2009年09月29日

変わっていいとも!

アイドルの逮捕だったり、女優の解雇だったり、
なんかこう〜キナ臭い話ばっかりで、げんなりしちゃいます

野球も、タイガースのショーもない負け方だったり、
オリックスの監督人事だったり、
なんだかな〜みたいな話ばっかりで、げんなりしちゃいます


そんな中、こちらも???なトピック。


ロンブー、『いいとも』レギュラーに


gnf0909290504001-n1.jpg



少なくとも“若手”ではないわな。







以下、サンスポより。


お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号田村淳(35)が、
交際中の一般女性と今月に入り破局していたことが28日、分かった。
東京・新宿アルタで行われた
フジテレビ系「笑っていいとも!」(月〜金曜正午)の
新レギュラー発表記者会見で、相方の田村亮(37)が暴露した。
 
選ばれた感想を問われた亮が
「結成17年目で、カメラに慣れてきたみたいでいい時期かな。
 淳クンも彼女と別れたばっかなので」
と爆弾発言。
この言葉に、普段はいじる側の淳も
「まだ、言ってねぇんだよ。
(レギュラー決定に)舞い上がっちゃってんじゃねぇよ!」
と動揺しまくりだった。





ま、カノジョうんぬんは、どうでもいいんですが、
芸歴17年目で冠レギュラーも数本こなす彼ら
今さら「いいとも」に抜擢する理由は何か? ということ。

ギャラだって安くないだろうし、
子供に見せたくない番組」(←くっだらねぇランキングですが)
でお馴染みの彼らを、あえてお昼の番組に起用する意図…。



もっとも、田村淳という人、
同世代の芸人の中でも、群を抜く“嗅覚”の持ち主だと思うんです
いわば島田紳助以上の“嗅覚”の持ち主ではないかと。
加えて、タレントとして、実に器用なんですな



もしかして…「ポスト・タモリ」?



タモリさんの後はS◯APの◯居を司会で、なんて話もあるそうですが、
あれだけ自己主張が強い割に、中身がないトークを繰り返す人に、
帯の番組の司会なんて務まる訳が無いんです。
ましてフジの12時台は“お笑い”って決まってるんだから、
アイドルは別の枠で歌って踊ってくれてりゃいいんです。



んで、「いいとも」ですが。
この番組のレギュラーは、やはり“お笑い”が務めるべき
いわば“お笑い界のユース代表”みたいになってなきゃいけない
過去を振り返っても思うんですよね。
ダウンタウンにウンナン、ナイナイだって
「いいとも」からスターになったし、
それを育てる土壌もある。


このベストメンバーを考えるだけで、一晩飲めそうですな(笑)




ともかく、秋改編でメンバーが入れ替わる「いいとも」。
“笑い”でつながる「友達の輪」を守り続けてもらいたいものです。





それでは、また。
メッセンジャー黒田とか、そろそろ東京の深夜でもいいんじゃない?
と密かに期待している寅でした。




posted by 天八亭寅次郎 at 10:32| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

オトコの子になりたい…速報

元男闘呼組・成田昭次、大麻で逮捕



以下、サンスポより。


元男闘呼組のギタリスト・成田昭次容疑者(41)が28日、
大麻取締法違反(所持)の疑い
警視庁渋谷署に現行犯逮捕されていたことがわかった
捜査関係者が明らかにした。
 
逮捕容疑は27日夜、
東京渋谷区の自宅で、乾燥大麻数グラムを隠し持っていた疑い。
 
男闘呼組は男性4人によるユニット。
メンバーは高橋一也(40)、前田耕陽(41)、岡本健一(40)。
映画『ロックよ、静かに流れよ』(88年公開)
などに出演し話題を呼んだ。
88年に、シングル「DAYBREAK」で歌手デビュー。
日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞した
TIME ZONE」で一躍トップアイドルの仲間入りを果たした。
93年に解散後、
成田容疑者は単独でライブハウスなどを中心に音楽活動を展開していた





あーあ。見っかっちゃった。


彼を除く3人は、役者として、または関西ローカルタレントとして
活動しているのは目にしていたんですが、
成田くんだけは、頑にミュージシャンを続けていたんですね

んで、大麻やって捕まるとは、なんてロックな!(←偏見)




今年は、芸能人の死去と逮捕が相次いでますな
残り3ヶ月、まだまだ出てくるかも。逮捕者


ギョーカイの薬物汚染が、
さらに明るみになる「Daybreak(夜明け)」となるのかしら


タグ:男闘呼組
posted by 天八亭寅次郎 at 13:38| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出すぜ、3年前のマルセイユ 〜帰って来た恋〜

寅の身近には色んな“飲み友達”がいらっしゃいまして
飲むと深い話になったり、染みる話になったり、はたまた笑い話になったりと、
ほんと、いつも勉強させていただいております。


そんな中、先日、1年ぶりぐらいにご一緒した姉さんは、
なにやら霊感的なものがある(自称)とかで、
前回も「寅くん、もうすぐカノジョできるわよ」とぬか喜びをさせた
悪い人なんですが…
先日、バーで一緒に飲んでいると…

寅くん、アナタ、おじいさんのお墓参り、行ってないでしょ?
 それも、父方の!?


という、怖いぐらいピンポイントの指摘をされました。
もっとも、母方のお墓参りも行けてないのですが…。

と言うのも、寅の両親は、共に鹿児島出身
そうそう通える距離には無いもので、
大学時代を最後に、足を踏み入れてなかったのです。
つまり15年も、無沙汰にしていた訳ですわ

せっかくフリーランスになり、時間の余裕もできた。
お金は苦しいけれども、祖父の法事もこれで最後とのことなので、
久しぶりに鹿児島へ“帰郷”することと相成りました



ところで、鹿児島と言えば…
ちょっと前まで「いちばんホットな“地方”」だった宮崎県の隣県。
寅にとっての宮崎は、
3年ほど前、胸を焦がした女性・ゆうこりんが住む街なのです



※“ゆうこりん”シリーズは、こちらを参照

衝撃の出会い


浮かれる男


そして、別れ…




そんな時代もあったねと、話せる日が来た今日この頃。

“帰郷”にあたり、格安航空券を手配したのですが、
どうやら空港近くのビジネスホテルに泊まらなくてはならないようで…。
んで、鹿児島空港界隈には、

寅が夜を謳歌できるような施設が無い!

