定



gnf0902151721003-n1.jpg


おい!
声優はオレじゃねぇぞぉう!








以下、サンスポより。


日本テレビ系アニメ「名探偵コナン」(土曜後6・0)の
主人公の先輩探偵、
毛利小五郎役の新声優が28日、小山力也(45)に決定した。
 
毛利役は放送開始の96年から神谷明(63)が務めてきたが、
ベテランから若手にバトンタッチする」(同局)
との理由から抜てきされた。
小山は米ドラマ「24」でキーファー・サザーランド(42)演じる
ジャック・バウアーの吹き替え声優で知られ、

「自分らしい毛利小五郎ができればと思っています」
と意気込んでいる。31日放送分から登場。







ほう、ベテランから若手、ねぇ…。


小山さん、42歳で
世間的には充分“ベテラン”の域にいらっしゃるような…

以前「ドラえもん」の声優陣が総入替になったときは
さすがに「ベテランから若手」って感じでしたよ。
殆どが無名の方ばかりでしたから。



そうなると気になるのは、やはり神谷さん降板の真相

何故、長年の人気キャラを守ってきた方が
突然降板することになったのかを
コナンに解明してもらいたいものですな。





それでは、また。
明日の午後は、鳴らない電話を気にしながら仕事しよう。
35歳のピーターパン・寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 21:34| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

あしたはジョー

のりピーは法廷で離婚を誓ったようですが、
こちらは新しいご縁が生まれたトピック。


城島捕手、タイガースへ移籍決定!


bsb0910271731010-n1.jpg





ジョぉお〜〜〜!
(@丹下段平)






以下、サンスポより。


阪神入団を決めたことを明らかにした
城島健司捕手(33)は27日、
星野仙一シニアディレクターと南信男球団社長との交渉後
記者会見を行い
今回阪神にお世話になることを決めました
 阪神のために力を出し切りたいです。
 阪神は最初に手を挙げて、最初に交渉の席を設けてくれました
(甲子園球場では)今まで敵だった大歓声が味わえると思うと、
 とても心強いです」
と力強くコメントした。





いや〜久々に仙ちゃん、“仕事”しましたなぁ〜!

今年ようやくモノになりかけた捕手・狩野の気持ちを考えると
複雑な気分にならないこともないですが、
そこは、やはり捕手。
投手を活かすも殺すも、キャッチャー次第なのです

パンチのある打撃もさることながら、
やはり、1〜2軍で燻っている若いピッチャーを
一人でも多くモノにしてやってほしい!

ダルビッシュやマーくんみたいな投手、
タイガースにも欲しいんや!



そういう意味でも、
今年はジョージョーの補強ができましたな

…なんつって。






それでは、また。
今夜はタンパクでごめんね。
なんか、ピロートークみたいな締めにビックリ、寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 22:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ストライク!監督アウト!








テレビやネットを観ていて
思わず「ストライク!」と呟いてしまうような
好みの女の子が多い寅なのではありますが、
久々に、ど真ん中入りました!


gnj0910260503000-p2.jpg



♪明治〜十勝〜
 のCMやってます。





日向千歩ちゃん(18)。
このたび初写真集を発売するのだそうな。


この子、いいですね〜。
勉強はできるんだけど、よく忘れ物します
みたいな感じ。

これからドラマとかにも出てくるみたいなので、
また主役はさておき、画面の端の方をチェックしていきたいなと。




そんな中、こちらは「ストライク」も取れない方のトピック。


野村監督、楽天名誉監督就任へ



bsh0910250504006-p2.jpg



♪もう…終わり〜だね〜






以下、サンスポより。


今季限りで退任する楽天の野村克也監督は25日、
球団から要請されている名誉監督の就任について
断る理由はない」と話し、前向きな姿勢を示した。
 
楽天は24日に日本ハムに敗れ、
パ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージで敗退した。
野村監督は最後の指揮から一夜明けたこの日、
新千歳空港で取材に応じた。ユニホームを脱いだ心境については
だいぶ前に通告されていたから、心の整理はできている
と話した。
 
楽天の三木谷浩史会長からは
「何をやってもいいと言われた」そうで

名誉監督になっても解説や評論などの活動に支障はないという。
「年は取っているけど、体は元気。
 おれから野球を取ったら、何も残らないよ
と、変わらない野球への愛情を語った。





…受けるんか〜い!


あれだけ啖呵きっておいて
素直に名誉監督に収まるとは…少しガッカリ。


他にも解説とか、テレビ出演とか、講演とか行けるんだから
ここは野球人としてプライド通して欲しかったなぁ



しかし、どうも、楽天という会社は、
スポーツビジネスに真摯に取り組んでいるとは思えません
サッカーのヴィッセル神戸にしたって、
日和見な監督人事に、ウケ狙いかと思うような選手招聘など…。

んでゴールデンイーグルスを見ても、
初年度、明らかに他所に劣る戦力での戦いを強いられ
予想通り最下位に沈んだ際の指揮官・田尾氏に1年でクビを通告。
今回のノムさんについては、
今年で契約満了という基本路線はあったにせよ
CS進出に至り士気も盛り上がる時期に、
再度、来季の契約の話をマスコミにリークするなど、
現場の人間と応援するファンをバカにしているとしか思えない所行。



元・銀行員の会長は、
お金の計算を軸にしたビジネスは得意なのでしょう
しかし、そこから多くの人々のココロに訴えなければならない
スポーツビジネスの根幹
をお解りでないように思えます。




…んで、次の監督が、前広島カープ監督のブラウン氏
言っちゃ悪いですけど、この方、広島で結果残せなかった人ですよ
どの選手を育てた、ってのも言えないしね。

どうせなら、東北から近い
北海道出身である元ヤクルトの若松氏とか、
(実際、ヤクルト時代もノムさんの後を受け継いだし)
人気が欲しいなら元読売の江川氏とかでもいいじゃない。
(絶対ナ◯ハタとは言わない)

