2009年06月30日

シンジることが、大切

昨夜は、会社帰りに、
疲れた身体を引きずりつつ梅田の映画館へ
そう!観に行ってきましたよ!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

でございます。

まぁ、前作もすごかったものですから、
今回も…と期待を込めて行ってみたところ…


すごすぎる!


語りたいのは山々なのですが、
いかんせん物語の核心に触れるところばかりなので、
書いちゃうとネタバレになっちゃう。


鑑賞中の寅のココロの叫びを幾つか列記しますと…

CG、リアルすぎる! 怖っ!

ええ〜っ、何でこの人に“死亡フラグ”が!?

綾波、こんなカワイイ少女やっけ!?

…って、オマエ誰だよ!?


などなど。
その具体的なシーンは、劇場でお確かめください





そんな中、真意を確かめたくなるトピック。


プロ野球・オールスター戦、阪神から選出なし




以下、サンスポより。


屈辱の現実が突きつけられた。
暗黒時代の2001年以来、8年ぶりにファン投票選出「0」
金本が選手間投票で選ばれたが、
日本一の観客動員数を誇る人気球団としては異例の事態だ。
虎党がそっぽを向いた理由。
それは、低迷するチームへの無言のゲキに他ならない




低迷したら、そっぽ?
…それは、真のタイガースファンの態度ではないな


2001年頃、つまりはノムさんが監督をやってた頃。
当時はリードオフマンの和田選手ぐらいしか“スター”がいなかった
今とは状況が違う。
何故、金本や赤星に対する票が伸びないのか、理解に苦しむ

真弓監督のもと、苦戦が続くタイガース。
関西マスコミは早くも監督の無策ぶりや采配ミスを追求し、
「監督解任か!?」みたいなメッセージを臭わせ始めた
確かに、首を傾げたくなる采配はあるし、
選手起用もしっくりしないのも事実だが…。


でも、よく考えてほしい。
前監督が5年に渡り同じ選手たちを起用し続け、
世代交代をほぼ行わなかった
が故に、
主力の怪我が相次いだ今年は、
去年でいえば1軍半のメンツでの戦いを強いられている状況
必ずしも、監督の力量だけで低迷している訳ではないのだ


そこを解らずして
「もう今年はダメだ」
監督、替えてしまえ
今岡は来年から嫁のネイルサロンを手伝え
秀太、来年どうするの?
などと心ないことを言っている奴は、
もうプロ野球を観るな、と言いたいね。

それこそ8年前ぐらいは、5位でも嬉しかったのだ

ファンはやはり選手を、監督を信じて付いていくもの

そんな“ハンシン半疑”では、いけません。



…。




それでは、また。
エヴァの次回作、今度は何年後だろう…。
今回でさえ2年ぶり? あ〜あ、また待たされるのか…。

待ちぼうけ人生34年、寅でした。


posted by 天八亭寅次郎 at 15:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

たすけて…お父さぁん

早朝から、とんでもないニュースが飛び込んできたので、
恐らく週末のテレビは、それ一色になるでしょう。

その陰で、しょーもないトピック


新iPhoneのCMキャラクターにSMAP起用


gnj0906261033021-n1.jpg




上戸で何が悪い。









以下、サンスポより。


ソフトバンクモバイルは26日、
米アップルの携帯電話iphone(アイフォーン)の
新モデル「iPhone 3GS」の販売を始めた。

(中略)

今後の販売促進の展開として、
新しいCMキャラクターに、
人気アイドルグループのSMAPの起用を明らかにした。





※読解力のない、中学生の皆さんへ。
 この記事はSMAP批判じゃなくて、
 大金をもらいながら安易な仕事しかしてない
 広告関係者の批判なんで、
 意図に反した解釈をしないようにね。
 …言ったからね!



ソフトバンクよ、お前もか!?




SMAPを5人出しときゃ、クライアントが納得するのかな
もう40歳が目前に迫ったオッサングループですよ、今や。

それを、今世界で最も注目されてるツール・iPhone
いわばイメージキャラクターに据えちゃう?

もう…センスの欠片もない


いやね、解るんですよ。
SMAP出しときゃ、みんな納得しますよ。そりゃ。

でもね、そこに「チャレンジ」があるのか?と問いたい。
そこに「クリエイティブ」はあったのか?と問いたい。

SMAPなら無難にこなすでしょうが、
SMAPでなければならない理由がそこにあるのかと。


ソフトバンクのCMと言えば、
今や看板となった「お父さん」をはじめとする一連のキャンペーン
これは、すごい秀逸だったわけですよ
それが秀逸過ぎたがために、次へ進めにくくなったというジレンマはあれど、
それを乗り越えていくのがクリエイティブでしょうよ。

ホントに、「次はどう来るんだ?」という期待でいっぱいでした


なのに…なのに…



そんなキャンペーン、ドコモ一緒です!






それでは、また。
有名人使わずにさ、
あのiPodの時みたいなグラフィック押しでもいいじゃん。
apple絡みの販促は、やはりカッコよくやって欲しい寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 13:55| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠のはじまり〜マイケルに捧ぐ

マイケル・ジャクソン、逝く


gnj0906260803018-n1.jpg



ぽぉぅ。







以下、サンスポより。

米人気歌手のマイケル・ジャクソンさんが
25日(日本時間26日)、死去した。50歳。
兄のジャーメイン・ジャクソンさんが会見し、公式に発表した。
 
ジャーメインさんによると、
マイケルさんは自宅で心臓発作を起こし、
心停止状態で日本時間の今朝5時14分に
ロサンゼルス市内の病院に搬送され、
1時間ほど蘇生を試みたが回復せず、同6時26分に死亡が確認された