(法事で帰る奴が、何を言っているのだ)


そこで、ふと思ったこと…。


ゆうこりんは、今どうしているのか!?



思いきって、3年ぶりにメールをしてみました
近況報告と“帰郷”の旨、
そして何より「寅のこと、覚えてる?」ってこと。


…すると、ほどなく、こんな返信が。



お久しぶりです。
もちろん、寅さんのこと、覚えてますよ!
覚えていただいていて、光栄です!
鹿児島へは、いついらっしゃるんですか?




行間から、その言葉が社交辞令ではないと解る。
今週末に行くことを返信すると…


その日は、時間の都合がつかなくて、行けないです。
ごめんなさい。
でも、11月に三重県に引っ越すことになったので、
その時に、お会いできると思います。




そうだよね…急に言われても、無理だよね…。
まぁ、でも覚えてくれてて良か…



三重に引越だぁ!?



大阪から三重なら、そんなに時間かからないぞ!
近鉄特急で2時間ぐらいで行けたのでは?
昔、ロケハンで津まで行ったことあるぞ!


ん? 待てよ…。
年頃の女性が引越…それって、もしかして…

さらに彼女に問いかける。


もしかして、ご結婚?


ほどなく、返信が。


いえ、三重には仕事の都合で行くことになりました。
詳しいことは、お会いした時にお話ししますね。
引越の日取りが決まったら、ご連絡します。




良かった! 結婚じゃない!

しかも、こちらから何も言っていないのに、

会うことが前提の話になっている!!!!




そうだそうだ、3年前も飲み会をやろうと言う話だったのだ
なんなら、出会ったあの日に、
千里中央の居酒屋に連れて行きたかったぐらいだったのだ。


3年の沈黙を破り、ふたたび恋は動き出した




教訓

“ご無沙汰メール”から、蘇る恋もある
posted by 天八亭寅次郎 at 10:45| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 恋バナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

コメディという名の悲劇

フリーランスになりまして、時間の使い方にだいぶ余裕が出てきました。
なんつっても、
JTSギャングタウン」の編集が昼間にできるのはメリット。
これがために夜更けまで作業をしてたものですから…。
とはいえ、これをもってビジネスに変えていかなきゃ、意味ないじゃん。


そんな今日の「ビジネスに悩む」トピック。


前田五郎、吉本を提訴




gnd0925005-n1.jpg


一瞬、林家三平一門の方かと。






以下、サンスポより。


漫才師、前田五郎(67)が
所属していた吉本興業などに対して
慰謝料など計1億2000万円の損害賠償を求める訴え
24日、大阪地裁に起こした。
漫才師、中田カウス(60)の自宅に脅迫状が送りつけられた事件で、
前田いわく「犯人扱いされ、仕事を奪われた」ことが理由。
大阪市内で、15日に吉本から契約解消されて以来初めて会見し、
えん罪だけは晴らします
と声を荒らげた。





なんだかな〜。

“カウス事件に関しては”えん罪かも知れない。もしかしたらね。
根拠はないんですけれども、
吉本の上層部における、一連のトラブルに関して、
カウスさんが何かしらの役割を担っていたという話がありますから、
それを快く思わない人間は、社内外に複数いると思えるから。

ただ…過去の記憶を遡っても
五郎さんに関するイイ話とか、リスペクトする話とかないんですよね
悪口だけは深夜テレビなどでも、よく聞いたものですが


いずれにしても、
「出演自粛」や「契約解除」において
吉本側も法的に正当な手段を取らなかったのではないかと
だから、裁判なんかに持ち込まれる訳で…。
この辺は、下手をこいたのでは?



んで五郎さん。もうご隠居なさるのでしょうか?
もし、まだ舞台に上がりたい、漫才をしたいというのなら、
イイ相方、いますよ!


gnd0414001-n1.jpg


覚えてる? 俺のこと。







そう!
何を言ったか知らないが、
とにかく“干された男”としてお馴染みの北野誠氏。

方や吉本興業、方や◯ーニングという
共に巨大勢力に“つぶされた”者同士と言うことで


タブーズ



なんてコンビ名、いかがですか?


それで、ライブと称して
俺たち、コトの真相を暴露します!
なんて看板を掲げられたら、観に行きますよ!

きっと、「アサヒ芸能」とか「週刊実話」とかが取材に来ますよ
ゲストに大川興業とみうらじゅんを呼んで、
“サブカル”感を演出しましょう!


コメディNo.1は終わって、ダーティNo.1ってことで、ひとつ…。




それでは、また。
もうカウスボタンの漫才で笑えなくなっちゃった寅でした。
あの笑顔が、恐ろしく怖い。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

悔しいけれど

個人的には、いちばんしたくない話。

読売、セリーグ優勝



以下、サンスポより。


(セ・リーグ、巨人5-3中日、21回戦、巨人15勝6敗、23日、東京ドーム)
おめでとう。そして、ありがとう−。
2009年9月23日、巨人・原辰徳監督(51)が
本拠地・東京ドームの宙に8度、舞った。
優勝マジックを『1』としていた巨人が中日に5−3で勝利。
2位に11ゲーム差をつける独走で、
3年連続33度目のセ・リーグ優勝(1リーグ時代に9度)を決めた。
セ・リーグ3連覇は川上巨人のV9(65−73年)以来、36年ぶりの偉業。
巨人は2年連続の日本シリーズ出場をかけ、
10月21日からのクライマックスシリーズ第2ステージに挑む。




アンチ読売の目から見ても、今年の優勝は文句ないですわ
生え抜きの若手がどんどん育ちチームの世代交代が着々と進んでるし、
組織としての枠組みもきっちりとできている。
どこぞのタイガースにも見習わせたいよ、まったく。


しかしさぁ、何で読売ファンの人は
すぐ「このままV10だ!」みたいなこと言うかな

それが実現したとしたら、たぶんプロ野球は終わっちゃうよ。
12球団が切磋琢磨してるからこそ、面白いんだ。

球界全体を見渡したら、やはり横浜や広島が強くないとつまんないし
(両方とも、タイガースにだけは強いよね)
四国や南九州にもチームが欲しい。

WBCで連覇したように、
世界でもトップクラスにある「日本の野球」
もっと強くする、もっと魅力的にするためにはどうしたらいいか?
とか考えないのかなぁ〜
パリーグファンの人のサイトとか見ると、絶対そういうこと考えてはるけど。
S◯APの中◯くんなんか、そんな発想ないんだろうね。