緻密な戦力を4年かけて浸透させて、やっとCSまで出たチーム
指揮を執るのに相応しい人材は他にいるかと思いますが…



この人事も、いろんな意味で“楽天的”ってことね




繰り返しのオチ、すまぬ。





それでは、また。
花巻東高校の菊地くん、国内チームに決めたみたい
顔だけ見たら、絶対阪神だよね(笑)

他人の進路、心配してる場合じゃねえなと
今さらながら思った寅でした。






posted by 天八亭寅次郎 at 10:44| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

あしたがすき









もう35年も生きてる訳ですが、
幾つになっても女性の気持ちってやつは解りません
気のないフリして待ってたり、気のあるフリして他所へ行ったり…
「ドラゴンボール」に出てくる“スカウタ―”みたいなやつで
ピピピッと気持ちが解ればいいのにな。
でも、そうなったらそうなったで、失意の毎日かも知れない。



そんな中、女性を手玉に取る人のトピック。



火野正平、高橋かおりとベッドシーン?


gnj0910230504010-p6.jpg


“色男”は、まだまだ現役。







以下、サンスポより。

女優、高橋かおり(34)が22日、
都内で開かれたフジテレビ系主演昼ドラ
Xmasの奇蹟」(月〜金曜後1・30)の制作会見に出席し、
台本を読んで号泣しました
と感動ストーリーをアピールした。
 
亡くなった恋人の面影を年下の青年に見て揺れ動く切ない物語。
上司役の火野正平(60)は
高橋クンとベッドシーンがある
と暴露し、「今初めて聞いた」と高橋は仰天。
かつてプレーボーイと名をはせた火野の
個人的にベッドシーンのリハーサルを
という言葉に、高橋は「アハハハ」とごまかして?いた。




こういうこと言えるの、スゴいな!

やはり、初っ端から核心をスバンと突いていった方が
相手のココロにも響くってことですかね、吉田ジョージ社長?


いかんせん、毎度毎度、良い人止まりなんだよな〜。
あ〜あ、俺もベッドシーンやりてえ!


それはさておき、ヒロインの高橋さん。
大林宣彦監督の映画「あした」に主演
オールヌードになるなど体当たりの演技を披露するも、
オイシいところは当時の新人・宝生舞に全部持っていかれるという
憂き目に遭ってからも、着々と仕事をこなされて
今も活躍されているのですなぁ。

というのも、わたし、昔っからこの方の「顔」が好きで、
何かと注目しておった訳です。


そこに現れた刺客・火野正平
芸能史に燦然と輝く「プレイボーイ」でございます
う〜む、難敵。

どうやら、まだ独身の高橋さん。
変なことにならないことを願ってやみません
過去の作品よろしく、
『あした』がある立場でございますからね!
女優として、女性として。





それでは、また。
ほんま…“あした”はどっちだ…。
寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:17| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

空気、読めましぇん。








唐突で恐縮ですが、
昨夜、深夜のTVを観ていたところ、
(ま、テレ東の「ゴットタン」なんですけど)
すっごいキャラクターの女の子が暴れてました。



2709552424_dc0708f68a.jpg




谷桃子です!







元猿岩石の有吉曰く
「ほ乳類最悪」というレベルの“KY”ぶりで、
全く似ていないモノマネを皮切りに、
突然、テレビカメラ(1000万円相当)にモノを投げ
番組内のゲームでも全く趣旨違いの動きをするという…
もちろん、それ“込み”の企画なんですけど)


ただね、彼女、すごい美人なんですよ
「美人」というカテゴリーだけではTV的には売りにくいから
無理くり、こんなキャラをつけちゃったのかも知れない
そこに“演出”がないとしたら、
天はタレントとしてはスゴい二物を与えましたよ、これ。


しかし、こんなすげえキャラに今まで気付いてなかったな〜。
いかに、ここ何ヶ月か、
ちゃんとTVを観られてなかったかを実感しましたよ。

おぎやはぎのどちらかが言ってたみたいですが、
“KY”も、あれだけ振り切れてたら面白い!

遅ればせながら、谷桃子、注目していきます。





そんな中、こちらは「空気読めてるのかな?」なトピック。



桂三枝、鳩山首相を表敬


sha0910220500001-n1.jpg



「いらっしゃ〜い」って
来たのはアナタの方です。






以下、サンスポより。


鳩山由紀夫首相(62)は21日、官邸の応接室で、
落語家の桂三枝さん(66)の表敬を受けた。
三枝さんの大ファンである首相の招き。
首相が「お会いしたかったんですよ」と笑顔で話し掛けると
三枝さんは「いらっしゃーい」と得意のギャグで応じた
手土産のハトの人形焼きを受け取った首相は
ハト食っちゃって良いんですか!?」とご機嫌。
三枝さんは
総理とかけて浅草の人形焼きと解く
と謎掛けした上で、
鳩の中には良いあん(案)がいっぱい
と“落ち”を書いた色紙を渡し、笑いを誘っていた。






良い“あん”…きっと、無いと思うぞ〜もうやだ〜(悲しい顔)



理想満載のマニフェストの実現に向けて
各大臣が頑張ってるのは解りますが、
いま国民が求めているもの、
いま国に必要なものを見つめる眼力を持っていただきたい。


ダムや空港も大事ですが、
一番先にやるべきは雇用・景気問題でしょう。
ほんと、速やかに何か画期的な手を打たないと、
大企業以外は干上がってしまいますよ!



サニー師匠の謎掛けで行くと、

総理とかけて浅草の人形焼きと解く

そのこころは…

早く手を動かさないと、焦げ付いちゃうぞ!



