2008年04月25日

世論の“ハシゴ”

世の中、散々他人を持ち上げておいて、調子に乗せて、
それがMAXまで高まった途端に掌を返して批判するみたいな、
いわゆる「ハシゴを外す」のが大好きな人たちがいますが、
とうとう、この方の身辺にも“魔の手”が忍び寄ってきた気配…。


東国原知事、女性に手切れ金


080425gt20080425071_MDE00282G080424T.jpg




“そのまんま”じゃ、なかとよ。






以下、サンスポより。


宮崎県の東国原英夫知事(50)=写真=は24日、
交際した女性に手切れ金として150万円を支払ったとする
週刊誌「週刊新潮」(同日発売)の報道に対し、
宮崎空港で報道陣の取材に応じ、
「女性に心当たりはあるが、(報道前に)連絡を取ったら、
 本人はそっとしておいてほしいと言っていた
と述べた。
同誌によると、
相手は昨年5月に知り合った20代後半の美人OL。
東国原氏から
妊娠したら、堕ろせよ
と言われたこともあるとしている。
昨年10月にけんかし、東国原側が150万円を振り込んだという
 
東国原氏はこの日、支払ったとされる金銭について
個人的な金をいちいち答えなければいけないのかな
 相手もあることだから言及を避けたい」とし、
「大人の男性だから恋愛もあるが、
 誠意を持って対応しているつもりだ」と話した。






さぁ〜ワイドショーが大好きな展開、やってきました。
冷たいオトコ、妊娠→中絶、手切れ金…
これで女性が殺されたら、完全に「土曜ワイド劇場」ですが


でもね、少なくとも今の彼は、激務に忙殺されてる独身男で、
あれだけ頑張って結果を残してるんだから、
言い寄ってくる女性がいない訳がない
恋の一つや二つ、生まれたっていいんですよ。
(堺◯チャアキのドラマより、よっぽど自然だわ)

しかし激務ゆえに、一般人みたいにゆっくり会えないだろうし、
それこそ自宅に女性を泊めようものなら、
今回みたいにゴシップ誌がやんややんやと騒ぎ立てる…。
関係もギクシャクして、別れを迎えるのも自然でしょう。



それに「妊娠したら〜」のくだりにしたって
活字にしてみたら、酷い発言のようにも思えるけど、
自身の現状を鑑みて
「今は家庭を持てない」という意図かも知れないじゃない。
(…にしちゃ、デリカシーないけどね)



仮にその手切れ金を、税金から捻出したっていうんなら
烈火の如くバッシングしていいと思うけど、
こんなプライベートなことで揚げ足を取ってるとは
週刊新潮も情けないなぁと

もっと叩くとこあるでしょう。おたくの雑誌は

アノ教団との裁判も頑張ってもらいたいし、
暴くべき政治家の汚職だって、まだまだあるはずだ。
それこそ、あの元首相の過去なんて、
もっと批判に晒されたっていいぐらいなのに。
あっさり“圧力”に屈しやがって


芸能ネタは“飛ばし記事”でも騒ぎ立てるのに
政治ネタになった途端

“習慣慎重”になってますよ!




しっかししてくれ、新潮。あと文春も。






それでは、また。
太鼓持ちと、下品な下ネタが大嫌いな寅でした。

posted by 天八亭寅次郎 at 11:44| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ツッコミ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。