五輪から排除されたり、
少なからず「野球」というマイナー競技(世界から見て)は
存亡の危機に瀕する可能性が高いのですから。



「巨」だけが儲かるシステムは「虚」でっせ



とにかく、寅は「野球ファン」としてプロ野球を観ていきます
そして応援していきます。
依然、球界再編を企む読売とオリックス以外を


できればな〜15球団ぐらいあって、3リーグとかできたら
ポストシーズンも盛り上がるのになぁ〜。
それかMLBのチャンピオンとの「リアルワールドシリーズ」とか見たい。
そうすれば、多少MLBへの選手流出も止められるかも…。

なんて妄想は止まらない寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 13:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

なんて、やさしい時代

いわゆる“シルバーウィーク”も今日が最終日
もっとも、こないだからフリーランスとなった寅としては、
「ロングバケーション」がしばらく続きそうなので、
始めっから浮ついた気分にはなれなかったのですが、
世間が楽しそうなのは良い事です。
昨夜も10年ぶりぐらいの親戚と再会したりと、
連休でしかできない事を体験してきましたよ。



そんな中、テレビはつまんなかった。
キレイに最終回を飾った「音楽寅さん」は見事でしたけれども…
どのチャンネルを観ても、似たような“お笑い”ばっかりで…
食傷気味なだけなのか、はたまたクオリティが…



昨日は

C-1、優勝は東京03

というトピックがありました。
実力があって、日の目を見ない芸人にスポットが当たる事は良い事ですが、
この「“お笑い”に優しすぎる時代」に注目されたことで、
今後生き抜いていくための「芸」を磨いていくことができるのでしょうか

「電波少年」なんかで人生を狂わされた芸人は多いでしょう。
もっとも、それだけのチャンスを貰いながら、後に活かせなかったのは
彼らの努力が足りなかっただけとしか言い様がありませんが、
一方で、
彼らの「芸の本質」を見ずして、もてはやしたメディアの功罪も大きいはず。
元・猿岩石の有吉くんなんかは、相当ジレンマを感じたでしょうよ。


最近は、言動が奇異な一般人、性癖がユニークな歌舞伎町の住人など、
本来「テレビに出しちゃダメな人」まで
「おもしろい」という形容によりテレビに出しちゃう時代です
(「ヘキサゴン」のことだよ)
それらは「おもしろい」のではなく「奇特」なだけなのですが、
メディアがそれらを混同して垂れ流すため、
本来「おもしろい」ものを提供すべき場所でも、
ただ「奇特」なもので目を惹くことに終始しているように見えます。

そこには、

大衆に寄与すべき「品(ひん)」が無いのです



寅が観たい「お笑い」の一例

風刺
「笑い」という文化は、庶民のためのものです。
いつだって反体制であり、理不尽な政治や社会の有り様を皮肉って、
それを槍玉にあげるという手法。
現在、それをテレビで成立させているのは、爆笑問題ぐらいでしょう。


秀逸なオチ
最近の漫才やコントには、明白な「オチ」がありません。
ボケを終始繰り返して「もうええわ」で終わらせるパターンの多いこと
それまでの何分かの“トーク”や物語をひっくり返したり、逆に成立させたり
その「オチ」ひとつで、これまでの時間が輝きを増す、
みたいなものがひとつもありません。

関西の小演劇の方が、これらの処理が上手です
今のテレビでは、心地よい「オチ」が軽視されすぎている。


新しい“着眼点”の提示
今、支持されている「お笑い」のほとんどが“あるあるネタ”
観ている人を、ある種共感させることで笑いを生む訳ですが、
そんなものは、
放課後の部室とかで、先生のモノマネをしてるのと同レベル
一般の人が気付いていなかった部分を発見して
それを「笑い」に昇華させるのが「お笑い芸」でしょうよ。

漫才師時代のダウンタウンは、この辺が見事だったのですが。





「今の“笑い”はそういうものじゃない」

の一言で片付ける方も多いと思いますが、
時代に流された「笑い」は、見事なまでに淘汰されていきます
ボキャブラ、電波少年、エンタ、などなど、
「ブーム」の勢いでスターダムに乗り、今を生き抜いた芸人は皆無です。



あるべき“笑い”のスタイル

というものは、確実にあると思います。
明石家さんま師匠などには、それがありますし、
それらを受け継いでいる芸人も確実にいます


なのに、それらを媒介するテレビの側が、それらを理解していない
そして、それを解らずして「おもしろい」と感じてしまう「子供」が増殖し、
世間の「笑いへの理解」がますます劣化していくという負のスパイラル。

※国語教育より英語教育を推進しようとするバカ政府も悪い!




「笑い」って、本来は非常に高度で知的な文化なのです。本来は
それを理解するためには、世間を知らなきゃいけないし、教養も必要

そういう意味で、
いま一番「おもしろい」テレビ番組は「政治ニュース」だったりする



なんて易しい時代。







それでは、また。
散々、人気芸人に毒を吐いている一方で、
好きな芸人はダンディ坂野の寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:33| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

“シルバー”なんて言わせない!

いやいや、世間は“シルバーウィーク”だ〜なんて盛り上がっておりますが、
こないだから自由業となった寅としては、
お客さんとなるべき会社が休みなもので、ただ身動きが取れない日々。

だって、どのみち仕事がなけりゃ「休み」なんだもの


予測はしてたのですが…ま、仕方ない。



さて、「シルバー」って単語には「年配の」なんて意味もあります
そんな寄る年波にも負けない、元気なおじさんたちのトピック集


まずは

明石家さんま、ロックフェスに乱入


gnf0909210505000-p1.jpg


♪レコードも出してるって
 知っとるケ〜!?