スターの資質として「実体感の無さ」は不可欠だと思うが、
世界一この実体感が無かったのがマイケルだったのではなかろうか。

世界中で知られるスーパースター、自宅に遊園地を建設したり、
ディズニーランドを貸切でエンジョイするなど、行く先々でパフォーマンス。

一転、晩年は訴訟に追われ、借金借金…
「整形」で豹変した容姿がまた痛々しく、
最後はバッシング報道が常体化してたところも…。

んで、あまりにもあっけない最期。
この人、ホントに存在していたのだろうか? そんな気分にさえなる。



ただ、ひとつ言えることは、
'80〜'90年代において、彼ほど世間にインパクトを与え
世界中で愛されたエンターティナーはいなかった、ということ。
子供の頃、舶来の音楽なんて全く興味が無かった寅でも
マイケル・ジャクソンの「スリラー」「BAD」なんてのは
当たり前のようにラジオで聴いて知っていたのだ。

あの頃、カール・ルイスとマイケル・ジャクソンは、
文字通り、世界中に「夢」を与えていましたよ。うん。



一連のニュースを見ていても、まったくリアリティを感じない。
元々、「実体感のない」スーパースター。
死んだからと言って、
その「独特の存在感」は変わることがない。変わりようがないのだ。




もう多くは語りませんが、ようやく彼は解放されたのでは。
ファンの期待、マスコミの注目、そして自らの…

これからも、
ある種「完成されたスター」として、マイケルは君臨し続けるはずだ


マイケルは“永遠”となった
posted by 天八亭寅次郎 at 11:32| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

ベストです…速報

ベストスイマー賞に長澤まさみ



gnj0906251452022-p1.jpg




ぼくのハートも波打つ。








以下、サンスポより。


水泳の発展と普及に貢献した人に贈られる
第10回ベストスイマー賞
の表彰式が25日、東京都内で行われ、
女優の長澤まさみ(22)、俳優の速水もこみち(24)、
お笑いタレントの東野幸治(41)、
お笑いコンビ、南海キャンディーズの
しずちゃんこと山崎静代(30)の4人が受賞した。





え? 
“ベストスイマー”って、オリンピック選手とかじゃないの?




目下、「寅のココロのランキング」1位の長澤さんですから、
水着を着たって…




水着…




ああ、しょうゆうこと!
posted by 天八亭寅次郎 at 18:27| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真剣(マジ)!?

昨日の今日で、ちとビックリですが…


東国原知事、衆院選出馬に意欲!?




以下、毎日新聞より。



宮崎県の東国原英夫知事は24日、
次期衆院選について、県庁内で
地方のために、国を変えるために
 国(国政)に行くと言わせていただく
と述べ、自民党公認候補として出馬することに意欲を示した
一方で、23日に示した二つの出馬条件に変わりがないことも強調。
自民党の回答や県民の声も踏まえ、慎重に判断する意向だ。

東国原知事は
国を変えるためには地方分権
 自民党が改革していこうと言うのであれば、
 私は言い出しっぺの責任がある。
 後援会を含め(県民の)理解を得られたら、
 地方のために(国政に)行く」
とも述べた。





ま、言ってる事にズレはないと思うんですよ
しかし、それは今か?という疑問も。
だって、明らかに自民党からのオファーは、
東さんの人気“のみ”を当て込んだもの

そうなると、自分から言い出した「総裁“候補”」という条件も
逆に諸刃の剣に成りかねない。
相変わらず老害議員達の院政が敷かれる国政の中で、
東さんみたいな新参者が自由に振る舞う事ができるのだろうか。
あのパフォーマンス上手な“平成の田沼意次”こと小泉元首相だって、
総理の座に就くまで、かなりの時間を要したのだから。


ともかく、まだ知事としての任期も、そして人気も残ってる東さん。

まずは、ご自分の“野心”をどげんかしなはれ。






ついでに、もうひとつ。
同じ記事の中から、

党内では古賀氏の対応に批判が相次いだ
丸山和也参院議員は24日の参院議員総会で
本当に情けない。古賀氏の責任をきちっと追及すべきだ」
と指摘。同日午後、党本部で古賀氏に直接抗議した
山本一太参院議員
自民党はそこまで困っているのかとなるのはマイナス
と批判した。





まず、こちらもテレビの人気“だけ”で議員にしてもらった
“人情派”という看板が胡散臭い弁護士。
ご自分の仕事に対するクレームに行列ができているらしいですが、
上層部の方針に意義を唱えられる立場でしょうか。
そもそも今回の選挙も関係がない参院議員。
ヘラヘラ取材に応えてる暇があったら、もっと庶民の窮状に目を向けてはどうか
“人情派”が聞いて呆れる


んで、山…なんとかさん。
テレビなどに出るのが大好きなのは解りますが、
党内では、あなたの軽率な振る舞いの方がマイナスだ、
という声もあるのではないかと。
腰巾着は止めて、ご自身の政策をもっとアピールされてはどうかと…。





…東さん、こんな構成員が目立つ自民党

“どげんかせんといかん”と思います?

もう、放っておけば…。
posted by 天八亭寅次郎 at 08:55| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

下衆なオファーは「毒」で相殺

人間、誰しも一人では生きていけないもの。
当然、誰かに頼らなければ乗り切れない局面もある訳で、
そして、そんな時こそ、
その人の資質みたいなものも表に出るものですが…


そんな中、頼られた人のトピック。


自民、東国原知事へ出馬要請



shc0906240713003-n1.jpg


今や、自民の大物が詣でてくるのね〜。









以下、サンスポより。


自民党・選対委員長(68)は23日、
宮崎県庁で同県の東国原英夫知事(51)と会談、
次期衆院選への立候補を要請した。
これに対し、東国原氏は
私を次期総裁候補として衆院選を戦う覚悟があるのか
などの“仰天条件”を提示
この日は結局、結論は得られなかったものの、
党内には条件に反発の声もあり、
立候補が実現する見通しは立っていない。




“お笑い芸人風情”に何ができるんだ
与党のセンセイどもは苦い顔をしてはるのでしょう

しかし、与野党合わせて800人以上いるセンセイどものチカラで
この世界的不景気の中、それだけの打開策が生まれたか
財界と官僚に良いように使われて
それでも笑って料亭でメシ喰わせてもらってるだけじゃねえか。