…およよふらふら






それでは、また。
周りの空気とか、そういったものが気にならない
太いハートが欲しい寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:19| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

懲りずに、またやるん邪ぁ…速報









大仁田厚、長崎県知事に立候補か



以下、サンスポより。


来年2月投開票予定の
長崎県知事選に出馬する意向と一部で報じられた
プロレスラーで元参院議員の大仁田厚氏(51)が20日、
自身のブログで知事選について言及。
明言は避けながらも、出馬への意欲をにじませた
 
大仁田氏は3年前に父親を亡くしたことを機に、
故郷・長崎に頻繁に帰るようになったと告白。
友人や地元住民らと地方の抱える問題点を語るうち、
このままでは地方はボロボロになってしまう
と危機感を抱くようになったという。
 
出馬については
パフォーマンスや目立ちたがりの自分を捨てて
 謙虚に冷静に考えないと、まわりの人に迷惑をかける

と述べ、周囲の意見を踏まえて判断する姿勢を強調。
地元密着型の政治家として新党大地の鈴木宗男代表の名を挙げ、
近日中に話を聞きに行くことを明らかにした。





…なんだ、解ってんじゃん。自分の性格。

しかし、パフォーマンスや目立ちたがりの自分を捨て、
謙虚に冷静に考えた結果が「知事選立候補」なのでしょうか




ご自身の知名度や能力を考えて、長崎のためになりたいのならば、
知事になることよりも、稼業であるプロレスを軸とした興行の方が
まだ近道なのではないでしょうかね?



地方の低迷、それは国にとっても重大な問題ですが
長崎の場合は、それだけに留まりません
朝日新聞などは報じていないかも知れませんが、
ホントに長崎を起点に、
日本という国が、他民族に乗っ取られるかもしれないという危機
すぐ目の前まで来ているのです。
「外国人参政権」を推す民主党政権は、この怖さを解っていない。


ゴシップ絡みで中央の政治から逃げた男が
国家の危機さえ招きかねない事態を孕む自治体のピンチに立ち向かえるのか?

プロレスは「邪道」で通せても、
行政は「王道」でなければ困るんです。




悪いことは言わないから、
長崎のご当地タレントとして頑張ってください。
ラベル:大仁田厚
posted by 天八亭寅次郎 at 13:28| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十分非力だ辣腕ヨシキ











常磐貴子さんがご結婚なさるそうですな
「衝撃のブレイク」から15年ぐらいでしょうか、
以降、人気女優の名を欲しいままに成長し、
今や押しも押されぬ大女優となった常磐さん

ご結婚を機に、また演技に磨きがかかることでしょう。


しかし「悪魔のKISS」第3話を、
ビデオテープのツメを折って保存していた
ぐらい
ファンだった寅としては、ちょっと切ない気持ちもありますな。

ああ、涙、涙、みたいな。




そんな今日の「泣いちゃった」トピック。



YOSHIKI、『ATOM』に涙





以下、サンスポより。


ロックバンド「X JAPAN」リーダーのYOSHIKIが、
米ロサンゼルスのチャイニーズ・シアターで
19日夜(日本時間20日昼)に開かれた
アニメ映画「ATOM」のプレミア上映会に出席した。
 
米・香港合作で手塚治虫氏の名作
「鉄腕アトム」をCGアニメ化し、日本で公開中
YOSHIKIは音楽を担当する予定だったが、
7月に頸椎(けいつい)椎間孔切除手術を受けたため辞退した。

鉄腕アトムで育ったのでアトムを米国で見ることができてうれしい
(映画を見て)思わず泣いてしまいました

と感激に浸っていた。





いや〜アトムから、何を学んだんだか(笑)

どこでも「参加する予定」で辞退するのがお得意な御仁

もはや存在自体が都市伝説かも知れませんな。



アトムはハートのあるロボットで、
ヨシキはすぐトラブルを起こす人間


あなたは、どちらに“温もり”を感じますか?(笑)




ともあれ、すぐ病気になったり、倒れたりするYOSHIKIさん
充分なお金持ちですが、それでも手に入らないのは
アトムよろしく“鋼のようなボディ”かもしれませんな





それでは、また。
10万馬力もジェット噴射も要らない。
欲しいのは“ときめき”。寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:36| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

気球に乗らず、どこまでも







時には何故か大空に、旅してみたくなるものですが…

そんな中、こんなトピック。

米の気球少年、“やらせ”だった




以下、サンスポより。


米コロラド州で15日に起きた6歳男児の気球騒動について、
地元保安官は18日、世間の注目を集めるため
男児の両親が中心となって一家で仕組んだ
「やらせ」だったと発表した。


米メディアによると、
保安官は、素人が主人公として出演する「リアリティー番組」
男児ファルコン君の父リチャード・ヒーン氏(48)、
妻のマユミさん(36)が
騒ぎを売り込むつもりだったことを裏付ける証拠があると指摘
「車庫の屋根裏に隠れていた」とされたファルコン君が、
自宅近くの公園で遊んでいたことなども判明した。
 
保安官は、
リチャード氏夫妻が演技指導学校で出会ったことを明らかにし
「彼らは役者さ。われわれもメディアものせられたよ
と皮肉った。







どこの国にも、バカな奴はいるもんだと言うのは簡単ですが、
気になるのは、テレビ局もグルだったのでは?ということ。

嘘をついていたことも良くないですし、
子供を危険な目に遭わせた(という演出)という点で、
児童虐待的な要素を孕んでいるように思われ
これは局としての姿勢も問われるような気がします。

…まさか、これTBSの話じゃないよね(笑)




日本でも、いわゆる「大家族モノ」のような
ドキュメント風の番組が散見されますが、
あれも、かなり“やらせ”の要素を孕んでいると、ネットではもっぱらの噂
出演する大家族には多額のギャラが支払われるなど、
「“ドキュメント”という名のフィクション」と化している部分はありますな


ま、視聴者も刺激に飢え、より過激なものを求める節もあります。
それを満たすべく、過剰な演出が行われるのかも知れませんが
そろそろ浮ついた企画ではなく、「芯」のある番組づくりを目指して欲しい


あの円盤形の気球が空を彷徨う様子は
あたかも、今のメディアの姿を形容しているように見えました。






それでは、また。
でも、そんな番組、観ちゃうんだよね。
どうすりゃ、知的になれるんだか。
寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:47| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