以下、サンスポより。


お笑いタレント、明石家さんま(54)が20日、
滋賀・草津市で行われた、同県出身の歌手、
西川貴教(39)が主催するイベント
イナズマロック フェス 2009
サプライズでゲスト出演した
 
西川は昨年10月、フジテレビ系
「あっぱれ!!さんま新教授」にゲスト聴講生として準レギュラー出演。
その縁でさんまが出演を約束していた。




BEGINのライブに登場したり、西川くんのライブに登場したり
なんかミュージシャンとの繋がりが増えて参りましたな。
一方で、コントライブとかも精力的にやったり…
この“お笑い怪獣”の勢いは、ホント止まりませんなぁ〜。



一方、そんなさんま師匠と同じ学年の大御所



桑田佳祐、12月に新アルバム発表


gnj0909210507005-n1.jpg


きっと、エロいこと歌ってる。
「おマン◯〜!!」




同じくサンスポより。


サザンオールスターズの桑田佳祐(53)が、12月9日に
ソロ始動第1弾シングル(タイトル未定)を発売することが
20日、分かった。シングルは07年12月以来2年ぶりで、
カップリングにはフジテレビ系
桑田佳祐の音楽寅さん〜MUSIC TIGER〜」の
オープニングテーマ曲などを収録する。
また、来年には
約8年ぶりのオリジナルソロアルバムを発売
全国ツアーを行う予定。ファン大喜びの企画がめじろ押しだ。




いやいや〜スゴい!
また、楽しみが増えました。

「寅さん」の主題歌は、もうどうしようもないほどエロい曲ですが、
それをサウンド的にはちゃんとブルースに仕上げてますし、
(※リンク先、youtubeです)
一見(一聴?)そうとは思えないところがミソです。


そして新曲・アルバム!


前回は、クラプトンやディランが好きな彼が、
とにかく好きなロックをやりたい、っていうようなコンセプトで、
その前は、ひたすら暗〜いコンセプトでした(あ、これ褒め言葉よ)。

今や不景気で、みんな暗い顔をしている時代
そんな中、ポップスの帝王は、音楽でどんなメッセージを放つのか!?


きっと、

そんな顔してちゃ、“ロック”でもないぞ〜!

みたいなメッセージソングじゃないかな。
いや、マジで。





それでは、また。

南こうせつ、10年ぶり7時間ライブ



へー。



寅でした。
よい連休を!
posted by 天八亭寅次郎 at 10:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

誕生日に仕打ち

おかげさまで、めでたく本日35歳になりました
99の岡村さん風に言えば35でサゴジョーです
独立したてで、ハッキリ言って不安しか無い35歳の船出ですが、
夢を忘れず、真っ直ぐ進んでいきたいと思います。
これからも宜しくお願いします。


さて、世間ではのりピーの保釈で持ち切り
なんか芝居仕立ての釈明と会見だったので、
それはそれで物議を醸しそうな雰囲気ですが、
その陰で、何やらキナ臭いトピックを発見。


神谷明、『名探偵コナン』を降板


以下、サンスポより。


声優の神谷明(63)が日本テレビ系アニメ「名探偵コナン」の
毛利小五郎役を降板したことを18日、自身の公式ブログで発表した。
 
「起きてからでは遅いので。」というエントリーで神谷は
昨日をもって名探偵コナンの毛利小五郎役を解かれました
と明かし、理由については
契約上の問題と、信・義・仁の問題とだけ申し述べたいと存じます
とだけ説明している。




神谷さんと言えば、寅と同じ9月18日生まれの声優さんです。
「北斗の拳」のケンシロウや「キン肉マン」など代表作は数知れず。
説明の必要も無い、日本を代表する声優さんの1人ですが、
そんな大御所に、ここまで言わせる解任劇とは?

「コナン」は余り観ていないので、詳しい事は解らないのですが、
毛利小五郎って、あの主人公の子供に、毎回睡眠薬の針をぶち込まれ
眠らされてしまう可哀想なおじちゃんですよね?

アニメの中だけでなく、
まさか現実でも、そんな仕打ちを受けるとは…。

神谷さんにとっては
推理の仕様がない“コンナン”な結末となってしまいました


制作はよみうりテレビかぁ〜。
野球解説の掛布さんとの契約問題とか、最近、金に絡むトラブル多いね。




それでは、また。
社民・辻元議員、国土交通副大臣へ

おいおい!
のりピー報道の陰で、トンデモナイ人事が行われているぞ!

マスコミ、怖いなー。
寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 13:22| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

マスコミ、コミマス

昨日の「読売ー阪神」戦はスゴかった!
首位独走でもうすぐ優勝を決めそうな憎き読売に対し、
点を取られても取られても追いつき追い越した気迫!

何で、それをシーズン序盤からやらない!?


…なんてイヤゴトを言っても仕方が無い。

そして、ここに来ての鳥谷の覚醒は頼もしい
頼むから、それをあと10年は続けてくれ!
日本を代表する遊撃手になれるよ、きっと。



そんな中、いまマスコミを代表するトピックのトピック。

酒井被告目当てに、報道陣が湾岸所に集結




gnd0917008-n1.jpg



青島「室井さぁ〜ん、
   湾岸所前、封鎖できませ〜ん」





以下、サンスポより。


覚醒(かくせい)剤取締法違反事件で起訴され、
14日に保釈が決まった歌手で女優の
酒井法子被告(38)が姿を見せる瞬間をとらえようと、
17日も早朝から東京湾岸署(東京都江東区)には
大勢の報道陣が詰めかけた。
 
湾岸署の正面玄関口と裏手の通用門付近には
テレビクルーや記者たちが次々に集結。
その後も続々と脚立などを手にしたカメラマンが到着し、
午前9時すぎにはその数は180人以上に膨れ上がった
 
しかし、保釈決定から3日目となり、待ち続ける報道陣もお疲れ気味。
あるカメラマンは
署に引きこもっている酒井被告と我慢比べをしてるみたい
とぼやき節をもらした。




お疲れさまでございますなぁ、ほんと

まぁ、署から出てくる姿ぐらいは見たいかも知れないけど、
あのバイクとかで延々追っかけるアレ、もう止めてあげたらどない?

こないだもお塩センセイ、いや押尾学被告が保釈されたとき、
何時間にも渡って“カーチェイス”したらしいじゃない?
もっとも彼の場合は、どこに身を寄せるかで、
新たなスキャンダルが生まれるかも知れないから
解らないでもないけど…。



あと、現場の記者が、正義ヅラして

「お子さまのことはお考えですか?」
とか
「謝罪する気持は〜?」
みたいなこと、聞くんだろうな。



何様やねん、お前らは!?


世間の思いを代弁してるつもりか?