それを思えば、東さんの方が「政治家」として結果出してるよね
少なくとも、九州でもマイナー感があった宮崎の知名度を
これだけ高めた功績は計り知れないでしょう。
宮崎選出の国会議員が、かつてそれだけの動きを見せたことがあったか。
犯罪以外で。



道州制を視野に入れた「地方分権」への期待は、年々高まっております。
その是非はともかく、
停滞する「日本国」を“本当の意味で”再び突き動かすための
具体的な施策を、今国政に関わるセンセイどもが持っているのなら
今すぐ出してみろってんだ。



相変わらず自民も民主も、そしてマスコミも
ただ麻生首相の首を切ることしか考えてない
でも国民にとっては、麻生の首より、我が首の行方の方が切実なのだ

そして国民は、
そんな本当の意味での「国民目線」を持っている議員
しかと見極めて投票しないといけない
選挙期間だけ家にやってくる“ともだち”の党とか、
絶対国政にかませちゃいけないのだ。


話はそれましたが、今回の東さんの発言、
いろんな解釈ができる絶妙な言い回しだと思いますが、
確実に言えることは、
結局、自民は本気で国民感情を考えてない。
そこを突いた「次期総裁候補」発言なのだ


この発言を批判しているセンセイどもは、
アタマを冷やして考えてもらいたい。
この人を首相にすることよりも有効な政策を…。

それこそ“シュショウ”な気持ちでね!





それでは、また。
でも、道州制って、ホントに“日本民族”のためになるの?
かえって、不利益を生んだりしない?

そんな事を考えてると、
仕事なぞ手に付かない寅でした…いつものことか。
posted by 天八亭寅次郎 at 13:46| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

ショックも、でっかいどぉ…速報

コピーライター・眞木準氏、死去


※ソースは林真理子さんのブログより



広告業界の末端で、
コピーライターの端くれとして生きている寅ですが、
若い時から「こんなコピーが書きたい!」と思わせる
スタイリッシュで、ウィットに富んでいて、ユーモアがあって…
それを、ほんの1フレーズに忍ばせる技術
この方の真骨頂でした。



【代表作】(Wikipediaより引用)

でっかいどお。北海道。(全日空)
イマ人を刺激する。(TDK)
ホンダ買うボーイ。(HONDA CV-R)


ただのダジャレじゃない、
そこに商品の特性と、買う側の生活感がある。
これこそがキャッチコピーの神髄であり、
寅が強く憧れ、今も追い求めるコピーのスタイルなのです。


今、作品集を見てると、

恋さえあれば、愛などいらない。

失恋は、何度やっても、やめられない。

恋が着せ、愛が脱がせる。


この辺の、あの時代の男っぽい、カッコの付け方。
憧れるんだよな。
そして、いま自分に一番足りない要素かも知れない

もっとカッコつけなきゃダメだな、恋も、仕事も。



広告史に残る、数々のお仕事、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

これからも、時々は眞木さんの作品を見て、
自身のそれの向上のために、勉強させていただきます。



合掌

タグ:眞木準
posted by 天八亭寅次郎 at 17:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レオ、参上!

なんかね、もう暑くて仕事する気になれませんよ。
この週末も、またしても女子たちに振り回されてね
もうしばらく恋も休んでやろうかと思ってるんですが


そんな中、休んでいた人のトピック。


松嶋菜々子、『ジャングル大帝』声優に



以下、サンスポより。

女優の松嶋菜々子(35)が
今秋放送のフジテレビ開局50周年記念アニメ「ジャングル大帝」で
声優に初挑戦することが22日、分かった。
今夏の同局系連ドラ「救命病棟24時」(火曜後9・0)に続く
“産休明け”復帰第2弾は、
手塚治虫さんの不朽の名作で主人公レオの母親役。
「声優は初めてですが、気負わずにチャレンジしたい」
と2児の母が新境地に燃えている。




近年のフジでも“鉄板”と言える「救命病棟〜」での復活も、
相手役・江口洋介の、まさかのバイク事故で、ちと暗雲が立ちこめてますが。
(「キミが運ばれてどないすんねん」と言ったとか言わなかったとか…)

んで今回、松嶋さんだけでなく、
主人公・レオの父親役には牛若丸三郎太(懐かしい!)こと時任三郎
んで、ジャングルの長老役には、
「レオ」と言えばこの人!
我らがおヅラ…いや、小倉智昭!

たぶん、冒頭から毒吐きますよ〜(笑)


ライオンズファンが高じての、今回の台場…いや大抜擢。

ほんと、色々言っておくと、“とくダネ!”

なんつって。




それでは、また。
…で、肝心のレオ役はどうすんのよ!?

どうせ邪兄頭の誰か、連れてくんだろな。
がっくし。

百獣の王・レオにはなれない、薄氷の翁・トラでした。
posted by 天八亭寅次郎 at 12:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

カフスボタン、しっかと留めて

メディアから流れてくる情報というのは、
基本的に、流す側の“フィルター”にかけられたものなので、
その“情報”の真偽というものは、本当の意味では解らない。

「悪い」とされていた人が、実は悪くなかったり、
「正しい」と持ち上げられていた人が、
裏では、たんまりと金を撒いていたりするものなのだ。



そんな中、気になるトピック。


中田カウス、『襲撃された方がマシ』


以下、オリコンより。


漫才コンビの中田カウス・ボタン、女優の浅香光代らが19日、
東京・浅草公会堂で行われた『浅草演芸祭』の開催発表会見に出席。
会場は「あたしはお嬢って呼ばれてるのよ」など
浅香が一方的に語り出す“講演会”と化し、
さすがのカウスも終始タジタジ。
止まらぬ浅香はカウスの手を取り自分の胸を揉ませる一幕もあり、
カウスは

これやったら大阪で襲撃にあった方がましや!