なんてったってアイドル








なんか今年は大物が天に召されることが多いのですが、
この週末にもフォーク・クルセダーズの加藤和彦さん
んで今朝のニュースではロス・プリモスの森聖二さんがご逝去

加藤さんは
サディスティック・ミカ・バンドで広い世代に知られた方でしたし、
ロス・プリモスと言えば、
あの伝説のコント「ラブユー貧乏」の元ネタでもある
ヒット曲「ラブユー東京」で有名ですな。
(他にも名曲ずらり)

時代を創った方々が、次々と亡くなっていく今年、
何か不穏な未来への警告のように思えてなりません

ただ、ただ、合掌。




一方、こちらは“蘇った”方のトピック。


長山洋子、16年ぶりにアイドル復活



gnj0910190504007-p1.jpg




“アイドル”…ですか…








以下、サンスポより。


演歌歌手、長山洋子(41)がデビュー25周年を記念して
16年ぶりにアイドル歌手として復活
18日、都内のスタジオで公開収録を行った。
 
太ももがのぞく超ミニにコートをはおって登場した長山は、
アイドル時代の代表曲「ヴィーナス(86年)を
ダンシングしながら熱唱
「演歌でデビューする予定だったので(当時は)居心地が悪かった」
と振り返り、
「5年前にアイドル時代の歌を歌ったらすごい反響があって、
 機会があればまたやりたかった」。





ええ、アイドル時代、覚えてますよ
大映テレビ制作のドラマとかにも出ましたよね。
NHK「レッツゴー・ヤング」に登場する
サンデーズのメンバーとしても活躍してたんですよね。
時代、やなぁ…。



しかし「“アイドル歌手”として復活」というのは、
ちとニュアンスが違うような気がする

確かに、デビュー当初はアイドル歌手で、ヒット曲もありましたが、
現在は演歌歌手、つまりは大人の歌手として活動している訳です。

「アイドル」というのは、いわば思春期頃の男女に対して
歌手自身の、ある種“性的”な部分をディフォルメすること
(要は、女の子がフリフリの衣装を着たり、
 男がビリビリのGジャンを着たりしてる感じね)
によって、一般視聴者の支持を得ようとする「戦略」のことではないかと。

かつ「アイドル」をアイドルたらしめるのは
その「戦略」的な姿や楽曲の世界観により、
一般のファンが演者を「アイドルである」と認めている部分が必要ではないかと。

今日からアタシ、アイドルです揺れるハート

って成立するのではなく、あくまでファンあってのこと。
上記の「戦略」的な部分に共感する聴衆がいてこその“アイドル”であり、
「自称・アイドル」は「アイドル」ではないような…

※そういう意味では、昨今流行の「地下アイドル」は“アイドル”だけど、
 「鉄ドル」など「◯◯ドル」って切り口で売り出してる人達は
 少しズレているように思う。



…で、話は戻って、長山さん。

「アイドル時代の楽曲を熱唱」なら正解なんですけど

アイドル歌手として復活

と言い切ってしまうのは、いかがなものかと
(長山さん自身が言ってる訳ではないから、サンスポ記者に対して)


ま、かつてのファンたちが集まって、

やっぱり、洋子ちゃんは、俺たちの“ヴィーナス”だぁ!

って言ってるのなら、それはそれでいいのかも知れませんがね





それでは、また。
現在、どちらかと言えば「アイドル状態」
「idol」ではなく「idle」の方ね。
アイドリング・ストップしたい、寅でした。


ラベル:長山洋子
posted by 天八亭寅次郎 at 10:48| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

TBSが、またやりました。







人間、長いこと生きてると、
自分では解っていても、
他人に言われたくないこと
ってのがありますな。

言った人にしてみれば他愛のないことでも、
当事者にしてみりゃ、
人格を否定されるぐらい傷つくこともあります


だもんで、日頃から発言には気をつけなきゃと思う一方、
言いたいことが言えなくなってる現状もあり…。




そんな中、こちらも
聞かれたくないことを聞かれた人のトピック。




サッカー・岡田監督、TBS取材拒否の理由を説明



以下、サンスポより。


日本サッカー協会の松田薫二広報部長は15日、
前夜の日本代表−トーゴ代表の試合直後
岡田武史監督が中継局TBSに対し
異例のインタビュー拒否をした
ことについて、
4日に放送された同局のサッカー番組での
同監督への質問内容に「遺憾な部分があった」のが理由
と説明した。

(中略)

番組では一般ファンの質問を岡田監督にぶつけるコーナーがあり、
1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会の日本代表から
三浦知良(現横浜FC)を外した理由
を問う質問もあった。
松田部長は
「選手選考は監督の専任事項という確固たる信念があり、
 それを監督に当てたこと」
が、監督の不快感を招いたと説明した。





問題の番組「スーパーサッカー」は生放送なので、
メールかFAXで質問を募ったか、
収録現場にファンを集めたのかと思いました。
つまり「生放送ゆえの“事故”」ではないかと


んで、ちとYouTubeで検索したところ、
出て来たのが、これ


あくまで「ファンからの質問」っていう体裁になってますが、
ファンの声をきっちり編集した上で、
インタビュアーである元日本代表の小倉隆史氏が訊いてます


それを受けて岡田監督、一応回答はしてますが
千回以上言っている
もう、こんな番組出ねえ
とコメント。



ま、聞きたい心理は解らなくもないですが、
今回のインタビューは、
あくまで南アフリカ大会への抱負を聞くべきであり、
10年以上前の選手人事の話を蒸し返してどうするのだろう

少なくとも、
日本代表監督の立場にないときに聞くべきだったのでは?


聞かされたオグも可哀想ですよ、これ。
聞いた瞬間「…すみません」って言ってるし、
明らかに番組側に用意された質問ですからね。


オウム報道における「失態」は言わずもがな、
スポーツ報道においても、
我が愛しの膳場貴子キャスターに
「石川遼選手にラブレターを届ける」という恥をかかせたり
今回も岡田監督にケンカを売る始末…


別にTBSが嫌いな訳ではないんですよ、ほんとに。
でも、これだけ次から次に失態を重ねるのって、
現場や上層部に危機感がないことの表れでしょ?