片腹痛いわ



「電波」という、一つの「権利」を委ねられてるマスコミは、
常に公序良俗のために勤めなければならないのではないのか?
確かに、今回の件は麻薬が絡んでいるだけに、
その意味においては大義があるのかも知れないが、
一国の政治を司る内閣が変わろうとしている時に、
そんなタレントの薬物騒動を煽っている場合ではないだろう。



※もしかしたら、この報道の陰で、
 市民の生活を脅かす政治的選択が行われているかも知れないのに。


手っ取り早く、視聴者の興味を集められる
内容の薄い、何の役にも立たないゴシップの応酬。

今のマスコミにとって、
この手のゴシップこそが“麻薬”のように見える。






ま、ウチのブログも一緒かわーい(嬉しい顔)




それでは、また。
のりピーの旦那は、あっさり登場
そこに靴を投げた男性、気持ちは解るよ!
寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

ゼロゼロからのスタート

本日が、一応“会社員”最終日でございます。
日韓W杯に沸いた2002年に、
それまでのフリーの雑誌ライター生活と決別し、
広告屋としての第一歩を踏み出した寅ですが、
そこから幾つ会社を替わったことか…
確実に、お付き合いした女性の数よりは多いのです。

先輩や同僚に恵まれた会社、徹底的に干された会社、
改めて基礎を叩き込まれた会社…色々ありましたが、
最後(たぶん)に属した今の会社は

「会社になんか頼ってたらアカン」

という気持ちにさせていただきました。
その他は、たぶん何も得てません。

ともあれ、明日から新たな第一歩。
今夜は“みそレボ”の打合せがあるので弾けられないのですが、
心機一転、がんばります。



そんな今日の「お疲れさま」なトピック。



タイガース・田中秀太、引退



02346920.jpg



背番号「00」です。
亀山以来、小兵の番号。






以下、デイリースポーツより。


阪神・秀太内野手(32)が今季限りで現役を引退することが
14日、明らかになった。引退試合は、
23日に甲子園球場で行われる
ウェスタン最終戦(ソフトバンク戦・12時開始)になることも決定。
暗黒時代から黄金時代にわたり、阪神を支えたスーパーサブが、
15年間の選手生活に別れを告げる




熊本出身の秀太は新庄に可愛がられてたよね。
あの暗黒期、割と華々しくデビューを飾った秀太の存在は、
ある種「微かな希望」でした
守備と走塁に長けた秀太のプレイは、野村監督にも重宝されたし
近年もムードメーカーとして欠かせない選手でしたよ


ってか、まだ32歳!
タイガースで終わりたい気持ちもあるだろうけど、
もしかしたら内野手に不安を抱えるチームなら機能するかも。
ここ数年の秀太のネックは「出番がない」だったのだから、
それがあるチームなら…どうだろう…

どのチームも、意外と二遊間って埋まってるよなぁ
やっぱり打撃か…。


二軍戦とはいえ、引退試合も行われるのだとか。
これまで積み重ねてきた“シュータイセイ”を見せてやれ!


もしかしたら、長年の功労者だけに、
コーチとかの道もあるかも知れませんな。

ともかく第二の人生、頑張りましょう!

お疲れさまでした。






それでは、また。
この1年、
「野球選手なのに、ゴールキーパーをやらされてる」ような気分でした。
これからは、「野球」をやります。
寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 14:48| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

巨星と新星

イチロー、MLB新記録の9年連続200安打達成!



mla0909141006011-n1.jpg



左に転がしゃ、ほぼヒットってのがスゴい。
「ナムコスターズ」の“ぴの”みたいだ。







以下、サンスポより。

ダブルヘッダー第1試合で1安打し、
米大リーグ史上初の9年連続200安打まであと1本としていた
マリナーズのイチロー外野手(35)は13日(日本時間14日)、
敵地アーリントンでのレンジャーズとのダブルヘッダー第2試合に
「1番・右翼」で先発出場し、第2打席で遊撃内野安打を放ち、
米大リーグ史上初の9年連続200安打の大記録を達成した



もう賛辞の言葉が見当たりません

すごすぎる、イチロー。おめでとう!



今年はWBC後遺症と思われる胃潰瘍による
初めての故障者リスト入りという戦線離脱からのスタート
しかし、すぐ復活したかと思うと、
結局“いつも通り”の大爆発で、
今年もだいぶ試合数を残した段階での200安打達成

「打撃の神様」という称号が、MLBでも与えられるでしょうな


きっとMLB最多安打とかの記録も見えてくるでしょう。
まだまだ衰える気配が見えないイチロー選手ですから、
そんな夢も平気で見てしまいます。

ただ…ワールドシリーズでイチローを観たいなぁ…。




一方、日本のプロ野球に目を向けると…


来ました! タイガース!
ここに来ての3位浮上!

CS出場が見えてきた!

燕がここまで失速するとは…。


そんな昨日、また新たなスター誕生の予感。

タイガース・野原、初スタメンで2安打


02343303.jpg


とぉ〜〜〜っ!
あだ名は“アンパンマン”だってよ。






以下、デイリースポーツより。

響きにも似た歓声で背中を押す聖地。
指揮官の起用に初回、さっそく応えてみせた
2-0から2球ボールを選び、2-2からの5球目。
外角低めの直球をセンターにはじき返した。
中堅金城がボールをこぼす間に、
50メートル5秒台の俊足で二塁へ。
ヘッドスライディングでベースに滑り込む二塁打で、
絶好の得点機をつくった。




赤星の負傷により、なんとスタメン抜擢
その初打席で強烈な打球を放った上、
外野手の隙をついて2塁を陥れる俊足も。

運も持ってるし、身体能力も高い!


思わず、SHINJOを思い出してしまいました



新庄だって、あの'92年、
オマリーの負傷で空いたサードに入り、
その年の初打席でいきなりホームラン。
そのままレギュラーを掴んだ訳ですから。


この野原選手、“持って”ますよ。
打席に入った時のシルエットもいい。
足も速い。
まだ守備はよく解らんけど…。

怪我の多い赤星の座を脅かすには充分な存在。
桜井も帰ってきた、林もいる、葛城もいる、桧山もまだいける…
この熾烈な外野争いを制するのは、意外な新星かも知れませんな

タイガースの順位ともども、こちらも気になるところ
チームはCS(クライマックス・シリーズ)への戦いですが、
野原選手は今、

C チャンス、S そこまで来てる!