と自身の大阪での襲撃事件を引き合いに出して脂汗を拭った。





もう禊ぎは済んだとでも言いたいのでしょうか、カウス師匠

キナ臭いなぁ〜




というのも、つい先日、弟子の中田なおきを破門
彼はM-1グランプリ予選の司会を務めるなど、
関西ではテレビなどでもソコソコがんばっているタレントです。

その彼に対し「ブログでのコメントに激怒」したとかで破門。
そこに話し合いや、酌量の余地はなかったのか
それとも、それほどまでにシャレにならんことを、弟子は書いたのか?



んで、記憶に新しい、前田五郎師匠との確執
いくら仲が悪かったとは言え、
同じ会社に所属し、同じ舞台で戦ってきた“同僚”
名指しで批判、事実上の引退に追い込むほどの徹底ぶり
もし五郎師匠が当事者であったとしても、
社内のトラブルということで、内密に処理するのが大人の所行かと…




それでも、カウス師匠は、今日も満面の笑みで舞台に現れる


う〜む。

ホントに悪いのは、誰だ?



posted by 天八亭寅次郎 at 14:07| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(5) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

へい、と言って飛べ!

とかく世の中、こちらの真意を真摯に伝えようとしているのに
全く意に介さず、訳の解らん戯言ばかりを言い返される
なんてことも多いのですが…


…にしちゃ、余りにも可哀想なトピック。




Hey!Say!JUMP・森本くん、男性ファンに襲われる




相変わらず肖像権にうるさい事務所の方なので、
画像は出さずに、そのままサンスポより引用。



アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の
メンバー、森本龍太郎さん(14)から
携帯電話をひったくったとして、
さいたま市の無職少年(17)が17日、
神奈川県警青葉署に窃盗容疑で逮捕された。
少年はファンの域を越えた「ストーカー行為」を繰り返していたため、
森本さんがやめるよう直接説得していた際に今回の事件が起きた。

(中略)

森本さんは16日の事件直前、
自宅最寄り駅で少年が待ち伏せしているのを目撃し、
同日午後10時からファミリーレストランで、
はた迷惑な行為をやめるよう“直談判”。
気持ちは通じたと思い、一緒に店を出た。
 
ところが、直後に少年が前に立ちふさがり、
ナイフを持っている。(森本さんの)手を切ってやる」と脅迫。
森本さんが母親に助けを求めようと電話した途端、
「どこに掛けてるんだ!」と言って携帯電話を奪ったため、
恐怖を感じた森本さんはその場を去った。





この森本くん、すごい真面目な性格なんだなぁ
そんな非常識な行為を繰り返してる人間にも、
そうやって真摯に対応しようとしている。14歳なのにねぇ。

これが、名もないJr.の構成員で…というならまだしも、
もうメジャーデビューしてるグループのメンバー

事務所は、何をやってたんだ!?

他の事務所のイケメンに圧力かけたり
弱小マスコミに著作権絡みの圧力かけてる暇があれば
自社のタレントをちゃんと守ってやれよ
そんなことだから、トップのタレントでさえ「裸で…(以下、略)


一方では、オンナなんか取っ替え引っ替えで、
無茶苦茶な夜遊びばっかりやってて、女優のカノジョの呆れさせてる
○○の○○くんみたいなタレントも居たりする訳でさ。
そういうのは、もっと女性誌とか叩けよ!と思うのですが、
そういうのは、きっちり揉み消してくれるんだよね




ところで、今回の犯人は「少年」。
どういう経緯か解りませんが、
この事務所のタレントが「少年」に付きまとわれるという点に、
何かしらのメタファーを感じずにはいられないのですが…。


でも森本くん、オトコなんだから!
ケツをしっかり引き締めて、ネコむことなく、タチあがれ!



…あかん、もう書けない、これ以上。





それでは、また。
「You、抱かれちゃいな!」
女子だけに言いたい寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:20| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(3) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

太陽の苦節

一生懸命頑張ってるのに、なかなか日の目を見ず
環境の変化がきっかけで大ブレイクする、なんてことありますが…


そんなトピック


西武・赤田、阪神・藤田、トレード合意




以下、スポニチより。


西武の赤田将吾外野手(28)と阪神の藤田太陽投手(29)の
交換トレードが両球団の間で合意に達したことが16日、明らかになった。
早ければ、17日にも発表される。

(中略)

阪神も今季は赤星が不振
金本、桧山ら外野陣の高齢化も進んでおり、
走攻守3拍子そろった外野手は補強ポイントでもあった。
阪神側は藤田に金銭をプラスするか、
もう1人交換要員を増やす可能性もある。





いいんですか? ライオンズさん!?

走攻守3拍子揃い、前回のライオンズ優勝に大きく貢献した選手。
赤田ほどの選手がベンチを温めてるだなんて、
どんだけ潤沢なんだ、選手層!

一方の藤田太陽投手。
逆指名(自由枠だったかな)で入団した時は
読売からのオファーを蹴ってきたアツい男。

ただ、その後ケガに泣かされたり
体調がいい時は出番に恵まれなかったり…
要は、浮上のきっかけが見いだせないまま今に至った訳だ


案外、パリーグの野球の中では、持ち味が発揮できるかも知れない
まして中継ぎであれば、その球速は武器になるし…
あとはメンタルかなぁ…。


何にせよ、新天地での活躍、期待してます。

がんばれ、藤田太陽!




しかし、タイガース。

若い外野手、おらんのか?

金本、赤星、檜山、葛城あたりは、すっかりベテランやし、
若手と言われる林、桜井なんかでも主軸になってなアカン年齢、
そろそろ柴田とか、高橋とか、高濱とか出てきてもいいんだよ!


パンチ力もあってスイッチヒッター、守備力も高い赤田のプレイを見て
若い選手のレベルが底上げされることを期待しております。

がんばれ、赤田将吾!