ま、岡ちゃんも、多少大人気ないかな…という気もしなくはないですが、
こうして取材陣から外されることで
自身の持つ「責任」の重さを感じてみたら良いのでは?


岡ちゃん風に言えば

外れるのは、カス…TBSってことで






それでは、また。
あれから11年、まだ現役でやってるカズは、やっぱりスゴい。
「Jリーグバブル」はハジけたけれど、
やっぱり日本代表は気になる寅でした。
TOTOでもやってみるか、競馬も当たらないし
posted by 天八亭寅次郎 at 11:31| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

秋の嵐、いろいろ










とうとうオリックスの来季監督は岡田さんに決まったようで。
選手時代の最後の年を過ごしたチームで、
かつ指導者としての基礎を学んだ故仰木監督への恩返しとして
このチームの采配を振るのは必然なのかもしれません

しかし、タイガースでの成功は
1軍監督就任前に、2軍監督時代や1軍コーチ時代から
長い時間をかけて若い選手を育てたからこそのもの

オリックス球団よ、1年やそこらで解任したら承知せんぞ




そんな野球界から、サプライズなトピック。

吉田えり選手、DVD発売


gnj0910150508018-p1.jpg



ユニフォームを脱いだ、オンナのわたし…







以下、サンスポより。


ナックル姫、グラビアデビュー!! 
女子初のプロ野球選手で、
関西独立リーグ・神戸9クルーズを今月退団した
吉田えり投手(17)が、12月16日にDVD
吉田えり 17歳 職業・プロ野球選手」(税込価格3990円)
を発売することが14日、分かった。
シックなドレスや浴衣姿を初披露した吉田は、
生まれて初めてお化粧したり、大人の女性に変身しました
 少し恥ずかしいけど、見てください
と初々しくPRしている。





う〜〜ん!

…これは、コメントに困る。


いやね、いやね、カワイイとは思うんですよ
でもね、でもね、それって

ユニフォーム着ててナンボではないかと!


ところで、来季はどうなさるのでしょうか?
せっかく、ここまでの知名度を得られた訳ですから
学生野球へ戻るなり、別のクラブチームへ入るなり、

周りのオトナが導いてあげてくださいよ!

このままじゃ、
彼女の決め球よろしく、行き先が全く予測できないではないか

“悪いオトナ”に引っかかった典型ということで。




次は、コメントしやすいトピック。


明石家さんま、嵐と共演




同じく、以下、サンスポより。


TBS系「ひみつの嵐ちゃん! 秋の2時間スペシャル
(22日放送、後9・0、毎週木曜後10・0)で
嵐とタレント、明石家さんま(54)が初共演することが
14日、分かった。
 
結成10周年の嵐だが、
意外にもメンバー全員でさんまとトークを行うのは初
お笑い界の元祖モテ男と繰り広げるのは
さんまvs嵐 イイ男ランキング!!」。
上戸彩(24)、戸田恵梨香(21)、
ベッキー(25)、綾瀬はるか(24)の大物美女たちに
“男の格付け”をされる熱いバトルだ




企画の内容はともかくとして、
さんま師匠とジャニーズのグループと言えば、
クリスマス時期に日テレで放送してるSMAPとの番組が代表的

しかし、もうマンネリなんですよね!



という意味では、まだ若手の臭いがして
下手な芸人よりも“ギラギラ感”がある嵐との共演の方が
さんま師匠的にもプラスに働きそう。


なんか「寅はジャニーズ嫌い」だと思われてる方が多いのですが、
全然、そんなことはありませんよ!
寅のiPodには、嵐のベスト盤だけは入っております。
歌もそれなりに上手く、それぞれの得意分野で才能を発揮し、
そして「嫌みがない」ところが嵐のイイところです

なんか、いるじゃないですか?
いつも同じ芝居しかできず、メンバーの半分が音痴で、
“笑い”を解ってるつもりで、思い切りスベってるくせに、
いつまでも大物ヅラしてるグループ。

そんなのと比べたら、
嵐の方が全然魅力的に見える訳ですよ、ええ。


そこと絡むからには、
さんま師匠も番組で大暴れしていただいて、
つまらない特番シーズンに“嵐”を巻き起こしてもらいたい!



…さぁて、仕事すっか。





それでは、また。
女子アナ好きの自分として、
イチオシだったABC・堀アナが阪神の林選手と熱愛発覚!?
という情報をキャッチして、かなりガッカリ。
「虎バン」の彼女ですから、
選手と距離が近くなるだろうし、恋愛してくれても構わないですが、
もうちょっと勢いのある若手を捕まえられなかったか…。
がっくし。


…てな訳で、やっぱり、
先日ご紹介した
関西テレビの高橋真理恵アナを1位指名したい寅でした。


1280127593_164.jpg



きゃぴぴかぴか(新しい)きゃぴぴかぴか(新しい)









…あ、今ならテレ東の松丸アナもツボです。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

聴かないと、逮捕しちゃうぞ♪







昨夜、十一十三アニキと店のテレビを観ておりますと、
くり〜む・上田が司会で、
芸能人の家を訪ねる、みたいな番組がやっていました。

何か在り来たりな展開で、くすりとも笑えない番組

寅 「これって、TBSですかね?

十三「日テレやで…
   寅さん、オモロない番組、全部TBSやと思ってるやろ!?


と、意外な思考が明らかに寅です。




そんな今日の、何ともよく解らないトピック。


秋元康、今度は“元・刑事”をプロデュース



gnj0910140503007-p4.jpg



なんか、’60年代の臭いがする







以下、サンスポより。


刑事から演歌歌手へ華麗に転身! 
元大阪府警刑事の中谷満男(62)が、
おニャン子クラブ、AKB48などアイドル仕掛け人の
作詞家、秋元康氏(53)のプロデュースで
歌手デビューすることが13日、分かった。
2432人が応募した
50歳以上の歌手オーディションに合格した中谷は
「同世代に夢と希望と元気を与えます」
と奮起。21日発売のデビュー曲
「浪花刑事ブルース」でアラ還のホシを追う!