ってな感じでしょうか。


とにかく、頑張れ! 野原!




それでは、また。
他人の心配してる場合じゃない、
代打でも、守備固めでも、
何でもするので“試合”に出たい寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:48| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

Smile Again!

昨夜も、遅くに帰りました。ええ、飲んでましたとも。

んでテレビを点け、音声のみ聴きながら、
前日に観てきた「20世紀少年」のパンフを読んだり、
99のラジオ本を読んだりして、ゴロゴロしておりました。


すると、テレビの方から…ザワザワ…ザワザワ…って音がするんだよね

あれあれ、おかしいな! と思って、
そのテレビの方を向いてみると…


ダダーン!(SE)




…って、何で稲川淳二の怪談なのよ
そうじゃなくて。


テレビの方から、妙に“たどたどしく”ニュースを読む声がするんですわ
それで、あれあれ、おかしいな!と思って、
そのテレビの方を向いてみると…


だだ〜ん!



1280127593_164.jpg


…だって、新人なんですもの揺れるハート








関西テレビの新人アナウンサー・高橋真理恵ちゃん。

もう、かわいすぎる!

思春期の香りがする♪


一撃で、ココロ射抜かれました



思えば、ココでも数々の女子アナへの想いを綴ってきましたが、
寅がファンになると、すぐ結婚するという悪しきジンクス
もうココロは荒みまくっておりました。
でも、ここに来ての新たなトキメキ!


もう海保も虎谷もどうでもいい
膳場さんとテレ東の大江さんはそのままに

これからは真理恵ちゃん推しでいきます!




なんだろ、この宣言は…。




それでは、また。
BGMは「感謝カンゲキ雨嵐」(@嵐)でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 14:05| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

新「裸で何が悪い」伝説 

あんまりヒマなもんで、もうひとネタ。

な〜んか、民主党周りで変なニュースが続いてるんですけど、
これって、そんなに騒ぐ程のものかと思ったトピック。


民主新人・田中美絵子議員、過去にヌード


sha0909090509000-n1.jpg



…見つかっちゃった揺れるハート






以下、サンスポより。

美人小沢姫が脱いでいた!! 
コスプレ風俗ライターの経歴が明らかになったばかりの
民主党の新人衆院議員、
田中美絵子氏(33)=石川2区=に8日、
またもや“仰天過去”が発覚。
今度はホラー映画に出演、
バストをあらわにしての濡れ場を演じていたことが分かった。
同日、民主党幹部も映画出演を認めた。
公式プロフィルにない
新たな“キャリア”が続々と出てくる事態に党内も混乱状況となってきた。




…これ、そんな重要な問題ですか?

裸で公園で暴れてたのならまだしも


20090423k0000e040005000p_size5.jpg




呼んだ?






映画という芸術の世界で、
ひとつの表現として裸になっていただけの話

別に過去の話でなくったって、問題はなかろう。



だって、キレイなんだものぴかぴか(新しい)




それにね、風俗ライターだって、大変な仕事なんです
寅も雑誌ライターやってた頃、
仲間がこれをやってたことがありまして、
その過酷さ、儲からなさは、よぉ〜く聞いてます
今だから言いますが、
実際に寅も話だけは聞きにいったことがあります。
でも、あまりにもコストパフォーマンスが悪く
お断りしたぐらいですよ。

女性ながらに、アレをやってたのかと思うと、
そのバイタリティには頭が下がります
(ま、女性がやる、という点で売れた部分はあるだろうけど)



過去を蒸し返して、糾弾するのなら、
他の党にだって、キナ臭い過去の持ち主、いっぱいいますよ


裏口入学で大学・会社・議員・首相にまでなった人

しょーもない事件を起こして、隠蔽のために海外に逃げてた人

外国で反日デモに率先して参加してた人

若者を船に乗せて、反日思想で洗脳してた人

などなど


いずれも、国益を損なうような事項ばかり

それを考えたら、この田中氏のヌードなんて
逆に男子に夢を与えてるじゃないですか!

何がいけないんだ!


てな訳で、

寅は田中美絵子議員を密かに応援します

民主党は、特に応援してませんけど。




ま、田中さんも、これ以上詮索される前に
ヤバそうな過去は全て白状して

“丸裸”になりましょうよ!



それでは、また。
オトコって、ほんと、ばか
寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 16:52| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ないかく低めに落ちるボール

その昔「キン肉マン」という漫画がありましてですね、
主人公・キン肉マンの技の中に「肉のカーテン」ってのがあるんです。
そのポーズを取ると、
敵のどんな攻撃に対しても自分はダメージを受けない
という防御技。

※これを、なんで悪魔超人とか相手に使わなかったのか。
 漫画の7不思議。あとの6つ知らんけど。

しかし、その完璧に見えた技も、
コンピューター超人・ウォーズマンの分析により崩されました。
その唯一の弱点は、
キン肉マンが幼少の時に怪我した脇腹の部分。
その1ヵ所に綻びがあったがために、
キン肉マンは窮地に追いやられるのです。





何故、その話を思い出したかというと、
このトピックを見たから。


鳩山内閣に社民・福島党首入閣決定



以下、読売新聞より。

民主党の鳩山代表は10日、
社民、国民新両党との連立政権合意がまとまったことを受け、
閣僚・党役員人事の本格的な検討に入った

社民党は10日午前、
党本部で三役会議、常任幹事会を開き、福島氏の入閣を決めた
党内では、福島氏のポストに関し、
雇用対策の担当相を新設して充てることや、
消費者相、少子化相に起用することなどを求める意見が出ている。




ただでさえイデオロギー的に一枚岩ではない民主党ですよ。
そこに、こんな売国特殊な思想を持った連中
それも内閣に入れようだなんて…


どうかしてるよ!


いよいよ、
日本国が日本民族のものでなくなる日が近づいてきそう…


この内閣にとって、明らかに“綻び”のもとになるであろう存在
ちゃんと協議して、体制に影響のないポストに置いてください。

何省がいいかな〜。

防衛省や外務省なんて、もってのほか
教育に絡むところもまずいし、生活に絡むところも…

そうだ、省を新設しましょう。


正しい日本の歴史を勉強“しょう”とか(笑)



それでは、また。
千葉県も大変なことになってるみたいですな。
公務員も国会議員も、一度全部解雇してみたら?と思う寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 13:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

THE マンザイ

若林「え〜、という訳で久々にネタをやらせていただき…」
春日「みなさんのカスガが、愛を配りに帰って参りましたよ〜
若林「…また隣で気持ち悪いこと言ってるんですが…」

春日「へっ!

