2008年10月30日

セ○ム、入ってましたが…

一般の人間でもそうなんですけど、
口で言ってることと、現実とのギャップってのは
往々にしてありますな。


しかし、この場合はどうだろう。



キムタク宅に、空き巣



以下、サンスポより。


東京都目黒区にある
SMAP木村拓哉(35)の自宅に
何者かが侵入した形跡があり
警視庁目黒署が空き巣の可能性が高いとみて
調べていることが30日、分かった。

同署などによると、今月19日午後7時半ごろ、
木村宅の警備会社の警報装置が作動
駆けつけた同署員が調べたところ、
2階の窓ガラスに侵入しようとした形跡があったという。
盗まれたものはなく、被害届は出ていない。




キムタクさんと言えば、
今年から、某警備会社のCMに出演し始めたばかり
あの「セ○ム、入ってますか?」という長嶋さんと“一緒”に


何も盗られなくて良かったと考えるか、
それとも、あっさり侵入を許したと考えるか…。




きっと、豪邸にお住まいのキムタクさん
細かな所までは、目が行き届かないこともあるでしょう。
だからこそ、常に危機管理をしておかねばならんということ。

いつも確認しておいてもらいたいところです


「空き巣、入ってますか?」





それでは、また。
犯人は誰だろう…熱狂的なファンとか
まさか「me、入っちゃいな!」とか独り言言ってないだろな。
その防犯カメラを見てみたい寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 10:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

とうさん、エキスポ連れてって!

世の中、やはり努力だけではどうにもならないこと
多々ある訳でございますが…



エキスポランド、倒産



以下、サンスポより。


昨年5月にジェットコースター事故が起き、
休園している大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」は
29日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し、
財産の保全命令を受けたと発表した。負債総額は約16億円
 
同社は申請理由について、
ジェットコースター事故の影響で休園が続いた上、
外部の企業からの協力も得られず、
金融機関からの融資も望めなくなったと説明している。




夢を与える場所である遊園地で
絶対に起こしちゃいけない死亡事故

そこからの復活はやはり不可能でしたか…

それがなくても集客がしにくい北摂、
社会全体の不況、
さらに競合であるUSJに圧倒的にシェアを奪われてる中、
この事故が決定打になってしまったようで…



しかし、地元の人間としては
エキスポランドは数少ない地域の誇りのひとつだった訳で。
それが、なくなってしまうというのはやはり寂しい。
仕方ないけどね。



ただ、くれぐれも、

跡地をマンションなんぞにしないように!



もう、ガンバの競技場にすりゃいいんだ!

がんばれ、パナソニック!
がんばれ、吹田市!
ディベロッパーに負けるな!むかっ(怒り)




しかし、大阪の景気が全く上がってこない中、
それなりに規模を持ち、地価も安くない敷地を
活性化する手だてはあるのかな…

やはり、家族で集まれる空間であるべきだよなぁ…


そうだ!
この敷地の広さを活かして、テーマパークを創るというのは!?

それに、この土地は、
元々、大阪万博の会場だったところだし、
それにちなんだ遊園地ということで…

名前は…新エキスポランド!



そんな、バカな提案する企業、ないかな〜。




それでは、また。
あれだけ近くに住んでいたにも関わらず、
エキスポでデートした経験は、ほとんどない寅でした。
「別れる」ってジンクスがね…。
posted by 天八亭寅次郎 at 14:08| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

潮時

本当に今年は、色んな人が引退するなぁ…


高橋尚子、現役引退



spg0810281829007-p3.jpg




…なんだかんだ言って
やっぱり笑顔が似合う人だ。







以下、サンスポより。


2000年シドニー五輪女子マラソンの金メダリスト、
高橋尚子(36)=ファイテン=が28日夕、
東京都内のホテルで引退記者会見を行った
 
冒頭で高橋は引退の決意を語った。

「本日を持ちまして現役引退を決意しました。
 3大会連続(マラソン競技)出場という
 大きな目標を掲げてきましたが、
 完全燃焼ができたので、さわやかな気持ちです。
 3月の名古屋国際女子マラソンで、思ったように走りができず、
 オリンピックという夢は途絶えました。
 ただ、2001年からずっと夢に抱いていた
 3大会出場の目標を掲げました。
 8月くらいに合宿からこのままではいけないと、
 自信を持ってプロ高橋としていいのかと思いました。
 また、チームQには申しわけなくて相談できすにいました。
 それから1カ月ありましたが、変わることがなかった。
 今は引退まで悩み、
 今は台風の後のさわやかな風が吹いているような心境です」
 



