2008年10月02日

唯一無二

いや、もうね、言葉になりませんでした。

清原和博、引退



稀代のスラッガーの最後。
寅は昨日書いた通り、梅田のとある居酒屋で観ていたのですが、
引退セレモニーは涙でよく見えませんでしたよ
こみ上げてくるものが多過ぎて…


最後の打席、全てストレートで挑んだホークスの杉内
生まれ変わったら、一緒に野球をやろう
と花束と共に告げたという王監督
アメリカから駆けつけたイチロー
同じく激しい戦いの合間をぬって駆けつけた阪神・金本


今や清原のための曲と言ってもいい
「とんぼ」1曲を歌うためわざわざやってきた長渕剛

そして、
26年来の仲間の最後の勇姿をバックネット裏で見届けた桑田真澄



そこにいた全ての人間が、清原とのドラマを持っている
京セラドームに詰めかけた満員の観客にしても同じだろう。

文字通り、ボロボロの身体で渾身のスイングを見せた清原。
結果は三振だったが、そんな結果はどうでもいい。
そのフルスイングに意味があった
3度のフルスイングで、ひとつの時代の幕が降りた…。



清原選手、ありがとう














それでは、また。
村上ショージ、“オリジナル醤油”発売!


この人も稀代のコメディアン。
しかし、わざわざ醤油まで作っちゃうなんて、どういうこと?



寅でした。


posted by 天八亭寅次郎 at 13:07| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。