若林「…という訳で、今日は…」
春日「変なモン配ってんじゃねぇ!
若林「って、変なウィルス、リアルに撒き散らしてたのオマエだよ!

春日「うい

若林「…で、今日はですね、僕の夢を…」
春日「オマエの夢なんて、気持ち悪くて誰も聞きたくねぇよ!
若林「気持ち悪いのはオマエだよ!
春日「…それ…本気で言ってんのかよ…
若林「…本気で思ってたら…こんな漫才やってねぇよ…
二人「へへへへへへへへへへへ…

春日「あれ? オマエもウィルスにかかって、休んでたんじゃ…?

若林「…よく、見破ったな!?




若林正俊参議、首相指名に“抜擢”



以下、朝日新聞より。

自民党は8日、両院議員総会を党本部で開き、
16日の特別国会での首相指名選挙で
両院議員総会長の若林正俊元農水相に投票する方針を決めた
首相指名直前に総裁を辞める
麻生首相に代わる暫定候補との位置づけだが、
総裁候補でない議員への投票は異例だ。





オードリーの若林くんは、春日のフォローに苦悩していますが、
こちらの若林さんは、歴代の農相や党幹部のフォローに奔走

“いいかげんにしろ!”ってオチつけてくださいよ。ほんと。




それでは、また。
あ〜あ、俺もキレのあるツッコミがしたい。
腕がかなり鈍ってきたはずの寅でした。
リハビリ、リハビリ。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寅の小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

すぐに監督を変えたがるのは暗黒期の証

プロ野球もクライマックスシリーズ(CS)導入のおかげか
この時期はいろんな楽しみ方が出来る訳で。
タイガースファンとしては、3位スワローズを追い越せるか?
そこが焦点でありまして、ぜひとも頑張ってもらいたい。

一方のパ・リーグも、ノムさん率いるイーグルスが3位と健闘
このままいけば球団創設以来初のCS進出か!?と。
いかんせん、その座を争うのが去年の覇者・ライオンズ。
まだまだ意地見せるよ〜。頑張って、どちらも。



そんな中、もう来季が気になる球団のトピック。

オリックス、来季監督候補に岡田氏浮上


02321284.jpg



実は、隠れオリックスOB






以下、デイリースポーツより。


オリックスの来季監督候補として、
前阪神監督でデイリースポーツ客員評論家の
岡田彰布氏(51)の名前が浮上していることが、
7日明らかになった。
昨季途中から指揮を執り、
球団初のCS進出に導いた大石大二郎監督(50)だが、
今季は最下位に低迷し、続投は微妙な状況
そのため球団では、
05年に阪神をセ・リーグ優勝に導いた手腕を買って、
岡田氏をリストアップした。

(中略)

また、選手時代には
引退直前の93年オフにオリックスへ移籍
2年間在籍したOBであり、
引退後にはオリックスの2軍助監督兼打撃コーチとして、
指導者としての第一歩も踏み出した。
地元・大阪出身ということもあり、人気面でも期待ができ、
次期監督にはまさにうってつけの存在だ。




タイガースの言わば“黄金期”を築けたのは、
その前の段階から二軍監督やヘッドコーチなどを歴任し、
盤石の準備を整えてからの監督就任だったから
という点も忘れてはいけません。


ここの親会社は、すぐ
「大阪出身だから」「人気が期待できるから」とかいった
底の浅い発想で、人を連れてきたり、切ったりするでしょう

今季の低迷は、引用先の記事にもあるように
助っ人3人衆の怪我が重なったから。
言い換えれば、
助っ人頼みの大味な野球から脱却できなかったからでしょう

先日、京セラドームにvsロッテ戦を観に行ったのですが、
大引なんか、もう一皮剥ければ
いろんな意味でチームの牽引車になれるだろうし、
WBCにも行ってきた小松とか、金子とか若手投手も台頭してる。
(今季は調子悪かったみたいだけど)

何で、そこをもっと大きく育てようとしないのだろう

ま、岡田さんの野球はディフェンス重視のものだから、
監督就任が実現すれば、必然的にそこに目が向くだろうけど、
現監督の大石大二郎さんにだって、出来なくはなかろうに
元々、名内野手で盗塁の名手だったんだから
いわゆる“スモールベースボール”だって理解してるはず。

それに、

大ちゃん、一応生え抜きOBですよ!

そこを大切にしないと、ほんとに球界で孤立しちゃうよ。
ただでさえ、阪急OBにも、近鉄OBにも相手されないんだから。


監督の名前よりも、

そういった部分が“だいじろう”?







…それでは、また。
ブラゼル離脱が心配。
早く帰ってナイターが観たい寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:42| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

うどん 改メ UDON

ちょっとね、ブログの更新がしにくい状態なんすよ。
そもそも、会社でこんなことやってる方が
おかしいっちゃおかしいんですがね。
どうも、ネットの回線の調子が悪いみたいで、
Yahoo!のトップ画面を見るだけでも
ロード中の風車がグルグルグルグルいつまでも回ってる感じ。

ひょっとしたら、会社からの嫌がらせかも知れない!



そんな事はさておき、
ようやく見つけた、マニアックなトピック。


加ト吉、社名変更へ



以下、産経新聞より。


日本たばこ産業(JT)グループの冷凍食品大手、
加ト吉(香川県観音寺市)は7日、平成22年1月1日付で
社名を「テーブルマーク」に変更すると発表した。
昨年7月にJTの食料事業部門と事業統合し、
ベーカリーや調味料など広範な加工食品を手がけることになり
新体制にふさわしい社名が必要
(山田良一社長)と判断した。




な〜んか、ちょっとカッコよすぎでないかい?

あ〜どもども〜加ト吉ですぅ
って若手芸人みたいに言ってたのが
ども、こんばんは、テーブル…マークです
って田村正和みたいな口調で言ってるみたいな?

(↑ひどく勝手な妄想)


そんなことより、伍代夏子が歌っていた

♪か〜と〜きっちゃん かときっちゃん

のCMはどうなるんだ? ええ!?