本当の意味でアスリートとしての引き際
やはり北京行きを逃した名古屋国際マラソンの時点だったと思う
でも、彼女は次の大会出場へ標準を定めトレーニングをすると
その時は表明していたのだが…


そこで辞めなかったのは、
彼女が本当に走ることが好きだったからに他ならないと
きっと、42kmを走って来て、トップでゴールテープを切るというのは
何にも代え難い喜び・快感があるのでしょう。




高橋選手は、寅にとっては大学の先輩。
そして、恐らくOB・OGの中で、
最初で最後の国民栄誉賞受賞者になることでしょう。
(その次に有名なOBが山田雅人だなんて、絶対に認めるもんか)

そういった意味では親近感を覚える選手なのですがね。


それだけに、北京の代表を逃して時点で
もう、ええやん。引退しなはれ
と思ったものです。
もう、観ていて痛々しいとさえ…。



でも、本人は辛さよりも、
純粋に楽しさを求めていただけなのかも知れない


そんな彼女が決心した、引退。
よほどの覚悟があったことでしょう。

でも、もう充分に役目を果たしたのではないでしょうか
とにかく、傷ついた身体を休めて、
次の“レース”へ向かう準備にあててもらいたいと思います



高橋選手、お疲れさまでした








それでは、また。
シドニー五輪で優勝した時、
42km走って来た直後なのに、悠長に喋る様を見て
「絶対、この人は人間じゃない」と思った寅でした。


ラベル:高橋尚子
posted by 天八亭寅次郎 at 23:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

泣き虫監督の3ヶ月戦争…速報

読売・原監督にWBC監督要請




以下、サンスポより。

WBCの代表監督をめぐっては
15日に1回目の体制検討会議を開き、
北京五輪日本代表監督の星野仙一氏を推す声が大勢を占めたが、
その後、星野氏が就任を固辞。
混迷を深める中、13ゲーム差を大逆転して
2年連続で巨人をセ・リーグ優勝に導いた
原監督の手腕が評価された



「手腕」ねぇ…

バックにいる人たちの思惑をビンビン感じるのは
寅だけでしょうか…。




「手腕」というのは、
前年、5位に低迷したチームを1年で優勝チームに育て上げた
西武・渡辺監督の能力みたいなものを言うと思うのですがね…。


負けが混んだら涙目になって
采配を失敗する度、
テレビ画面でも解るぐらいの「しまった!」顔を見せてくれる監督

イチローや松坂がついてくるかなー。
あー、しんぱい、しんぱい。

posted by 天八亭寅次郎 at 15:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「決戦は金曜日」

ようやく仮歯が入りまして、少しは元気が出てきました。
週末はショッピングしたり、ギャンタンの収録があったり、
菊花賞は大負けしたり、家でワインボトルを空けたり、
DVDを借りてきて観たり…と、充実したひとときとなりました。

ああ、生きてて良かった。



そんな中、TSUTAYAでCDを借りてきました。
竹内まりやのベスト盤を借り、それ1枚だけでは寂しいと思い、
その辺に置いてあったドリカムのベストもついでにレンタル…



久々に名曲「決戦は金曜日」を聴いたのですが、
やっぱり、これは良くできた楽曲ですな。
稀代の和製ソウルシンガー・吉田美和のポテンシャルの高さが
いかんなく発揮されております。
たとえアウトロのアレンジが「GOT TO BE REAL」そのままでも。
※オマージュってやつだ。


昨今はDIVAなんて言い方も多く使われ、
ソウルフルな歌唱法で歌姫気取りの方も多く見られますが、
若いOLの世界観をR&Bで的確に表現するということを
最初にやってのけたドリカムはやっぱりスゴい


この曲と「LOVE LOVE LOVE」だけで、ご飯3杯はいけます。





休みが明けた今週も、
寅のスケジュールはそれなりに埋まっている訳ですが、
なんてったって、今週は大事な予定が…言えないけど。


とにかく


決戦は金曜日


だ。


posted by 天八亭寅次郎 at 13:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

まゆみ…速報

♪最近のきみはどう?