そして若手!




それでは、また。

あ〜あ、ブレイクしたいよう

ここまで、オチを用意できなかった寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ちゅらさん♪

昨夜はね〜ここ1.2ヶ月で、
もっとも寅のハートを鷲掴みにした舞台女優さん
ギャンタンにて初めてお会いしましてですね〜

ホントは色々喋りたかったんですが、
なんかね、目を見られないんですよね(笑)
普通に、普っ通〜に、いつものギャンタンとして収録し
いつも通り、終わっていったのですが…

でも、ウチの十三アニキは、それだけでは終わらせません!
続きはたぶん7月ぐらいに突然明らかになると思うので、
乞うご期待でございますよ。



おはようございます。
恋するハニカミおっさん・寅です。




そんな今日の、はにかんじゃいそうなトピック。


長澤まさみ、沖縄大使に





gnj0906160503008-p1.jpg


♪ちゅら、ちゅらちゅら、
 ちゅらちゅら、ちゅらら〜






以下、サンスポより。


女優の長澤まさみ(22)が、
美(ちゅ)ら島沖縄大使に就任することになり
15日、沖縄・読谷村で行われた任命式に参加した。
 
27日公開の主演映画「群青」(中川陽介監督)や
06年の「涙そうそう」で、
舞台になった沖縄の魅力を国内外に広めたことが評価された
2000年のデビュー以来、毎年仕事で同県を訪れている長澤は
いつか素敵な彼氏と旅行したい。
 日焼けしている男の人とかいいですね

とほほ笑み、潮風に長い髪をなびかせた。




飲み過ぎて、胸焼けしている男ではだめですか?


そうですか。そうですね。



しかしね、最近のまさみちゃん
(どうも、この名前を、こう呼ぶのは何故か抵抗あるのよなぁ)
どのドラマ、どのCM観ててもカワイイのですよ

JR西日本の駅で掲出してるポスターなんて、
できることなら剥がして持って帰りたいぐらいの…
いやいや、いい大人なんで、それはしないですけど。



ところで、沖縄と言えば、
つい先月に、寅も、沖縄伝統楽器の三線を購入しましてですね、
ちょびっとずつは練習してたんのですが、
これまた最近忙しくて、なかなか三線を手に取って練習する暇がなく
まして練習曲を耳にすることも無くなりつつあるのですが…


こんな“ちゅらさん”に
沖縄の歌、歌って…
なんて、おねだりされたなら…


そりゃ歌ってしまうたろう!




う〜む、強引。







それでは、また。
取りあえず、現状のランキング(2009年6月現在)

1位 長澤まさみ
2位 上戸彩
3位 綾瀬はるか

なんや、ただの巨乳好きかよ。
寅でした。
タグ:長澤まさみ
posted by 天八亭寅次郎 at 10:51| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

あのエルボーを忘れない

13日の土曜日、とある宴席で三沢光晴死去のニュースを知る。



寅は、プロレスに関しては、さほど造詣は深くない。
しかし、そんな寅でさえ良く知っているレスラーだった

巨星・馬場が逝った後、
全日本プロレス→NOAHと、
「王道のプロレス」を体現するために戦ってきた第一人者
寅の中では「THEプロレスラー」というイメージだった。


そんな三沢の、突然の死。


なんだろう、この無常感





宴席が終わり、帰路に着いたのだが、
その無常感がどうしても身体から抜けなくて、
地元のバーに寄って、そこでも飲みながら色々考えていたとき、
同じく、先日亡くなった清志郎のことも頭に浮かんだ。

二人とも、あるべき自分の姿を追い求め続け
死ぬまで、きっちり生きていたよなぁと


ふと我に返る。
今の俺、生きてるのかな、と。



一度の人生、全力出さないまま終えるなんて、悔しすぎる。
このままじゃ、だめだ。




ありがとう。三沢光晴。

合掌
posted by 天八亭寅次郎 at 12:00| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

過激な“ハト派”です…速報

鳩山総務相、辞任へ



20090612k0000e010051000p_size5.jpg




痩せた?






以下、毎日新聞より。

麻生太郎首相は12日、
日本郵政の西川善文社長の続投を認める意向を固めた
同日午前、
続投に反対する鳩山邦夫総務相を首相官邸に呼んで協議したが、
鳩山氏は姿勢を変えず、首相官邸を出る際、記者団に
「私は自分の信念を全部申し上げた。
(首相からは)いろいろ話があったとしか言えない」
と語った。同日午後、再協議するが、首相は更迭も辞さない考えで、
鳩山氏は辞任する意向を周辺に伝えた

首相にとって
鳩山氏は自民党総裁選で3回にわたって支援を受けた盟友で、
更迭することになれば政権への打撃は必至
次期衆院選が近づく中、政府・与党内では西川氏の進退問題を巡る
混乱の長期化に批判が強まっており、
事態収拾に動くのが遅れたことで
首相の指導力不足を露呈する形になっている




首相の指導力不足は、今に始まったことではないですが…

しかし、これで自民は、
国民の不安・不満よりも財界へのメンツを選んだ、
ということがハッキリしちゃいましたね
このまま選挙となると…結果は言う迄もないか。


しかし、弟バト、今後はどうしはるのか…。


まさか!

鳩山弟電撃移籍!? 兄弟タッグ結成!?


なぁ〜んて、プロレス的展開が待ってたりして(笑)
posted by 天八亭寅次郎 at 13:51| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それ聞いて「とくカネ?」

○今朝もテレビをつけると
「とくダネ!」でやっていたのは、
国際ピアノコンクールで優勝した辻井さんのネタ

ま、凄惨な事件を克明に語られるより、
努力を重ねて栄冠を勝ち獲った人の話題の方が、朝には相応しい


でもね…なんかね、
彼のハンデキャップの部分を殊更誇張して伝えて
ただの「お涙頂戴」に仕立て上げようとしていないか?