“黒人演歌歌手”さえヒットさせちゃう秋元康氏ですから、
「元・刑事」でも売れるんでしょうかね…。

もっとも、ジェロくんの場合は、
「黒人」という“看板”だけでなく、
歌手としての実力が伴っていたから成功した

という点を無視してはいけません。

そこを言うと、今回の元・刑事さんはどうなのでしょう?
聴いてみないと、何とも言えませんがねぇ。



しかし、このような“看板”がないと、歌も売れない時代

寅が思うに、「名曲」と呼ばれる歌は
その旋律や歌詞から、
リアルな情景が浮かんでくるようなものだと思います。
特に演歌はその傾向が強いもので、
「酒・港・涙・女」を歌ったものが多いのは、
そういった“共感”を狙ったものでしょう
そして、そういう時代だった訳で

時は流れて21世紀、
失恋のショックぐらいで上野発の夜行列車に乗る女性などいなくなり
砂漠のような街も東京だけではなくなりました

しかし、演歌界だけは相変わらず昔の世界観を引きずっているので
かつてのような大ヒットを生み出せなくなりました
ここ10年、
本当の意味で売れたのは氷川きよしとジェロぐらいでしょう。
いずれも企画とプロモーションで売れた2人。


その辺を理解してるプロデューサーが放つ、次なる企画は、
そんな「本物がいない時代」を“ケイジ”しているように思えます。





それでは、また。
この「元・刑事」さんのレコード。
カップリングの「愛の時効」の方が気になる
愛の迷い子・寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

♪胸につけてるマークは“偽善”

よく「善悪」だなんて口にしますが、
実は、それらは表裏一体のもので、
こちらが「善」と思ってるものでも、他方にとっては「悪」にもなり得る。
自国の国益を守るために「軍隊」は必要だと、
こちらは当たり前のこととして考えていても、
「いや!戦争はイケナイことだから、軍隊を持っちゃダメなの!」
という思想をお持ちの方にとっては、それは悪しき考え方とされてしまう。

ま、いろんな考え方があるからこそ人間社会は成立し、
かつそれを認めなければ発展しないのかも知れませんが、
「国益」という一つの尺度で現在の日本を見渡せば、
捨てるべき思想や体制が山積しているように思うのですが…
寅だけですかねぇ、そう思うのは。



そんな中、呑気な人のトピック。


小泉純一郎氏、ウルトラ声優に


gnj0910130808013-n1.jpg



ウルトラマンに囚われた
“お座敷ライオン”








以下、サンスポより。

小泉純一郎元首相(67)が日本を代表する特撮ヒーロー映画
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説
(坂本浩一監督、12月12日公開)
で声優デビューすることが12日、分かった。
御多分にもれず、子供時代はウルトラマンファンだった次男、
小泉進次郎衆院議員(28)のススメで、オファーを快諾。
長老・ウルトラマンキング役で、
ウルトラ戦士を前に演説するシーンを熱演した
 
「我々は、弱きものを助け、支えるため、
 これからも戦い続けなければならない。
 新たに立ちあがろう、光の国の勇士たちよ。
 平和と正義のために! 遙かなる全宇宙のために!
 
力強い声、説得力のある言葉…。
えーっ、純ちゃんが政界復帰!? 
と勘違いしてしまうほどの名演説だ。





呑気なのは、これを書いてる記者の方か…。


そろそろ気付けよ、日本人
日本人の財産である「郵貯」を外資に売り飛ばすための郵政民営化」、
そして「将来」を不安という色で染め上げた老人医療・福祉政策の数々など、
日本人の立場を貶めるようなことしかやってなかった首相ですよ


ウルトラマンは

光の国から ぼくらのために

戦ってくれる戦士ですが、
この人は、

ぼくらの国から光を奪った人なのでは?


…すげえミスキャストだと思う。




それでは、また。
ウルトラマンAとか、久しぶりにちゃんと観てみたいな。
特撮には疎い寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:25| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

辞めたらぁ!







この土日は「JTSギャングタウン」で2年ぶりの東京ロケ
やはり街の大きさと人の多さには、毎度圧倒されますな!
そんな中、おもろい映像とトークもバッチリ収録できましたので、
その模様は、またギャンタンの方でお楽しみください。




そんな中、こちらは“おもろない”方のトピック。



楽天・野村監督へ、正式に解任通告



bsh0910120506004-n1.jpg


野球やめたら、
ずっと嫁の傍におらなあかん…。







以下、サンスポより。


楽天・野村克也監督(74)が11日、
レギュラーシーズン最終戦のソフトバンク戦(Kスタ宮城)後、
島田亨オーナー兼球団社長(44)と仙台市内の球団事務所で会談。
監督として来季の契約を結ばないことを正式に通達された
同時にアドバイザー的役割を担う名誉監督の就任要請と、
背番号「19」を永久欠番としたい意向を伝えられたが、態度を保留した




球団史上最高の成績をあげながらも「年齢」を理由とした「解雇」
そこだけ見たら、確かに理不尽な人事ではあります

しかし、一方で
野村監督の指導法や言動に対して、良く思わない人間が多いのだとか
それはフロントのみならず、選手も例外ではなく、
今季の躍進は
野村監督に潔く“勇退”してもらうため
チームが一丸となった部分もあるようですな。


ただ、その野球理論は球界でも屈指の説得力と実績があり
その恩恵を受けての2位躍進であることは間違いない事実
この問題を、ここまで“ややこしく”したのは、
その功績に対して感謝や労いの姿勢を見せず、
数字や金だけで商売をしようとする親会社の思想にあるのでは。

4年かけて優勝争いに加われるチームに育て上げたことに対し、
球団は野村監督にもっと感謝や敬意を表すべきでしょう
たとえ今季限りで辞めてもらうにしても、
その伝え方、幕の引き方は、それなりのものを用意すべき
その配慮不足こそが、今回の騒動に至らしめた訳ですから。


スポーツビジネスでは、まだ実績の少ない楽天グループ
生身の選手を使って、生身の観客を楽しませるビジネスですから、
本業をやるように“楽天的”にお考えにならない方が良いのでは?