…と思っていたところ、


阪神・真弓新監督誕生へ





♪可もな〜い 不可もな〜い そんな人選に〜


ま、既定路線ということで。



それよりも、
KANの歌でも歌いに、カラオケでも行きたい。
posted by 天八亭寅次郎 at 14:00| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

人生なんてゴムひもみたい

阪神タイガース、13ゲーム差を返されたうえCSで敗退

読売戦で3連敗した時点で、この展開は予想しておりました。
むしろ、同点で迎えた9回表、
相手の主砲・ウッズに対し、
真っ向ストレート勝負を挑んだ藤川の心意気に感動しましたよ。
結果はホームランを打たれた訳ですが、
彼の一番の武器はストレートですから、
それで打たれたら仕方ない…
その「諸刃の剣」こそ、その儚さこそ、藤川球児なのです


来年は、頼むぞ。





桑田佳祐「ひとり紅白」開催


演歌にフォーク、アイドル歌謡まで歌い上げるのだそうな。
これ、観たいわ〜〜
また、機会を改めて“歌ってほしい曲”リストでも考えよう。







…でも、一番引っかかったネタは、これ。


○「ゆーとぴあ、解散



もう最近の若い方は知らないでしょうねぇ。
あのゴムひもを使った“くっだらねぇ”コント
           (↑褒め言葉)



今のお笑いブームに乗って、チャカついてる芸人たちも
このベテランの末路をよく見ておくがいい
今はブームに引っ張られてるけれど、
そのうちパッと手を離されて、痛い目に遭っちゃうぞ!


まるで、ゆーとぴあのネタのようにね






それでは、また。
なんか、いろんな意味で、モーイヤッ!(@ゆーとぴあ)
俺、なんでこんな古いネタばかり引用するんだろう…
若い子にモテたい寅でした。

posted by 天八亭寅次郎 at 13:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

ブログみたいなこと書いてやる

どうもこう、最近は心を動かされるようなネタが無い。
むしろ、こちらの心がおかしいのかも知れない。
…てな訳で、世間のブログみたいな感じで
この週末のこととか書いてやる。


○土曜日
夕方から、友達に誘われたJUN SKY WALKER(S)のライブへ。

中学から高校時代ぐらいに活躍してたバンド。
当時、正直好きではなかったんですが、
ちと思うところがあって、
決して安くはないチケット代を払い参加。

この略してジュンスカというバンド、
必ずしも高い技術力とかで売っていたバンドではないのですが
ライブを観て…なんて言うんですかね〜

“The ロックバンド”

って、こういうものなのかな〜と実感。
MCで「今日は、オレたちのために〜」みたいな
ちゃんとした“カッコイイあいさつ”をして
きっちり演奏してるバンド、久々に観ました。
むしろ、それが普通なのか。
ステージ上でケツ出したり、ハゲヅラ被るバンドのライブしか
久しく行ってなかったもので…。



10年の時を超えて、改めて聴いたジュンスカ。
正直、気持ちよかった。
当時は“ユニコーン派”だった寅ではありますが、
そんなこと忘れさせてくれるパフォーマンスに少し感激。

やはり、“ロック”はライブで聴かねばならないのだねぇ。


40歳過ぎて、相変わらず
良い意味で“軽音部”みたいなノリでステージに上がれる彼ら、
悪くないなぁ…。

思わずiTunesで新曲、購入。




○日曜日

やっぱり競馬。
秋華賞でどんな予想をしていたのかはギャンタンを参照いただきたいが
直前でひらめいた2枠の2頭に惹かれ、枠連を買い直す。

それが的中!

枠連で8700円の配当!(ちなみに、寅の過去最高額更新)


たまにはイイことあるみたい!






折れたまんまの歯さえ治ってくれれば、
言うことないんですがねぇ…。





寅の精神が持ち直すまで、もう少し時間がかかりそうです。
posted by 天八亭寅次郎 at 12:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

痛い…

昨夜は会社の飲み会。
それはもう盛り上がり、楽しく終わったのですが
帰り道、自転車で激しくスッ転んだらしく、
朝目覚めたら、鼻回りの出血に前歯が欠けた
昨日とは余りにも顔が変わった自分がいました。


やはり、これは歯医者に行かねばならんと思い、
少しダルい身体を引きずって、地元の歯医者へ。

ここで問題が…

会社が変わったばかりの寅には、健康保険が無い!


前歯なんで、どっちみち保険が利かないかもですが、
10割負担…これはキツすぎる…



そして、擦りむいた顔の方も気になり、
迷った挙げ句近所の医者へ。
鼻の横を切った傷が深いように思えたのですが、
若い医者に「こんな程度で医者に来るなよ」的なイヤゴトを言われ
消毒だけしてもらいました。

ホッとしたのも束の間、たったそれだけの“治療”にも関らず
4,310円も取られた!