確かに、そこに至るまでは、わてらなどでは想像できないような
苦労や苦悩があったと思いますよ。
しかし、それ有りきばかりで報道してしまうと、
彼のピアニストとしての才能や実力が軽視されてるようにしか見えない
「国際コンクール」で「優勝」なのに。


事実、彼の家族や周りの話から、過去を掘り下げる報道はいくつもあれど、
彼の現在の演奏を、ちゃんと聴かせたメディアが幾つあったか?


おヅラさんに言ってもらいたい

本当の“感動”は演奏会かCDでお楽しみください





○もうひとつ、最近よくやっているのが、
石川かどっかで起こった「オタマジャクシが降ってくる」事件

その後、フナも降ってきたのだそうだ。


そんな天変地異に詳しくもないであろうリポーターが
昼夜を問わず現地を練り歩いては、愚痴みたいなリポートをしていた


おヅラさんに言ってもらいたい

“ガリレオ”を呼べ!






それでは、また。
なんやかんやで「とくダネ!」好き。(笠井クン除く)
最近、ナカミーがペースを掴み始めてきたのが嬉しい寅でした。
タグ:とくダネ!
posted by 天八亭寅次郎 at 10:56| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

よく見破ったな!?

なんかね、また疲れてます。いろいろ。
先日の広島旅行ぐらいではリフレッシュしきれなかったか。
“負”の空気がのしかかってくるようで…。
「プレッシャー」的なものかも知れませんが。


そんな今朝の“プレッシャー”なトピック。


IMALU、『めちゃイケ』出演



以下、サンスポより。



4月にモデルデビューしたIMALU(19)が、
20日放送のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の収録に参加し、
バラエティー番組デビューを果たした
父親、明石家さんま(53)のホームグラウンドに早くも殴り込みだ。


さんまと女優、大竹しのぶ(51)の長女としてガ然大注目のIMALU。
人気コーナー「やべっち寿司」に登場したが、
大先輩の娘だけに
ナインティナインの岡村隆史(38)は思わず「ネエさん!」と呼びかけ、
「(さんまの)影がちらつくねん」と「めちゃ×2」ド緊張の様子。
矢部浩之(37)も「絶対(番組を)見はるしね」と意識しまくりだ。




きっと、ON AIRの晩には、岡村さんの留守電に

「本日の採点を発表します〜
 第3位 矢部くん 75点 だいぶツッコミも自然になってきました。
 第2位 いまる  82点 まぁ初めてにしちゃ、よう喋ったし…
 そして今日の第1位は…
 やっぱり、さんまちゃん! 98点 「出てませんでしたやん?」って? あ、ほんまや!


 ちなみに岡村くんは、61点で第5位となっております

というメッセージが入ってくることでしょう。



しかし、なんかモデルとかダンスとか、
父親とは違う土俵でやっていきたいみたいなアピールやったのに
もうバラエティに見参ですか!?
いやはや…。

“さんま派”の寅としても、ここはなんか笑って済ませられないような…。


できるだけ「親子競演」だけは避けてもらいたい
さんま師匠のオモロさが半減してしまいそうで…。


もう、ええやないですか?


ギョーカイの中で

生きてるだけで、まるもうけ、ですやん





それでは、また。
う〜む、あたし、儲けてるのかしら。
どうにも、こうにも…寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 09:45| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

広島・キセキの旅 〜「突然、ボケ他流試合」編

〜今回も、先日mixiで公開した日記をリライトしてお送りしています〜




先輩は、行く前から言っていた。

夜はな〜もうオネーチャンとこ行ってやなぁ…(以下、略)」

つまりは、ちょっと“おケベ”な店に行きたいと。


しかし、寅はその手のお店があまり好きではないのです
店を出た後の、あの虚しさたるや…
(※寅さんには、あの“シュール”な世界が解らんかな〜。by十三アニキ)

しかし、なんか今回は旅先ということもあったので、
密かに、今回ぐらいは付き合ってもいいかなと思ってたのです。


なのに、なんかテンションが下がっていく先輩
どうやら1軒目で、調子こいて飲み過ぎてしまったらしく
(事実、二日目の朝は別人のような青い顔をしていた)
ソッチ系の店に行くパワーが無くなっていたようで。


寅「あれ?今夜は“いくで〜!”って言うてはりましたやん?
先「う…うん、そやなぁ」
寅「あっちの方とか、お店ありそうですよ?」
先「なんかな…どちらかと言えば…飲み…たい、かな…
寅「え〜!どないしたんすか〜!? 行ってやりましょうよ!

先「あのな…俺…意外と“恥ずかしがり”やねん…



え"〜〜〜〜〜〜っ!

ここにきて、まさかのカミングアウト!
あの新幹線での勢いは、嘘だったの!?

先「まぁ、今日はバーとか行こ。な?


…これでは、寅がせがんで、ソッチ系に行こうとしてたみたいじゃん
いや、いいんですよ。それならそれで。

…で、結局、落ち着いたバーを探すことに。



しかし、旅先で、好みのバーを探し当てるという技は
そう簡単なものではない。
事実、名古屋でも同じ失敗をしているのだ。

でも、15分ほど探したところで、まさにイメージ通りのバーを発見
10席ほどの店内と、オープンのテーブルが1席。
先輩と寅は、店内のカウンターに座る。
そこで、先輩はバーボンのロック、寅はハイボールをオーダー。
マスターと野球の話などをしながら、イイ感じで飲み始めた。


…が、そのとき、店内に常連らしきオッサンが来店
「支配人」と呼ばれる、毛の多い芋洗坂係長みたいなオッサン
椅子にかけることをせず、立ったまま酒を飲み始めた
どうやら、近くの映画館の支配人らしい。


寅「座らはらないんですか?
支「ええ、まぁ。“ナルニア”が痛いもので(どや!)

……。

リアクションに困り、固まる店内。
しかし、次の瞬間

寅「そんな“物語”いりません!