そのうち、不買運動が起こりますよ。





それでは、また。
タイガース、福原&林を放出へ

「絶対的エース」がいないタイガース
それを獲得するためには、この2人でも足りないかも。
でもね、外から獲ることよりも、
自前で育てること考えた方がいいんじゃない?
藤川球児だって、自前で育てたじゃないですか。
今季だって、能見が育って結果を残したように。


どうも、近年のタイガースの「読売化」が気持ち悪く思える寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:49| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

誰のせい、とか言わず

本日、これから上京致しますので、手短に。


タイガース、4位でペナントレース終了



bsb0910100505012-n1.jpg



「ここしかない」という好機に
金本アニキ、痛恨の凡打。






以下、サンスポより。


神宮の夜空に、力ない白球がフラリと舞い上がった。
七回。1点を返し、なお二死満塁。
石川の初球103キロを振り抜いた4番・金本の打球は
虎党の悲鳴と燕ファンの祈りが交錯する中、
すっぽりとキャッチャーミットにおさまった
コブシを握る捕手・川本と、顔をしかめて立ち尽くす主砲…。
無情のコントラストが、CSをかけた最終決戦の明暗を、分けた。




ともあれ、タイガースの今シーズンは終了。

思えば、次期エース・岩田のケガによる出遅れから始まり、
鳥谷・新井の不振台頭すべき若手の停滞
シーズン終盤には赤星の大ケガ、そして最後は金本の不振

負けるべくして負けたのかも知れない。


何かと「戦犯」を作りたがるマスコミ
真弓監督はもちろん、金本や新井に怒りの矛先を向けるだろう
でも、それは違うと思う。

本当の問題は、やはり世代交代

今季、捕手・矢野の代役としてスタートし、
きっちりシーズンを全うした狩野のように、
レギュラーを脅かす若手が出てこなきゃいけない
林・桜井なんて、もうレギュラーになってなきゃいけないのに、
結局1軍半みたいな状況でシーズンを終えてしまったし、
あえて書かないけど、もっともっと若手が出てこなきゃ。

オールスター明けから鳥谷が急速に復調したのは、
自分の座を脅かす大和って存在があったからで、
投手陣なんかでも能見の台頭に焦って
岩田が持ち味を取り戻したところもあったと思うし…。


なんしか、来季に向けて「建設的な改革」をしてもらいたい
誰かのせいではなく、組織全体のせいなのだ




思えば、星野監督の初年度も4位、岡田監督の初年度も4位

逆に縁起が良いではないか!

つまり、両監督の流れに倣えば

来季は優勝ですよ!



それを信じて、寅はこれから東京へ行きます。


明日の毎日王冠を観戦に。


posted by 天八亭寅次郎 at 09:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

優秀な有終を…









今さらながらですが、

ほんと、阪神タイガースというチームは

ココ一番の勝負に弱い!


思えば、昨年は開幕から首位を独走…してたのに
夏の終わりに失速…13.5ゲーム差をひっくり返されての2位

そして今季、序盤からつまづいたものの、
オールスター明けから理想的なペースで勝ち星を重ね
故障者続出で失速したヤクルトをかわし、3位に浮上していたのに、
シーズン終了間際になってから、また失速…


そして、


タイガース、ミス連発で4位転落




以下、サンスポより。

序盤から雰囲気が重かった。真弓監督は
「プレッシャーというか、力みがあった」
硬さの抜けない阪神は完敗。
自力でクライマックスシリーズに進む可能性が消えた
 
まずは守り。三回1死二塁で、
青木のゴロを捕った新井が一塁に中途半端なバウンドの送球。
ブラゼルが後逸し、1点を先制された。
2死後、安藤はユウイチに適時二塁打を浴びた。
この大事なところでああいう(新井の)プレーが出ると、
 こういう結果になる

と久慈守備走塁コーチは顔をしかめた。
 
打線も館山の前にわずか5安打で、1カ月ぶりの零敗を喫した。





夏以降の快進撃は、
去年の悔しさをバネにしたものではなかったか?
何故、この期に及んで、そんなプレッシャーに…。

目標は「CS出場」じゃない、

「日本シリーズ出場」のはずだろ!



データ的には、自力でのCS出場がなくなったとか
でも、野球は何が起こるか解らない!
今日の試合、圧勝して有終を飾り、
ヤクルトが残りの2試合を戦う勇気を奪ってしまえ!

そう

虎の尾を踏んだことを後悔させてやるのだ!



…信じなきゃ、始まらないからね。




それでは、また。

『大学日本代表 vs NPB代表』開催決定


球界的には、こちらの方が重大ニュース。
マーくんvs“ハンカチ王子”の対決も見物!


佑ちゃん、タイガース来ないかな…。
似合わないか!

寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

「女の子の一番大切なもの」って何?








なんかね、サブカルの世界では
だいぶ前から「昭和回帰」が起こってると思うんですよ。
それも「80年代」の存在が、どんどん大きくなってきてる
ま、消費を支える世代がわてら世代へ移ってきた訳だから
それもまた必然ってことか。

そんな中、昭和を語る上で外せない方のトピック。


山口百恵、DVDで復活


gnj0910080506018-n1.jpg



♪さよなら〜のかわ〜りに〜







以下、サンスポより。


人気絶頂の1980年に引退した歌手、山口百恵さん(50)が
TBSの音楽番組「ザ・ベストテン」に出演した際の全映像が
DVDで12月16日に発売されることが7日、分かった。
ランクインした曲は全12曲で、出演回数は122回。
関係者によると、一歌手の一番組の出演シーンが
DVDにまとめられるのは日本歌謡史上初。




今や良質のコンテンツを創造することを諦めたTBSですが、
過去の貴重な資料を多数保有しているのが強み。
やはり「ザ・ベストテン」の映像はクオリティも高いでしょうね

そして百恵さん。
わてら世代より若干上の方々に支持されたスターですが、
薄らと記憶の片隅に、百恵さんが歌ってるイメージがあります。
やはり、圧倒的な存在感、そして透明感
松田聖子と中森明菜が束になってかかって敵うかどうか、みたいな?