ヒドい! そして、痛い!(サイフが)




しばらく、おとなしくしておこうと思います。

posted by 天八亭寅次郎 at 23:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

結婚スルッテ本当デスカ…速報

リア・ディゾン、できちゃった結婚



gnb0810142056001-n1.jpg



黒船ジャ、ナイデース。
リアデース。






以下、サンスポより。


米国出身のアイドル兼歌手、リア・ディゾン(22)が
今月10日に結婚&挙式を行っていたことが14日分かった。
 
同日夜、初の全国ツアーのファイナル公演を迎えた
東京・渋谷O−EASTでリア本人が明かした。

お相手は20代後半のイケメン日本人スタイリスト

すでに妊娠しているという

“グラビア界の黒船”は
「また帰ってきます」と引退はせず
しばらく休養してから再び日本で芸能活動を続ける予定だと発表した。






何しに来たんだ、オイ!


寅自身としては、彼女にはなんの感情もありませんので、
素直に祝福したいところではありますが…


正味、グラビアにしか価値を見出せられなかった彼女が
既婚で且つ子持ちということになったら、
どれだけの青少年の夢が壊されてしまうでしょうか…。


インリンが去り、リアが去り、
ほぼ空白となった、舶来グラビアアイドル枠。

次に来るのは…


w08-0688-080918.jpg



傷だらけの…ではない。







ローラ・チャンぐらいしか、いないか
posted by 天八亭寅次郎 at 22:02| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

つれない、なー!

3連休が終わろうとしておりますが、
皆さまは有意義に過ごせましたでしょうか?

寅はと言うと、
土曜日は自宅でまったり、
日曜日は京都競馬場でがっかり、
月曜日は酒に付き合いぐったりと、
結局いつもと変わらない日常を送っておりました。


ほんと…なんだかなー!




…と、無理矢理叫んでみた後の、“なー”なトピック。


イモ欽トリオ、1日限りの復活



gnj0810130506012-n1.jpg



ラビーにギバちゃん、
志穂美悦子にオッくんまでいるよ!
な〜つかしい!








以下、サンスポより。

昭和56年に「ハイスクールララバイ」を大ヒットさせた3人組、
イモ欽トリオが27年ぶりに復活することが
12日、分かった。
彼らを生んだ伝説のバラエティー番組
欽ドン!良い子悪い子普通の子
が15日にDVDボックスで発売。
それを記念して、
11月8日に東京・池袋サンシャイン噴水広場で
山口良一(53)、西山浩司(47)、長江健次(44)が顔をそろえ
1日限りの再結成を果たす





でもさ、「懐かしの〜〜」みたいな番組で

結構ちょくちょく“再結成”してはりますやん!


「人前で〜」というのがミソですか。




しかし、この「欽ドン」は
寅にとっては最初に触れたバラエティ番組
「ドリフ」や「ひょうきん」よりも先に
ここで笑いの基礎を学んだように思います


近年はボロカス書きがちな大将・欽ちゃんですが
この頃はスゴかったのですよ、ほんとに

あえてDVDを買ってまで観たいとは思いませんが、
機会があれば観てみたい。

それと、後に一瞬だけ出演していた
“おまけの子”の遠藤由美子さんはどうしていらっしゃる?
DVDには登場しているかしら。元シュークリーム。
「夢逢え」に出てた伊藤美奈子さんぐらい気になります。




それはさておき、
きっとフツオこと長江健次は、嬉しそうに出てくるのでしょう。
身近な人たちから、リアルな悪評を色々聞いてるので、
“フツオ”でありながら、一番の“ワルオ”は彼だと思ってるのですが、
真相はいかがなものでしょうか?


その辺を“ティアドロップ探偵団”に探っていただきたい




※オチが古すぎて伝わりにくいことをお詫びします。






それでは、また。
つれないのは、あの子も同じ。

…なーっ!

と毎日心で叫ぶ、寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 23:55| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

ブレー、ブレー、石井!

「口は災いの元」なんて昔の人は言いますが、
そして、自分の舌禍により、
職を失ったりする人も少なくない
ですが、
彼の場合は、どうなんだろ。


柔道・石井慧『陛下のために戦いました』


以下、スポーツ報知より。

天皇、皇后両陛下は9日、
皇居・宮殿の「春秋の間」に北京五輪のメダリストや入賞者ら
約150人を招き、活躍をねぎらわれた。


(中略)


柔道金メダルの石井慧(21)らも出席。
石井は
『天皇陛下のために戦いました』と陛下に話しました
 会えるだけでも光栄です」と語った。




五輪が終わった後、何かと物議を醸す彼の発言
まぁいいですよ。それで、後々困るのは彼自身だし。

しかし、今回の発言はどうだろうか?