※説明しよう。
 この支配人は、持病のヘルニアのことを、
 恐らく自分の劇場で流した映画「ナルニア国物語」にかけて
 自信たっぷりに言ったのだが、聞き慣れているマスター以外には
 全く意味が解らなかったのだ!



寅のツッコミは、ここでも的確だった訳だ

そこから、支配人vs寅のバトルが始まったのだが…



支「今日は大阪から野球を観に?」
寅「ええ〜そうなんですよ〜」
支「阪神vs巨人?
寅「いやいや、ここ広島ですやん
支「え〜っ!
  阪神巨人って聞いたら『クルマにポピー!』でしょ!?(どや!)」


…無茶ぶりやがな



そこから酔いも手伝い、グッダグダのボケ合いに。
お互い思いつくまま

寅「…で、何で座らないんですか?」

支「今日の試合は、阪神vs巨人?」

と、同じボケを振ろうとする。

そして、先輩は寝ていた!!


ひとしきり、ボケ合った後、
支配人は会計をして去ったのだが、


そこでまた事件が!

支配人が退いた、向こうのテーブルには、
浴衣姿(当日は地元のお祭)の女子ふたり、それもOL風!が

つまんなさそうな顔して座っていたのだ!




ボケ合ってる場合か!?



しかし、時は既に遅し。
支配人と入れ替わるように入ってきた、横山剣風のチョイ悪オヤジが
OLふたりをロックオン!
寅は2秒ぐらいしか喋れませんでした…。



広島まで行って、やってることは、まったくいつもと一緒
あ〜あ。

先輩を起こし、会計を済まして、バーを後に。
いっぱい喋ったせいか、あまり飲めなかった上に、
みすみす“出会い”のチャンスを見逃した寅と、
ただ飲み過ぎた先輩は、

肩を落として宿へと戻ったのでした


(終わり)
posted by 天八亭寅次郎 at 13:22| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

広島・キセキの旅〜夜の酒場に見た天使

〜先日、mixi日記にて書いた文章を、リライトしてお届けします〜



(ここまでのあらすじ)
かつての先輩・O氏とやってきた広島。
最初の行程・新広島市民球場で野球観戦中に
偶然隣席になったカワイイ女の子と会話が弾んだ寅。

なのに、哀しい“雨男”の宿命により、
せっかくの出会いも水入りとなったのですが…

(詳しくは、こちら




雨に打たれた身体恋をゲットし損ねた失意のハートを引きずり、
なんとかホテルに到着。
ひとまず着替えて、しばらくゆっくりしてから、
夕食&酒を求めて出発した先輩と寅

先輩は宿近くの店をあらかじめリサーチしていたらしく、
2分ほど歩いた先にあった居酒屋「ゑびす水産」へ。
モダンな感じの内装に、ご当地の海の幸!
これで酒があったら、それだけで幸せなおっさん達なのですが…


いかんせん、ウチの先輩、
お酒が入ると語る語る…(いや、シラフでも語るのだが)
下ネタを軸に、笑いの話、野球の話、政治の話、宗教の…
とにかく、長々と語るのが常なのですが…。

昨夜のわてらは、ちと違いまして。
と言うのも、ここにもありましたよexclamation×2 キセキの出会いが揺れるハート


店員のM子ちゃん(19)。

この子がまた、めさめさカワイイ!

加えて、気さくに、おっさんたちの“くっだらない”イジリ
ちゃ〜んと応えてくれるのです!
(ええ歳したネーチャンでも、できない人が多いというのに!)
(↑ これは、誰のことを言っているのか…)


先「…んじゃ〜電話番号、教えてや〜!」
M「え〜!? 私の番号、高いですよぉ」
先「え? 金払ったら聞けるの? ナンボなん?」
M「ごまんえん、です!

…なんだろ、このリアルな金額設定 あせあせ(飛び散る汗)
ともかく、こんな感じで、オトナたちを和ませてくれるので、
気がつけば、閉店の時間まで飲んでしまったのですわ


会計をする際にも、M子ちゃんをイジる先輩。
先「ま、とりあえず、電話番号…」
寅「(しつこいな〜)」
M「え〜ごまんえんですけどぉ?」

なんかね、酔うと同じことばっかり言うのね、おっさんってね
当然ながら電話番号なんか聞ける訳がないのですが、

寅「じゃ、マイミクからで、どう?
M「あ!マイミクなら全然オッケーですぅハートたち(複数ハート)




ありがとう!mixi 手(グー)
もう5年目になりますが、こんなに感謝したのは初めてです。



てな訳で、
M子ちゃん、今後とも宜しくです



(最後のキセキ(?)へつづく)
タグ:ゑびす水産
posted by 天八亭寅次郎 at 13:16| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 恋バナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ほかに、いナカッタ?

大阪・吹田に新球団誕生


bsr0906081716001-n1.jpg


やったぁ〜!
就任しちゃったぁ〜♪






以下、サンスポより。

野球の関西独立リーグへの参加も視野に入れた
新球団「大阪エキスポセブンティーズが8日、
大阪府吹田市内で球団設立の発表記者会見を行った。
監督にはプロ野球阪神、ロッテでプレーした
仲田幸司氏が就任予定で、
今秋にも入団テストを実施するという。




エキスポランドの閉鎖以降、
あんまり楽しい話題がなかったmy hometown吹田ですが、
これはちょっと期待ですねぇ〜。
グラウンドはあるし、交通の便もいいし、
吹田の経済も活性化するような
巧いアイデアを結集してもらいたいものです



ところで、監督ですが…
最近では関西ローカルのビミョーなタレントとして活躍中
マイク仲田氏なのですが…

う〜む。


…指導、できるのかなぁ?



あの、寅の中では“伝説”の、
'92年の大躍進は、まさに仲田が牽引していたようなものですが…
…あの年だけなんだもん、まともに働いてたの…。


ま、広報マンとしては、ちょうどいいのかも知れないが
あのゴールデン・ゴールズの欽ちゃんみたいにさ

これがホントの“マイク・パフォーマンス”みたいな?



