2008年04月21日

デーオ! デェーーオ!

昨日の皐月賞も散々でございました。
何だよ、キャプテントゥーレってさぁ〜!!むかっ(怒り)

3着までに入れば配当が出る複賞で買った
寅イチオシのレインボーペガサスは4着
もう一頑張り出来なかったか!? ぷんぷん。

しばし頭を冷やして、天皇賞(春)でリベンジだ!!!




あ、どうも。
もうすっかり競馬バカの寅です。
日曜日に喜怒哀楽。




さて、そんな中、
喜怒哀楽というか波瀾万丈な方のトピック。



ロイヤルズ・野茂、自由契約へ



mkfuln20080421001018.jpg


やっぱ、野茂はトルネードでなきゃ。








以下、サンスポより。

米大リーグ、ロイヤルズは20日、
野茂英雄投手(39)に戦力外通告をしたと発表した。

野茂は球場に姿を見せず、
テイラー副ゼネラルマネジャー(GM)は、今後について
「他球団からトレードの話がなかった場合、自由契約になる」
と述べ、ロイヤルズが野茂と再契約する考えがないことを明かした。

春季キャンプにマイナー契約の招待選手として参加し、
開幕直後に3年ぶりのメジャー昇格を果たした野茂だったが、
中継ぎで好結果を残せなかった
3試合で計4回1/3を投げ、
3本塁打を含む10安打9失点、3奪三振、防御率18・69の成績だった。





桑田に引き続き、
わてら世代にしてみりゃスーパースターの野茂
再び訪れたピンチ。

近鉄球団とケンカ別れして海を渡り、夢を掴んだ男。
野茂の成功がなかったら、
もしかしたらイチローも松井も松坂も、
今のような活躍はなかったかもしれない。
そんなパイオニアですよ、野茂は!

ただ、独特のフォームから放たれる剛球で戦ってきた野茂に、
やはり“衰え”は忍び寄っていたのでしょうか。
代名詞だったトルネード投法を捨て、セットポジションで投げる姿は、
プロの意地を感じたものの
全盛期を知る者としては、少し寂しさを覚えたりも…。


マイナーでも、日本でもいい。
最後は、もう一度、あのトルネードからの剛球を見せて欲しい
ストレートとフォークだけで、
面白いように三振が獲れたあのピッチングを、もう一度…



それでは、また。
50歳過ぎの村田兆治さんが、未だに140km/h代の球を放れるんだから、
野茂だってできるさ!と信じる
野球大好き、寅でした。
posted by 天八亭寅次郎 at 11:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絶賛! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。