※くれぐれも言っておきますが
別に寅は、右でも左でもありませんけどね!



国民の象徴たる天皇陛下に対し
軽率な物言いをしただけでも無礼極まりない
また、それをマスコミの前で自慢げにコメントできるセンス…

正直、もう少し賢い人間かと思ってましたが、
ただ世間知らずで、目立ちたいだけの
クダラナイ性分の持ち主だとハッキリしましたね



100歩譲って、本気で“陛下のため”に戦っていたのだとしたら、
その殊勲の証である金メダルを「川に捨てよう」とは絶対思わないし
功名を立てた競技である柔道界に泥を塗るような発言はしないはず

一連の彼の発言が、一貫性のない、確固たる主義もない
軽薄なものだったことが、この発言からだけで伺える訳です。



とは言え、彼もまだ大学生
世間一般で言えば、まだまだ青二才ですわね

いやしくも皇室に招かれるほどの実績をあげられたんですから、
もう少し、周りの大人の言うことに耳を傾けて
“キク”というものの厳かさ、重大さ
今後に活かしてほしいものです。




それでは、また。
なかなか更新の頻度が上げられません。
最近、忙しいのと、目を引くようなトピックが無いんだもの。

それでも、毎日何かを書いている寅でした。
ラベル:石井慧
posted by 天八亭寅次郎 at 15:45| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

正直、しんどい

確かに30年弱、タイガースファンをやってたら、
「負ける」ということ自体には免疫がある
年間の勝率がイチローの打率より低い、みたいな時期を観てるから
勝ち試合を観られただけで幸せ…根底には未だそんな思いがある。

ただ、一つを除いては…





読売“だけ”には負けたくない!


順位はどうでもいい、
ただ、あのオレンジ色の兎ども(古い?)を前にした時だけは

死に物狂いで戦え! 

その想いこそがタイガースファンの証でもあるのだ。

暗黒期と言われる’90年代をして、そう思っていた。




ところが、どうだい。

ついにタイガース、首位陥落


もう、終わってしまたことに
今さら言うこともないのだけれど…
何だろね、この脱力感、虚無感、もうアカン…


いやいや、まだ残り3試合。
「クラシリで勝てばいい」という意見もあるが、
今のチーム状態では中日にさえ勝てんぞ
ただでさえ、ここ数年、短期決戦では結果を残せていない。


確かにケガ人も多いし、みんな疲れているだろうし、
五輪の影響を引きずってる人もいるだろう。

だけど、ここで頑張らなくてどうするよ!?
頼むよ!!


もうオチをつける余裕もない…

とにかく、あと3つ


全部勝て、タイガース!!!!

posted by 天八亭寅次郎 at 13:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

決戦は水曜日

まさか、こんな展開になるとは夢にも思わなかった。

…が、しかし、これが宿命というやつか
ならば、この機会に、引導を渡してやれ!


阪神・読売、優勝賭け激突


五輪によって、不振だった主力が蘇ったチーム対、
五輪によって、チームに大きなダメージを負ったチームの対決。

しかし、そのダメージは忘れよう。

とにかく、この1勝だ!


東京ドームの「風」に負けず、頑張れ投手陣!
相手投手の術中にはまらず、爆発しろ打撃陣!
守備もしっかりやれ、今岡!





今日こそは、早く帰って野球観るぞ!
(または、居酒屋で観戦)
posted by 天八亭寅次郎 at 11:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

四六時中も吸う気と言って…速報

加勢大周、大麻&覚せい剤で逮捕



以下、産経新聞より。

調べでは、加勢容疑者は4日夜、
世田谷区の自宅で覚醒剤2袋3グラム(末端価格18万円)と
乾燥大麻9・4グラム(同5万円)を所持していた。
大麻を吸うためのパイプ
覚醒剤を使うための注射器が押収されたほか、
尿からは覚醒剤の陽性反応が出た。

 
加勢容疑者の自宅では大麻25株が栽培されており、
同課などは
覚せい剤取締法違反(栽培)などの疑いでも調べている。





加勢大周って名前を久々に聞いたかと思えば、逮捕のお知らせ。
シャブ&大麻&栽培という3連複が出ちゃいました
恐らく、実刑喰らうんじゃないですかね…。



ってことは…



チャンス到来ですよ! 