楽曲のクオリティ、そして群を抜く歌唱力。
この時代を代表する、これぞ“本物”のエンタテインメントですよ
そういうことを、今の時代に伝える意味でも
このDVDには大きな意味がありそうです



ところで、
イメージ戦略には長けた百恵さんサイドですから
心配は無用かと思いますが、
くれぐれも

パチンコ屋ごときに、貴重な版権を売り飛ばさないようにね!

美空ひばり先生がパチンコになってしまった時点で
「日本のこころ」は死んだも同然なのだ。






それでは、また。
必ずしも懐古主義は良くないと思ってますが、
だって、わてらを満たしてくれる良質のタレントが現れないんだもの。
亀井静香センセイではないが、
良質のTVコンテンツが消えたのは大企業のせいだと思う寅でした。
ラベル:山口百恵
posted by 天八亭寅次郎 at 11:40| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

崖の淵のプニョ









北海道日本ハムがパ・リーグ制覇


もう優勝しても、驚きがない。
今や「パの名門」の雰囲気も漂う強いチームになりましたね
おめでとうございます。

投打のバランス、ソツのない小技、球際の強さ…
このチームが勝たない訳ないですなぁ
まだCSがありますが、「横綱相撲」でシレッと勝ち抜いてきそう。
要チェックでございます。

セ・リーグは読売が一応優勝をしましたが
CSでは一泡吹かせてやるぞ!
春に強かったチームより、秋に強かったチームが有利なのは
我がタイガースが一番知っていることなのだ!

…とは言え、まだCS出場も決まっていない崖っぷち…
接近する台風ぐらいの勢いを見せてもらいたいものですな。




そんな中、“崖っぷち”のトピック。


愛川ゆず季、“芸能界引退”の危機




gnj0910071037022-n1.jpg




夢は「ゆずポン」のCMに出ることです揺れるハート







以下、サンスポより。


グラビアアイドルの愛川ゆず季(26)が
芸能界引退の崖っぷちに立たされていることを7日、
自身のブログで発表した。
TBS系「崖っぷち」(火曜・深夜1時59分〜)の
番組内の企画で、新規で始めたブログを
3カ月で2000万アクセスに到達させないと
芸能界を強制引退することになる





な〜んか下品な企画!



たかがテレビ番組が、人の人生弄んで楽しむような…
「電波少年」とかでも思ったのですが、

アンタら何様なんだ?と言いたくなる。



もっとも、主役の愛川さんも26歳ですか…
グラビアアイドルとしては文字通り「崖っぷち」なのかも知れない
恐らく、事務所サイドが乗り気で受けた企画でしょう。
ちょっとネットで話題になれば、
3ヶ月で2000万アクセスは無理な数字ではないだろうし…
最悪「引退」になったとしても、芸名変えればいいじゃん

まぁ、しかし、下品だ



ところで、この番組を放送してるのは、毎度お馴染みのTBS

いっそ

視聴率20%超えなかったら放送免許を返還

なんてミッションにした方が良いのでは?



メディアとして、
本当に「崖っぷち」にいるのはTBSの方なんだから…。



ちなみに、件の愛川さんブログはこちら



それでは、また。
そう言えば、くまきりあさ美は、どうしてるんだろう?
俺も崖っぷち。寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:17| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

隠された邪心










先週末は両親の故郷である鹿児島へ行きまして、
会社員時代にできなかった墓参りなどをこなしてきました。
やはり、先祖というか、親族というか、
そういった“つながり”というものは大切にせにゃならんなと
改めて思い知った次第です。
どちらかと言えば、そういった人間関係は苦手だったりするのですが、
そういった意味でもオトナにならねばと。


そんな中、オトナも色々、なトピック。


梨元勝、“のりピー暴露本”出版


02418993.jpg




「恐縮です!」
って、アンタ全然恐縮してねえじゃねえか。






以下、デイリースポーツより。

芸能ジャーナリストの梨元勝氏(64)が、
著書「酒井法子 隠された素顔」(イースト・プレス刊)を
6日に緊急出版することになり4日、
デイリースポーツ東京本社に報告に訪れた。
酒井被告の失跡から9月17日の保釈&会見まで、
自身が主宰する芸能サイト
「梨元・芸能!裏ちゃんねる」の記事データに加え、
これまで公表されなかったネタをまとめたもの
梨元氏は
清純さと実像とのギャップ、素顔を明かす。
 今は芸能界の薬物撲滅の流れもある

と出版意図を語った。




近年、芸能事務所からテレビ局への“圧力”が強まり、
昔のようなスクープや取材ができなくなった
と、
テレビ局との契約解除の理由を語った梨本氏ですが、
何なんでしょうね〜この「後出しジャンケン」は

“たまたま”のりピーが捕まってくれたから、
これまでのネタのストックを整理して、蔵出ししただけでしょ?

加えて、

今は芸能界の薬物撲滅の流れもある



笑わせよんな〜!


それなら、何故J事務所のタレントが捕まったとき、
同じことをやらなかったんでしょうか

「芸能ジャーナリスト」だなんて大層な肩書きをつけてはりますが、
強い所には手を出さず、弱ってる所を徹底的に叩いて、金にする
やってることはヤ◯ザと同じ、「芸能ゴロ」ですよ、こんなん


「恐縮です!」が代名詞だった梨本さん、
大手事務所には「萎縮です!」ってなとこですかね




それでは、また。
…って言いながら、
それをネットで拾ってネタにしてる自分も
大して変わらないかと反省した寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:23| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。