2008年09月02日

辞める人 辞めない人

総理辞任…この中途半端なタイミングで


サミットの直後でよかったのではないか。
「毒入り餃子」事件で、
中国を庇った時点でよかったのではないか。

まぁ〜それも、あの人の人生。

もっとも、総理は辞めても議員は辞めない“イサギ悪さ”
(そんな言葉はないけれど)
ただでさえ傾き始めたこの国を、
いっそう凋落させた責任を取って、
給料没収ぐらいの責任を課してやりたい
だって、物価ひとつとっても、
政治のチカラで解決できるはずなんだから




そんな今日の、チカラがあるのかどうか解らないトピック。

小金沢昇司、昭和の名曲を熱唱



以下、サンスポより。

先月31日に50歳の誕生日を迎えた
演歌歌手の小金沢昇司が1日、
東京都港区のBLACK roomでバースデー・ライブを行い、
女心を歌った新曲「神楽坂」や、
「哀愁のカサブランカ」「あんたのバラード」といった
昭和のヒット曲など12曲を豊かな声量で熱唱





例えば和田アキ子とか五木ひろしが
「昭和の名曲を熱唱」というのなら、話は解ります。
だって、自分の歌でなくても、充分に観客を魅了できるだけの
歌手としての“器”があるわけですから。


一方、未だに“代表作はコルゲンのCM”という状態の小金沢くん
他人の歌に頼る前に、
自分の歌で大ヒットしてくださいよ、そろそろ


※そして、これを記事にするサンスポもよく解らない。
 さらに、これをネタにする寅自身も…。


ちなみにCMに出演した商品名は「フィニッシュ・コーワ」でしたが

そろそろ芸能生活がフィニッシュしちゃうぞ!






それでは、また。
俺も辞めるに辞められない。
寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 12:52| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。