新・加勢大周さん!


無題.bmp


もっとも、
そのチャンスを活かせる素養が無いのかも知れない。
芸能史上稀に見るインパクトだったのに。








この人、「稲村ジェーン」がデビュー作だったのね
桑田佳祐師匠の数少ない“黒歴史”でしたが、
これで完全に語られることは無くなることでしょう。

「真夏の果実」が大麻草だったなんて…。
posted by 天八亭寅次郎 at 17:13| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

唯一無二

いや、もうね、言葉になりませんでした。

清原和博、引退



稀代のスラッガーの最後。
寅は昨日書いた通り、梅田のとある居酒屋で観ていたのですが、
引退セレモニーは涙でよく見えませんでしたよ
こみ上げてくるものが多過ぎて…


最後の打席、全てストレートで挑んだホークスの杉内
生まれ変わったら、一緒に野球をやろう
と花束と共に告げたという王監督
アメリカから駆けつけたイチロー
同じく激しい戦いの合間をぬって駆けつけた阪神・金本


今や清原のための曲と言ってもいい
「とんぼ」1曲を歌うためわざわざやってきた長渕剛

そして、
26年来の仲間の最後の勇姿をバックネット裏で見届けた桑田真澄



そこにいた全ての人間が、清原とのドラマを持っている
京セラドームに詰めかけた満員の観客にしても同じだろう。

文字通り、ボロボロの身体で渾身のスイングを見せた清原。
結果は三振だったが、そんな結果はどうでもいい。
そのフルスイングに意味があった
3度のフルスイングで、ひとつの時代の幕が降りた…。



清原選手、ありがとう














それでは、また。
村上ショージ、“オリジナル醤油”発売!


この人も稀代のコメディアン。
しかし、わざわざ醤油まで作っちゃうなんて、どういうこと?



寅でした。


posted by 天八亭寅次郎 at 13:07| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ついにXデーが…

と言っても、3日連続でYOSHIKIの話をする訳じゃないよ。



清原和博、本日有終




一プロ野球選手の枠を超越した、最後のスター・キヨハラ
今日、とうとうユニフォームを脱ぐ



高校1年から名門PL学園の4番打者として活躍
紆余曲折あって入団した西武ライオンズでは
黄金時代を支える主軸として花開いた


FA権を取得し、悩んだ末に地元・阪神ではなく
子供の頃から憧れ続けた読売へ入団


う〜ん、あの頃はバッシングされまくったね
ずっと怖い顔をしてたね
あの頃から「とんぼ」が代名詞になったね
もっとも
得意技は“ヤクザキック”ではなくヒップアタックだったけど


トレーニングの失敗か、また別の理由かは定かではないが
読売時代から怪我に苦しめられるようになり
オーナーには毛嫌いされ、だんだん居場所がなくなっていく。

そんな時、声をかけてくれたのが、
仰木彬オリックス元監督だったとか
その時には快諾できなかったオリックスへの移籍は、
仰木さんが亡くなった翌年に叶うことに。

でも、新天地でも怪我の悪夢は続き、
結局それが完治することはなかった…

とうとう、今日で見納め






ONを知らない、うちら世代にとって、
清原・桑田のKKコンビは、やはり大スターなのです
あの85年夏の甲子園決勝、
宇部商のピッチャーから放った特大のホームランとか
未だに脳裏に焼き付いてるんですよ。

プロに入ってからは、
やはりライオンズブルーのユニフォーム姿が一番好きだなぁ
日本一のチームの4番打者=日本一の打者ですやん。
打った瞬間、それと解るホームラン。
タイガースがどんどん低空飛行になっていく中、
清原がいたころのライオンズは、眩しく見えたっけ



後の世代の選手だって、確かにスゴい。
イチローなんか言うまでもないし、ゴジラ松井とか
松坂とかだってもちろんスゴいんだけど、
やはり“スター”と呼ぶのに相応しいのは清原のような気がする。
(イチローはアスリートであり、求道者だから)


そんなスターの最後、
イチローもやってくれば、長渕もやってくる。
相手ベンチには、因縁のあった王監督がいて、
弟分の金本も駆けつける。

すごい夜になりそうだ



今日は、仕事も早く切り上げて、野球中継を…


え!? 試合の中継ないの!!!???



はぁ…何でスカパーに入ってないんだむかっ(怒り)




仕方ない、野球が観られる居酒屋でも行くか…。

ラベル:清原和博
posted by 天八亭寅次郎 at 15:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。