あ、ニュースに続き…。

市販の冷凍うどんや冷凍お好み焼き、無菌米飯など
主力商品については、引き続き「カトキチ」ブランドを継続する。




おお、それはそれは。
ってことは、伍代夏子のCMも引き続き…え?もうやってない?


……。


冷凍うどんの話だけに、鮮度を閉じ込めた話題で申し訳





それでは、また。
ホンマに書きたいネタがない時は、こうなっちゃう寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 16:36| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

新番組って、知っとるケ?

あ〜あ、売れたいなぁ〜。

これ、ここ数年来の口癖なんですがね。
最近は、「営業」という名の自己プロモーションを
各方面に対して行っているのですが、
このご時世、なかなかオイシイ案件は転がっておらず、
向こうからオファーされる立場に早くならなきゃ、
と思ったりなんかして。


いや、強気な姿勢で臨まないと。

絶対、売れてやる!





そんな中、こちらは大御所たちのトピック。


明石家さんま師匠、秋から新番組



以下、サンスポより。

お笑いタレントで俳優、明石家さんま(54)の
フジテレビ系バラエティー新番組
明石家さんまのホンマでっか!?TIMES」(仮題、月曜後11・0)が
10月19日にスタートすると同局が27日、発表。
旬な話題やウワサに関する
“ホンマでっか!?”な情報を司会のさんまが引き出す



…これ、年末にやってるアレですやん(笑)

とはいえ、やはりさんま師匠はフジテレビで観たい!
しかも、放送時間は月曜の23時とコドモは観ない時間!
もっと言うと、現在は
桑田佳祐師匠が「音楽寅さん」で温めてる枠!
これは、さんま師匠しかできないでしょう〜!


細かい話ですが、サンスポ記事の引用で
“お笑いタレントで俳優”のくだりって、要るのかな?


それはさておき、
フジのプライムタイムは「明石家マンション物語」以来でしょうし、
気合いの入った、キレキレのトークが観られることでしょう
…コントも観たいけどなぁ。


でも、変な若手とか入れて、変な空気にしないようにね
あれだけのメンバー揃えて、
今ひとつ盛り上がりに欠ける「○○○ー○」
みたいな事にならぬよう…。

こんなにオモロいなんて、ホンマでっか!?

って方向で、お願いします。




それでは、また。
できれば、また「心はロンリー」を観たい寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:57| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

羽ばたけ!新規路線へ!

ちと個人的なことを、ご報告。

この度、あたくし天八亭寅次郎は、
しがない版下屋の会社員から卒業し、
フリーランスのプランナーとして事業を始めることにしました。

内容としては
・WEBコンテンツの企画・提案
・印刷・WEBコンテンツの企画・提案・制作(ライティング)
そして
・「JTSギャングタウン」の事業化

3つ目がいちばん難しいですが、いちばんやりたいこと。
エンタテインメントをインディーズで創作しながら
いかにビジネスとして成立させるか。
これを模索していくために、
かなり無茶ではありますが、
この未曾有の不景気の中、独立することにしました。


…てな訳で、今後はブログの更新も増えていくかと思います。
それはきっと寂しさや不安の表れかと思うので、
全国8名の寅ファンの皆さん、励ましてやってください。




そんな中、こちらも新たな世界へ飛び出すトピック。


潮田玲子、タレントデビュー



gnj0909020505013-n1.jpg


やっぱ、かゎぃぃなぁ〜揺れるハート







以下、サンスポより。

バドミントンの人気選手、潮田玲子(25)が
9月2日放送のフジテレビ系「すぽると!」(後11・55)で
初ナビゲーターを務める
「〇〇シオ」と題するコーナーを持ち、プロビーチバレーの
浅尾美和(23)、西堀健実(28)組にインタビューした。
7月に芸能プロとマネジメント契約を結び、これがデビュー戦
新鮮で楽しかった
アスリートの強心臓を見せた






まぁね、だいたい美人は何をやっても画になる。

ファッションモデルをやったかと思えば、今度はTVのキャスター
もう、バドミントンを引退した後も、盤石の展開が待ってますな

寅とは大違いだ。

しかし、番組のナビゲーターとしての腕はどうなのか?
きっと、ビシビシいってるんじゃないですかね?

だって、いつも、

相手の懐に激しくツッコんでいるんだから!

シャトルをね。



それでは、また。
ツッコミはこちらも同じ。
お仕事、承りま〜す。
開業は10月予定の寅でした。


posted by 天八亭寅次郎 at 11:24| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

ドラ1、また一人去る

阪神・今岡、今季限りで引退へ



bb-090901-2-ns.jpg


真弓「俺の“7”返せよ」
今岡「…いや、あと少しだけ…」







以下、日刊スポーツより。

首位打者、打点王を各1度獲得した
阪神の今岡誠内野手(34)が今季限りで引退することが
8月31日、分かった。
真弓新体制の下で打撃復活を目指したが、
23試合出場で打率1割3分3厘と低迷から抜け出せなかった
6月4日に2軍に降格し、
その後は若手育成の方針のもと、実戦機会の場さえ失っていた。
03年に首位打者05年に打点王に輝き、
2度のリーグ優勝の功労者が、プロ生活13年でタテジマに別れを告げる




優勝の年“しか”活躍していない、という見方も出来るのですが、
その活躍具合が半端ではなく(03年の打率:.340 05年の打点:147)、
同様の活躍をしてくれれば優勝は確実…と、つい夢を見てしまいます。

野村監督に干されまくり、星野監督によって再生された男
意気に感じれば活躍するってことだったのか…
近年はライバルも多かったしねぇ。

ともあれ、バットを置いた後は、しばらくタレントでもされるのでしょう。
それとも、やり手の奥さんの事業を手伝うのでしょうか
コーチ就任は…ちょっと無いかな
だって、不振を克服できなかったし、
その、ある種“天才的”なバッティングは、なかなか真似できないでしょうし



いみじくも、PL学園の後輩・桜井が台頭してきた今年
引き際としては良いタイミングかも知れませんな
まずは芦屋の豪邸で、じっくり身体を休めてもらいたいものです。



お疲れさん! 今岡選手!




それでは、また。
なんかねぇ、同い年の選手なのに、
こう…シンパシィを感じないというか…不思議な人でした。

俺はFA宣言だぜ、寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 18:19| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。