……。



それでは、また。
正式に関西リーグに加盟したら、
あの、えりちゃんのチームとも対戦するんだろうな
楽しみだ。
…あ、でもそれって、監督が「中田ー仲田」対決になっちゃう

できれば、投手コーチは田村勤氏にお願いしたい寅でした


posted by 天八亭寅次郎 at 18:53| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島・キセキの旅〜俺って、やっぱ持ってるわ

〜先日、mixi日記にて書いた文章を、リライトしてお届けします〜





寅は、けっこうな雨男でございます。

それも、女子が絡むと確率が上がりまして…

過去を振り返っても、好きな女の子との最初のデートなどは
必ずって言っていいほど、雨が降ります。


今回の広島旅行、一緒に行くのは、かつての先輩O氏(♂)
おっさん2人旅だし、野球観に行くだけだし、
天気予報も「晴れ」だし大丈夫だろうと思ってたら…

やっぱり日頃の行いでしょうか。

快晴!

見事な野球観戦日和となった訳です。


今年オープンしたばかりの新広島市民球場
これまでの日本のスタジアムと比べ、かなりクオリティが高い
…ま、そこはまた別の機会に話しますが…。



席に着いたのは、「広島vsソフトバンク」試合開始の1時間前
ツウな2人は、試合前のノックから観たいのです
観客がぞろぞろ入り始めた頃から、
先輩と寅はビールなど飲みながら、シートノックを見守ります。

しかし、6月とは言え、キビシい陽射しの中にいると
尋常ではない汗が出てきまして…応援グッズのTシャツを買うことに決め
先輩を1人座席に残し、寅はグッズ売場へ。
「背番号1 MAEDA」のTシャツに着替えた寅は、
ちょっと“ドヤ顔”を浮かべながら、座席に戻ったのですが…


なんと

寅の席の隣に、ギャルがっぴかぴか(新しい)

しかも、かわいいexclamation×2




はい、もうご想像通り!
オギオギ、オギオギし始める訳です


そんな寅のココロを察したかのように
「俺、ちょっとツマミ買ってくるわ〜」と席を立つ先輩!


ギャルと、2人っきり…





チャ〜〜〜〜〜〜〜ンッス!揺れるハート


寅「すごいキレイな球場ですよね〜」
ギ「そ、そうですね…」

例えは古いが、愛内里菜みたいな感じの子


うん、普通にカワイイではないか



寅「今日、わざわざ大阪から来たんですよ〜球場見たくて」
里「そうなんですか? ワタシも愛媛から来て…母と…


母?
…ってことは、デートではない!
ますますオギオギ…。
しかし、そうこうしてると、母が帰ってきた。
なんか、仲の良い母娘って感じで、
野球は母の方が熱烈なホークスファン。
娘はただ付いてきただけのようだが、
会話を聞いていると、かなり野球の知識はあるようだ


…ふむふむ。
ここはまず、母親への好感度を上げておかねば 手(グー)




試合が始まる。
のっけからホークスの猛攻!
ホームランも飛び出すなど、
ホークスファンのボルテージは、いきなりクライマックスだぜ!
立ち上がって歓声をあげる母。


寅「すごいっすね、小久保ホームラン打ちましたよ!」
母「ねぇ〜! ほ〜んと、いや〜、すごいわ〜」


…と、自分でもビビるぐらいのナチュラルな溶け込み
その後、母は和田選手のファンで、
それまでは読売ファンだったことなどを教えてくれた。

その後、テンションが上がりまくった母は
娘に向けてマシンガントークを展開。
さすがに、母娘の間には入れない。
試合はホークスの打撃練習のような展開で、
うっかり前田のTシャツを買ってしまった寅は、多少肩身が狭い気分。


回が進み6回も終わる頃
もうホークスの勝ちを確信したのか、母、再び席を外す



再び、チャンス到〜来!!!ぴかぴか(新しい)


右側から照りつける陽射しの強さは衰えない中、

寅「日焼け対策とか、大丈夫?」
里「はい、しっかり“塗って”おいたんですよ! …されてないんですか?」
寅「さすがに気がつかなくて…ほら!」

そこで、寅は両腕を里奈ちゃん似の彼女に突き出す。
右腕は日焼けで真っ赤になっているが、左腕は色白の寅の肌そのままだ

里「え〜〜!すご〜〜い! 焼けちゃったんですね〜」
寅「そうみたいやね〜あはは〜」


よしっ!彼女の興味もだいぶ惹き付けた!
試合同様、ラッキー7を活かして、“得点”してやる!


その時…


ポツッ、ポツッ…

ザザーーーッ


バケツをひっくり返したような…という表現そのものの

大雨が突然降り出したのだ!

逃げ惑う観客たち。
みんな、スタジアムの屋根のあるところへ避難し始めた。

寅「これは…避難せなダメっすね…」
里「…そうですね」

先輩も合わせた3人は、階段を駆け上がり、屋根のあるところへ

しかし、このスタジアム…非常に、雨に弱い!

避難できるスペースが余りに狭く、そこに人が殺到!
その騒動の中で、寅は彼女を見失ってしまった!!



なんで、こんなタイミングで雨が…。



そこで、思い出して欲しい、冒頭の事実。


寅は、けっこうな雨男でございます。
それも、女子が絡むと確率が上がりまして…



全く雨の気配がなかったのに
ちょっとオギオギしただけで、上手くいきかけたところで

残酷な“雨男”の宿命が…



試合が最後まで行われていたら、 名前とメルアドぐらい聞けたのよ
それぐらい、イイ感じだったのよ…



すみません。
あの試合を終わらせたのは、
ホークス打線の爆発力でも、
カープ投手陣の崩壊でもなく、
寅の“恋のチカラ”のせいでした

posted by 天八亭寅次郎 at 15:28| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 恋バナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。